ニュース
» 2006年08月17日 08時02分 公開

「サクラ大戦・歌謡ショウ」 堂々の完結――「新・愛ゆえに」をダイジェスト版でお届け(1/2 ページ)

青山劇場にて公演中の「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウだが、ついにその歴史の幕が閉じる。公演初日の様子をお伝えする。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 2006年8月12日から22日まで、青山劇場にて公演中の「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」(以下、「新・愛ゆえに」)。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウだが、10年目となる今回でその歴史の幕を閉じる。

 まずは恒例の広井王子氏と中嶋親方による前説からスタートかと思いきや、広井氏はあいさつもそこそこに舞台の袖へと移動。同時に「ゲキテイ」振り付けの生みの親でもある畠山龍子さんが登場し、中嶋親方と一緒に振り付け講座が行われた。また、いつもは広井氏から伝えられる“ケータイの電源を切ってください”などの注意事項も、ダンディ団による「前説ソング」に代わるなど、特別なショウであることがそこかしこに感じられた。


photophoto 広井氏と中嶋親方の2人で行われる前説だが、ダンディ団が登場するなど、いつもとは違った演出が施されていた

 「新・愛ゆえに」は約3時間30分の3幕で構成。花組メンバーによるタップダンスが印象的な「イッツ・ショウタイム」で始まった1幕と2幕では、元賢人機関の科学者であった暗闇博士が、帝都崩壊をもくろみ放った人造人間(モンスター)と花組との戦いを軸に物語が進行しつつ、花組から巣立ったソレッタ・織姫に触れ、“このままずっと一緒に舞台をやっていたいと思う。でもそれは無理だろ”といったように、ファイナルであることを印象付けるセリフやエピソードが満載だった。

photophotophoto 「イッツ・ショウタイム」の後には、自らを“つなぎ役”と言い切る薔薇組の「瀕死の白鳥」や、花組メンバーそれぞれのソロが行われた

photo 帝都崩壊をもくろむ暗闇博士とモンスターたち
photophoto だが、花組メンバーはそんなことに気付くはずもなく、楽屋にて談笑中。ここでは李紅蘭を餌食に「カンナの妄想」改め「カンナ乙女の夢」も行われた

photophoto 1幕の最後は銀座に現れた暗闇博士たちと花組メンバーによるダンスバトル
photo 幕間の「3分間ショッピング」も健在。最後にしてBGMも用意された

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」