連載
» 2006年08月17日 14時17分 公開

61年めの敗戦──フリーになった「Virtual PC」でフリーになった「Pacific War」を復活させる勝手に連載!「レトロ“PC”ゲームが好きじゃー」(4/4 ページ)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「補給」で負けたわけではない「Pacific War」の日本軍

 いろいろな要素が影響しあいながらシンプルにデザインされたPacific Warのロジスティックルールであるが、実際のゲームにおいて日本軍が物不足で動けなくなるケースはあまり発生しない。行動できる部隊の規模を制約するPreparation Pointも日本軍の使える量は本土に搬入できたOilの量に比例して決定するのだが、こちらも不足して身動きが取れなくなる状況に遭遇していない。

 米国ではPCに日本軍を担当させるケースが多く、それゆれゲームバランスを維持するためある程度のゲーム的調整が加えられているのかもしれない。この種のゲームでは「整備」という概念を取り入れて、出撃した空母機動部隊は戦闘終了に整備と補給のために一定期間動けなくなるルールが採用されることもあるが、Pacific Warではプレーヤーがその気になれば毎ターンでも空母戦を行える(この点についてデザイナー自身も認めるコメントを公式に出している)。

 そういう意味において、理屈では優れているように見えるロジスティックルールはPacific Warにおいてうまく機能していないといえるかもしれない。しかし、補給に問題がなくても日本軍は軍事的優勢を維持することができず、必ず連合軍に圧倒されてしまう。ほとんどの場合、Pacific Warにおける日本軍は、燃料不足で動けなくなる前に緒戦の戦闘で戦力を消耗して壊滅していくのだ。

 戦略級のPacific Warでは個々の実働部隊の「戦闘行動」をプレーヤーが直接行うことはできない。プレーヤーが行えるのは部隊に「司令官」を任命し、目的地、任務、攻撃目標の優先順位を指示する。あくまでも「目的と行動の指針」を示すだけで、「第一戦隊の目標は反航する敵一番艦」とか「第29連隊はムカデ山の左翼に進撃」といった具体的な操作はシステムとして行えないようにしている。

個々の部隊による戦闘はPCが自動で処理する。プレーヤーは出撃する前に艦隊や陸上部隊、航空基地に配備された航空隊に「攻撃目標」「優先目標」「任務」を割り当てる。例えば艦隊に割り当てる任務には「空母戦」「水上戦」「陸上砲撃」「揚陸」「輸送」「東京急行」(!)などが用意されていて艦隊はその任務に沿って行動するようになっている

 部隊ごとに発生する個別の戦闘はプレーヤーが与えた「指針」に沿って自動的に攻撃目標を選び処理される。その戦闘処理では「兵器の火力」「兵器の装甲」というカタログスペックとともに「部隊の経験値」(experience)や「部隊の補給状況」(readiness)といった人的要素やロジスティック要素が影響する。例えば、陸上戦闘では“スペック”で決まる戦闘力に[経験値/100][補給状況値/100]が乗じられるし、空戦や海空戦における命中判定は攻撃側の経験値と目標側の機動力(空戦であればdogfight値、海空戦であれば目標艦のdurability値になる。durabilityは艦の排水量で決まる値であるが、図体の大きい艦ほど回避されにくいということか)を比較して評価される。

 Pacific Warで航空隊の経験値を上げるには「訓練」という方法があるが、ある程度練度が上がるとそれ以上「腕を上げる」には実戦を経験するしかない。緒戦において、日本軍搭乗員の技術は連合軍を圧倒している。後方の訓練基地である程度まで成長したら、あとは実戦で腕を磨くのが搭乗員育成の理想像であるが、大抵の場合、否応なしに戦闘に巻き込まれベテランの搭乗員を次々と失っていくことになる。生き残れば経験値は増えていくが損害を受ければ新兵が補充されて部隊の経験値は低下する。貴重な空母搭乗員も度重なる海戦において1隻2隻と沈む空母とともに失われていく。

 国家運営に関与できないPacific Warでは、空母を失うとすでに決定している建艦計画にしたがって就役する空母を待つしかない。そして、壊滅した航空隊が再編されたとき、日本軍においてその技量は絶望的に低い。これは、日本軍の航空隊が再編されるときに補充される搭乗員の経験値がわずか「20」をベースにして算出されるためだ。実をいうとこの「新人搭乗員の経験値が20」というところに日本軍が崩壊していく根本的理由がある。何度かPacific Warで太平洋戦争を経験すると、「米軍大型爆撃機による空襲や大量に投入される米戦闘機との空戦で航空隊が壊滅的な損害を受ける」→「再編された技量の低い航空隊が歴戦の敵航空隊に押しまくられる」という状況で日本軍が軍事的に圧倒されていくことに気が付く。

 これを、米国人のデザイナーが設定する勝手なパラメータではないか、と見るかもしれない。しかし、搭乗員育成において米国と日本の国情が大きく影響していたのは事実である(当時の日本では“自動車の運転”ができないのが普通であった)。太平洋戦争が進むにつれて圧倒的に開いてしまう戦力差の原因である「生産能力の違い」はここでいうまでもない。日本が負けたのは単にロジスティックの軽視や個々の作戦の失敗という軍事的なミスの積み重ねではなく「国力」そのものである、というのがデザイナーがPacific Warの製作にあたって見据えていた「歴史観」なのかもしれない。

左は開戦時における第2航空戦隊所属空母「飛龍」の戦闘機隊でその経験値は「87」。右はマリアナ海戦時における空母「大鳳」搭載の601戦闘機隊でその経験値は「59」。これは空母搭乗員なのでまだ練度が高いほうである。基地航空隊になると経験値が30台の部隊が多くなる

 冒頭で「ミッドウェー海戦をテーマにした空母戦ゲームは作りにくい」といったが、Pacific Warも日本と米国の差がはっきりと出てしまうために「作りにくいゲーム」とされてきた。ルールの穴を突いたトリッキーな方法をとらない限り、日本軍が連合軍を圧倒するのは不可能であるし、もし、常識的な作戦を取って日本軍が米軍を軍事的に(“ゲームの勝ち負け”でないことに注意)打ち破るならば、それはデザインに問題があると評価するのがボートウォーゲームにおける「良識」であった。1930年代後半から1940年代の日本が勝利できるゲームにしたいならば、それは軍事行動に主眼を置いたウォーゲームではなく外交要素を取り入れた国家運営を題材とするシミュレーションになるだろう。最近のPCゲームでは「HEARTS OF IRON」シリーズがその典型的な例ということになる。

 ウォーターラインシリーズの軍艦プラモデルを作ったとき、図面や写真、そして説明文だけでは十分理解できなかった「全体像」が模型を作ることで容易に把握できるようになる。同じように、文献では分かりにくい「太平洋戦争」という事象においても、ウォーゲームの中に構築された「モデル」を理解することが複雑に影響しあう各要素の因果関係を把握する1つの手がかりとなる(その構築においてデザイナーの主観が多分に反映されている“モデル”ではあるが)。

 勝利条件などでゲームバランスをとる努力が行われているものの(人的損失に対する勝利ポイントにおいて、戦争末期になると米軍の損失で日本軍が得られるポイントが1.5倍から2倍に加算されるルールは興味深い)、軍事的状況としては圧倒されてしまうのが避けられないPacific Warは「ゲーム」としては問題があるが(PCゲームの関係者に「太平洋戦争で日本軍が軍事的に勝ってしまうのはウォーゲームとしてどうかと思う」と語ったところ、「勝ち負けが決まっているのはゲームとしてどうかと思う」という意見が返ってきた)、太平洋戦争の姿をとらえるためのツールとして十分に堪えうるデザインがなされている数少ないウォーゲームであることは間違いない。

 搭乗員の経験値に圧倒的な差がついたとき、来襲する米軍の戦略爆撃に反撃するため「すべてが撃墜される」と分かっていながら航空隊を基地に展開し、使う術のない連合艦隊を「相応しい死に場所」を与えるためだけに「温存」し、出撃するのは輸送船団とその護衛艦だけという状況になる。そういう、「なにをしても無駄」という戦況に必ず陥ってしまうことに気が付いたとき、日本軍担当者はなにを思うだろうか。

マリアナ諸島が占領されるとB29による日本本土空襲が本格化する。B29もそうだが戦争中期から始まる大規模な大型爆撃機の攻撃がPacific Warにおいて日本軍の兵力、とくに航空戦力が壊滅する直接的な要因となる
戦争も末期になるとどんなに戦力をつぎ込んでも、有効な戦果を上げぬまま攻撃隊はほぼ全滅に近い損害を受けてしまう。ここまでくると日本軍プレーヤーの心理としては大体において「全滅するのは分かっているが敵が来るから送りだす」という「惰性的な作戦指導」をひたすら続ける状態になる

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」