ニュース
» 2006年08月17日 08時02分 公開

「サクラ大戦・歌謡ショウ」 堂々の完結――「新・愛ゆえに」をダイジェスト版でお届け(1/2 ページ)

青山劇場にて公演中の「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウだが、ついにその歴史の幕が閉じる。公演初日の様子をお伝えする。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 2006年8月12日から22日まで、青山劇場にて公演中の「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」(以下、「新・愛ゆえに」)。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウだが、10年目となる今回でその歴史の幕を閉じる。

 まずは恒例の広井王子氏と中嶋親方による前説からスタートかと思いきや、広井氏はあいさつもそこそこに舞台の袖へと移動。同時に「ゲキテイ」振り付けの生みの親でもある畠山龍子さんが登場し、中嶋親方と一緒に振り付け講座が行われた。また、いつもは広井氏から伝えられる“ケータイの電源を切ってください”などの注意事項も、ダンディ団による「前説ソング」に代わるなど、特別なショウであることがそこかしこに感じられた。


photophoto 広井氏と中嶋親方の2人で行われる前説だが、ダンディ団が登場するなど、いつもとは違った演出が施されていた

 「新・愛ゆえに」は約3時間30分の3幕で構成。花組メンバーによるタップダンスが印象的な「イッツ・ショウタイム」で始まった1幕と2幕では、元賢人機関の科学者であった暗闇博士が、帝都崩壊をもくろみ放った人造人間(モンスター)と花組との戦いを軸に物語が進行しつつ、花組から巣立ったソレッタ・織姫に触れ、“このままずっと一緒に舞台をやっていたいと思う。でもそれは無理だろ”といったように、ファイナルであることを印象付けるセリフやエピソードが満載だった。

photophotophoto 「イッツ・ショウタイム」の後には、自らを“つなぎ役”と言い切る薔薇組の「瀕死の白鳥」や、花組メンバーそれぞれのソロが行われた

photo 帝都崩壊をもくろむ暗闇博士とモンスターたち
photophoto だが、花組メンバーはそんなことに気付くはずもなく、楽屋にて談笑中。ここでは李紅蘭を餌食に「カンナの妄想」改め「カンナ乙女の夢」も行われた

photophoto 1幕の最後は銀座に現れた暗闇博士たちと花組メンバーによるダンスバトル
photo 幕間の「3分間ショッピング」も健在。最後にしてBGMも用意された

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる