ニュース
» 2006年08月17日 18時03分 公開

「GunZ Online」はどう変わるのか?──初の大型アップデート実施

2005年10月の正式サービス以降、初の大規模アップデートが実施される「GunZ Online」。「チームデスマッチエクストリーム」と「デュアルサバイバルモード」について、GunZ OnlineのGMチームの方に話をうかがってきた。

[麻生ちはや,ITmedia]

 スピーディな戦闘と、刀を使って建築物の壁を縦横無尽に動く「壁走り」といった、派手なアクションが魅力のオンラインアクションゲーム「GunZ Online」だが、2005年10月に正式サービスを開始以来、初の大規模アップデートとなる「GUNZ V2 Revolution X」の実装が、8月18日に行われる。今回はCJインターネットジャパンを訪問、GMチーム:車田拓也氏、木下裕真氏による新システムのデモンストレーションを交えつつ、新たな「GunZ Online」の魅力などを伺ってきた。

画像 GMチームの車田拓也氏(右)と木下裕真氏(左)

待望の新システム&新アイテムは8月18日に登場

 まずはプレーヤーならば気になる、新システムの詳細からお伝えしよう。8月18日のアップデートで実装されるのは、「チームデスマッチエクストリーム」と新アイテム「ガンプリースト&アイアンクロウ」の2つだ。

 チームデスマッチエクストリームは、すでに韓国では7月11日に実装済みのシステムで、プレーヤーは青チームと赤チームの二手に別れ、設定した目標キル数に早く届いたチームが勝利するというもの。この目標も最低10〜最大100キルまで6段階での設定が可能だ。専用ルームでは画面上部に、両チームのキル数が表示されるカウンターも新たに配置されている。

画像画像画像

 従来のチーム対抗戦と何が違うのか? と思われそうだが、最大の特徴はチームデスマッチエクストリームでは倒されても復帰ポイントからすぐに復活が可能。従来のチーム戦では自分のキャラクターが戦闘不能となっても、最後の一人が倒されるまで観戦モードのまま待たねば次のゲームを始められなかったが、この待ち時間が解消されているのだ。なお、復活後数秒は無敵状態が保たれるため、復活ポイントを一方的に攻め込まれ、ゲームの面白さを損なう心配はない。

 ここで、すでに実装されている韓国サーバへ接続し、一般プレーヤーに混じってチームデスマッチエクストリームの様子を見せていただいた。マップ自体は中規模サイズで、障害物を除けば一目で見渡せる程度の広さだ。

 戦闘不能になった場合の復帰ポイントはお互い固定された位置なのだが、とにかく全ての展開が早くて、ボーっと相手の復帰を待ち伏せするなどということは到底不可能。なお、お二人によれば100キルを達成するのにかかる時間は、(参加プレーヤーの腕前は無論影響するが)だいたい平均で15分程度だとか。キルカウントの制限が10〜30ならば、あっという間に勝負がついてしまいそうだが、70〜100キルの設定で遊べば、GunZ Onlineに不慣れなプレーヤーでもチームプレーや責任など難しいことを考えずに、シンプルにそのスピード感、アクションを楽しめそうである。

 このほかにも、国内での実装は9月上旬予定と少し先にはなるが、「デュアルサバイバルモード」が用意されている。韓国では8月8日実装済みのものだが、こちらは、従来ユーザーイベントとして自主的に行われていた遊び方を取り入れたシステムで、1ルーム最大10名が参加でき、自分以外は全て敵だが入室した順番に1対1で対決。勝てば引き続きプレイできる勝ち抜き戦となっている。今現在何人抜きしたかというポイントも表示されるため、テクニックに自信がある上位ユーザーを中心に人気がある様子だ。

画像画像画像

 こちらも韓国サーバで実戦を見せていただいたのだが、マップはチームデスマッチエクストリームよりは遥かに広く、敵と出会うまで少々時間がかかる。背後をとるために外壁から回り込んだりと、GunZ Onlineおなじみの「壁走り」テクニックを操れないと、勝つのは少々難しいように思えた。

 なお、このアップデートを記念して、8月18日午後1時より、チームデスマッチエクストリームを利用したゲーム内イベント「One Hundred Kills(ワンハンドレッドキル)」が開催される。これは100人切りを達成した人に、DVDレコーダーなどの賞品が当たるというもの。是非参加してみてはいかがだろうか。

One Hundred Kills
日程 2006年8月18日(金)午後1時〜9月1日(金)午後1時
内容 新モードの「チームデスマッチ エクストリーム」実装記念として、100人斬りをして、豪華賞品を当てるイベント。「クエスト」モード以外でのゲームモードプレイ時のKILL数をカウントし、そのKILL数「100」を使用して賞品へ応募が可能となっている。
※1口応募すると「現在のKILL数」から「100」引かれる
イベントの流れ 1.イベント期間中のゲーム内で相手を倒す。(※クエストモードを除く)
※1IDが所持しているキャラクター総数の倒した数を合計し「現在のKILL数」としてカウントする
2.相手を倒して獲得した「現在のKILL数」を「100」使用し「応募する」ボタンより好きな賞品に応募。
※応募の際「応募レベル制限」を満たしていない場合、該当する賞品に応募することは不可。
3.後日、当選者発表
※当選者発表ページは後日公開。
賞品 DVDレコーダー EXEMODE RD-2000 :10名
光学ゲームマウス X7 Game Mouse X-750F :20名
ヘッドセット PLANTRONICS .Audio 90:10名
ゲーム内通貨 1000MP:100名

 国内では、かわいいいアバターやモンスターが登場するカジュアルゲームが圧倒的に強い状況で、GunZ Onlineはユーザーへどのように受け入れられるのだろうか。このタイトルも、ガンアクションというジャンルではかなりライトなタイトルには入るのだが、初の大規模アップデートが、かつてのユーザーに魅力的とうつるか、あるいは意外にもアクション好きな新規ユーザーの目にとまるのか? この週末、GunZ Onlineの動きをチェックしてみるつもりだ。

Copyright since 2004 CJ Internet Japan All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」