ニュース
» 2006年08月17日 18時03分 公開

「GunZ Online」はどう変わるのか?──初の大型アップデート実施

2005年10月の正式サービス以降、初の大規模アップデートが実施される「GunZ Online」。「チームデスマッチエクストリーム」と「デュアルサバイバルモード」について、GunZ OnlineのGMチームの方に話をうかがってきた。

[麻生ちはや,ITmedia]

 スピーディな戦闘と、刀を使って建築物の壁を縦横無尽に動く「壁走り」といった、派手なアクションが魅力のオンラインアクションゲーム「GunZ Online」だが、2005年10月に正式サービスを開始以来、初の大規模アップデートとなる「GUNZ V2 Revolution X」の実装が、8月18日に行われる。今回はCJインターネットジャパンを訪問、GMチーム:車田拓也氏、木下裕真氏による新システムのデモンストレーションを交えつつ、新たな「GunZ Online」の魅力などを伺ってきた。

画像 GMチームの車田拓也氏(右)と木下裕真氏(左)

待望の新システム&新アイテムは8月18日に登場

 まずはプレーヤーならば気になる、新システムの詳細からお伝えしよう。8月18日のアップデートで実装されるのは、「チームデスマッチエクストリーム」と新アイテム「ガンプリースト&アイアンクロウ」の2つだ。

 チームデスマッチエクストリームは、すでに韓国では7月11日に実装済みのシステムで、プレーヤーは青チームと赤チームの二手に別れ、設定した目標キル数に早く届いたチームが勝利するというもの。この目標も最低10〜最大100キルまで6段階での設定が可能だ。専用ルームでは画面上部に、両チームのキル数が表示されるカウンターも新たに配置されている。

画像画像画像

 従来のチーム対抗戦と何が違うのか? と思われそうだが、最大の特徴はチームデスマッチエクストリームでは倒されても復帰ポイントからすぐに復活が可能。従来のチーム戦では自分のキャラクターが戦闘不能となっても、最後の一人が倒されるまで観戦モードのまま待たねば次のゲームを始められなかったが、この待ち時間が解消されているのだ。なお、復活後数秒は無敵状態が保たれるため、復活ポイントを一方的に攻め込まれ、ゲームの面白さを損なう心配はない。

 ここで、すでに実装されている韓国サーバへ接続し、一般プレーヤーに混じってチームデスマッチエクストリームの様子を見せていただいた。マップ自体は中規模サイズで、障害物を除けば一目で見渡せる程度の広さだ。

 戦闘不能になった場合の復帰ポイントはお互い固定された位置なのだが、とにかく全ての展開が早くて、ボーっと相手の復帰を待ち伏せするなどということは到底不可能。なお、お二人によれば100キルを達成するのにかかる時間は、(参加プレーヤーの腕前は無論影響するが)だいたい平均で15分程度だとか。キルカウントの制限が10〜30ならば、あっという間に勝負がついてしまいそうだが、70〜100キルの設定で遊べば、GunZ Onlineに不慣れなプレーヤーでもチームプレーや責任など難しいことを考えずに、シンプルにそのスピード感、アクションを楽しめそうである。

 このほかにも、国内での実装は9月上旬予定と少し先にはなるが、「デュアルサバイバルモード」が用意されている。韓国では8月8日実装済みのものだが、こちらは、従来ユーザーイベントとして自主的に行われていた遊び方を取り入れたシステムで、1ルーム最大10名が参加でき、自分以外は全て敵だが入室した順番に1対1で対決。勝てば引き続きプレイできる勝ち抜き戦となっている。今現在何人抜きしたかというポイントも表示されるため、テクニックに自信がある上位ユーザーを中心に人気がある様子だ。

画像画像画像

 こちらも韓国サーバで実戦を見せていただいたのだが、マップはチームデスマッチエクストリームよりは遥かに広く、敵と出会うまで少々時間がかかる。背後をとるために外壁から回り込んだりと、GunZ Onlineおなじみの「壁走り」テクニックを操れないと、勝つのは少々難しいように思えた。

 なお、このアップデートを記念して、8月18日午後1時より、チームデスマッチエクストリームを利用したゲーム内イベント「One Hundred Kills(ワンハンドレッドキル)」が開催される。これは100人切りを達成した人に、DVDレコーダーなどの賞品が当たるというもの。是非参加してみてはいかがだろうか。

One Hundred Kills
日程 2006年8月18日(金)午後1時〜9月1日(金)午後1時
内容 新モードの「チームデスマッチ エクストリーム」実装記念として、100人斬りをして、豪華賞品を当てるイベント。「クエスト」モード以外でのゲームモードプレイ時のKILL数をカウントし、そのKILL数「100」を使用して賞品へ応募が可能となっている。
※1口応募すると「現在のKILL数」から「100」引かれる
イベントの流れ 1.イベント期間中のゲーム内で相手を倒す。(※クエストモードを除く)
※1IDが所持しているキャラクター総数の倒した数を合計し「現在のKILL数」としてカウントする
2.相手を倒して獲得した「現在のKILL数」を「100」使用し「応募する」ボタンより好きな賞品に応募。
※応募の際「応募レベル制限」を満たしていない場合、該当する賞品に応募することは不可。
3.後日、当選者発表
※当選者発表ページは後日公開。
賞品 DVDレコーダー EXEMODE RD-2000 :10名
光学ゲームマウス X7 Game Mouse X-750F :20名
ヘッドセット PLANTRONICS .Audio 90:10名
ゲーム内通貨 1000MP:100名

 国内では、かわいいいアバターやモンスターが登場するカジュアルゲームが圧倒的に強い状況で、GunZ Onlineはユーザーへどのように受け入れられるのだろうか。このタイトルも、ガンアクションというジャンルではかなりライトなタイトルには入るのだが、初の大規模アップデートが、かつてのユーザーに魅力的とうつるか、あるいは意外にもアクション好きな新規ユーザーの目にとまるのか? この週末、GunZ Onlineの動きをチェックしてみるつもりだ。

Copyright since 2004 CJ Internet Japan All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」