ニュース
» 2006年08月17日 08時02分 公開

「サクラ大戦・歌謡ショウ」 堂々の完結――「新・愛ゆえに」をダイジェスト版でお届け(1/2 ページ)

青山劇場にて公演中の「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウだが、ついにその歴史の幕が閉じる。公演初日の様子をお伝えする。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 2006年8月12日から22日まで、青山劇場にて公演中の「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」(以下、「新・愛ゆえに」)。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウだが、10年目となる今回でその歴史の幕を閉じる。

 まずは恒例の広井王子氏と中嶋親方による前説からスタートかと思いきや、広井氏はあいさつもそこそこに舞台の袖へと移動。同時に「ゲキテイ」振り付けの生みの親でもある畠山龍子さんが登場し、中嶋親方と一緒に振り付け講座が行われた。また、いつもは広井氏から伝えられる“ケータイの電源を切ってください”などの注意事項も、ダンディ団による「前説ソング」に代わるなど、特別なショウであることがそこかしこに感じられた。


photophoto 広井氏と中嶋親方の2人で行われる前説だが、ダンディ団が登場するなど、いつもとは違った演出が施されていた

 「新・愛ゆえに」は約3時間30分の3幕で構成。花組メンバーによるタップダンスが印象的な「イッツ・ショウタイム」で始まった1幕と2幕では、元賢人機関の科学者であった暗闇博士が、帝都崩壊をもくろみ放った人造人間(モンスター)と花組との戦いを軸に物語が進行しつつ、花組から巣立ったソレッタ・織姫に触れ、“このままずっと一緒に舞台をやっていたいと思う。でもそれは無理だろ”といったように、ファイナルであることを印象付けるセリフやエピソードが満載だった。

photophotophoto 「イッツ・ショウタイム」の後には、自らを“つなぎ役”と言い切る薔薇組の「瀕死の白鳥」や、花組メンバーそれぞれのソロが行われた

photo 帝都崩壊をもくろむ暗闇博士とモンスターたち
photophoto だが、花組メンバーはそんなことに気付くはずもなく、楽屋にて談笑中。ここでは李紅蘭を餌食に「カンナの妄想」改め「カンナ乙女の夢」も行われた

photophoto 1幕の最後は銀座に現れた暗闇博士たちと花組メンバーによるダンスバトル
photo 幕間の「3分間ショッピング」も健在。最後にしてBGMも用意された

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  2. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  7. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声