ニュース
» 2006年08月21日 00時01分 公開

入場者は増えてはいるが原型師が足りない?――ワンフェス2006[夏]

8月20日、東京有明にある東京ビッグサイトにおいてガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2006[夏]」が行われた。ディーラーに話を伺ってみた。

[加藤亘,ITmedia]

 毎年冬と夏の2回(一度の休みあり)開催している日本最大のガレージキットコンベンションがこの夏にも開催。今回の「ワンダーフェスティバル2006[夏]」(以下、ワンフェス)では、ディーラー(出展者)の目線から紹介していこうと思う。


タカラトミーブースでは話題の「やわらか戦車」フィギュアが出展されており、人が絶えない

 今回のワンフェスでは東3〜6ホールを使用し、企業スペースと一般ディーラースペースに出展。朝の10時の開場後すぐに長蛇の列ができあがる人気ブースでは午前中には完売するといういつもながらの光景が見られた。目立ったところでは今年連載20周年を迎えた「ファイブスター物語」が立体物イベント「FSS20」を開催。ガイナックス20周年記念作品「トップをねらえ2!」のイベントや、MAX FACTORY and GOOD SMILE COMPANYのステージイベントなどが盛況の様子だった。

 ゲーム関連で目立ったところでは、主催の海洋堂とタイプムーンのコラボレーションにより製作される購入特典「Fate/胸像コレクション:セイバーの聖杯」も話題のプレイステーション 2用ソフト「FATE/stay night[Realta Nua]」だろうか。PCゲームとして発売されたタイトルのPS2版だが、こちらの作品をテーマにしたフィギュアも見受けられた。

こちらはオフィシャルグッズ「ワンダちゃんloves エヴァンゲリオン」。公式キャラクターがコスプレしているという逸品だ
MAX FACTORY and GOOD SMILE COMPANYのブース「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU3」でえらい盛り上がりを見せていたのは声優の平野綾さんのライブ&トークショウ
ガイナックス20周年記念作品「トップをねらえ2!」のイベントステージでは、主演声優の福井裕佳梨さんがトークショウを行った

海洋堂が力を入れている「リボルテック」も順調にラインアップを揃えている。「ゲーター2」と「エヴァ参号機」が8月15日に、「イングラム1号機」と「エヴァ零号機・改」が9月15日に発売予定。各税込み1995円

 昨年夏のワンフェスからディーラーとして参加している方に話を伺うと、入場者は増えているように思うが、どちらかというと完成品目当ての方が多いようだと語る。というのも、興味はあれどもパーツを組み立て色づけするには腕がないという一般人が増えた結果だろうと推測する。既存のアニメ作品のキャラクターと腕のいいディラーに人気があるのは相変わらずで、参加ディラーでは「LIVE DOM」さんや「BUBBA」さんなどのブースには150人ほどが早朝から並び、即完売となっていたとのこと。

 企業ブースではやはり前出したMAX FACTORY and GOOD SMILE COMPANYが人気で、これでもかとアイテムを出品し並べる展開は、ユーザーにも期待感を抱かせていると思われる。最近の動向としては、ホームページやブログなどで製作段階を公開し、購買心をあおっているという点だという。


コスプレーヤーも少なくはなったとはいえ健在。人気のあるコスプレーヤーやキャラクターの前にはカメラの砲列ができていた。ちなみに写真は赤十字の献血を呼びかける方々。彼女たちもコスプレ……まさか本物の看護師さん?

 ワンフェスへ足を運ぶ一般客は増えてはいるが、原型師はそれほど増えていない。どうしても手作りな点もあり、大量生産は難しく、在庫を抱えるわけにもいかない出展者は、どれだけの数を製作すべきかで毎回悩ましいのだとか。それは企業の側も同様で、腕のいい原型師はいないかと常に目を光らせているという。ビジネスチャンスとなる場でもあるわけだ。

 数年前に比べて原型師自体のレベルも上がっており、同様に購入者の目も肥え、一種独特のイベントに成長してきているといった印象を持った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  8. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/22/news137.jpg 字をきれいに“見せる”方法が目からウロコ! 新生活スタート前に覚えておきたい4つの「美文字のコツ」とは
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」