ニュース
» 2006年08月21日 00時13分 公開

「アニス&フリッキー」X-TESTを控えてメディアツアー開催――GMO Gamesとネットクルー「アニス&フリッキー」韓国メディアツアー(その1)(1/3 ページ)

GMO Gamesとネットクルーが7月13日に発表した「アニス&フリッキー」のX-TEST(クローズドβテスト)を9月9日に控えた8月16日、ITmedia +D Gamesは韓国へ赴いた。そして、開発元のActoz Softおよびネットクルーのローカライズチームなどへのインタビューを行った。

[加藤亘,ITmedia]

韓国のパブリッシャーも開発会社も、日本のそれと変わりはない

 9月からのX-TESTを目前に控えた8月16日、GMO GamesとネットクルーはITmedia +D Gamesを含めた4社を韓国に招待し、プロモーションを行った。ここでは実際の開発現場の様子を報告しよう。今回のメディアツアーでは、GMO Gamesとネットクルーの村岡総仁氏と黄(ファン)相圭氏、およびActoz Soft CEOのチェ・ウン氏や開発者からの話もうかがえた。また、「アニス&フリッキー」(以下、アニフリ)の日本版クライアントも初公開されたので、何回かに分けて紹介したい。

 韓国ネットクルーは漢江の南、江南区大峙洞にある。ネットクルーは2004年にGMOインターネットグループに買収され、現在GMO Gamesの傘下として日本進出の足がかりとなった「コラムオンライン」の共同パブリッシャーとして活動している。韓国ネットクルーの在駐スタッフは20人ほどで、主にローカライズを担当するチーム、企画発案および運営からの要望をまとめる企画マーケティングチーム、運用ツールの開発とサーバー管理を行う開発チームの3つに分かれている。


社内には各開発チームのほかに、海外事業本部や国内マーケティング、経営、技術支援チームなどの部門が存在。当日は我々のために垂れ幕まで用意してくれた

 一方、10年の歴史を持ち海外展開も目覚ましい開発会社Actoz Softは、漢江の北、鐘路区貫鉄洞の由緒あるビジネスビルの2フロアと、ビルの横を流れる人口の川「清渓川」を歩いてすぐのところに2フロアを借り受けている。10月にはこれらを合わせて新フロアへの引っ越しも予定しており、Shanda Entertainmentの傘下に入ってからの横ばい成長からは脱し、業績が上向いたようだ。

 「ミルの伝説」をはじめ、ガンホーがサービスを行っている「A3」、ゲームポットがサービス予定の「Latale」などを世に送り出し、アニフリも現在鋭意開発を行っている。社内ではいくつかのチームに分かれ、昨年12月に発表したFull 3D SKY FANTASY MMORPG「LAZESKA」のほか、来年公開予定のカジュアルゲームなど新規タイトルを製作している。

 8月2日現在286人在籍しており、先述した「LAZESKA」が60人ほど、アニフリが約40人とチーム制をとっている。チームはアニフリならば“Studio Stone”、新規タイトルの3DMMOシューティングアクションならば“From Nine”とそれぞれコードネームがふられている。ほかにもまだこの段階では明かせないが、カジュアルスポーツなど7タイトルほどの新規開発ラインが存在する。

 ちなみに「LAZESKA」は、専用の飛空艇を操り、地上戦のみならず高低差を利用した空中戦も楽しめる期待の新作。こちらも昨年12月に発表されたが、日本でのパブリッシャーは決まっていない。個人の飛空艇のほかにも、ギルドの役割も果たし30人〜50人ほどを収納する母艦も存在する。飛空艇は3つほどのパーツに分かれており、カスタマイズできるとのこと。

「LAZESKA」担当する開発者も「ワンピース」や「ファイナルファンタジー」に慣れ親しんだ日本人にはすんなり入れるのではないかと語る。日本展開も視野に入れている
技術支援チームのフロアにはサーバールームが鎮座。現在はIDCに大部分を置いているが、WEBサーバーやテストサーバーは以前ここにある
Actoz Soft入口前には、現在サービス中の自社開発タイトルが並ぶ

「アニス&フリッキー」ビジュアル部門。手前にいるのがイラスト部門主任のキム・シンソク氏。この日も日本版のための表情パターンを手付けで製作していた
隣を流れる「清渓川」。この川沿いに別フロアを借りて、日夜「アニス&フリッキー」の開発に勤しんでいるという
隣を流れる「清渓川」で戯れる3者。左からGMO Gamesとネットクルーのファン・サンキュ氏、村岡総仁氏、そしてActoz Softのチェ・ウン氏

「アニス&フリッキー」日本語版クライアントによるデモプレイ

 では、アニフリとはどんなゲームなのだろうか。今回メディアツアー2日目には、Actoz Soft内において日本語版クライアントによるデモプレイが行われた。説明をGMO Games運営チームの吉本真也氏が、デモプレイをネットクルーローカルチームリーダーのキム・サンウ氏が担当。すでに大量の文字情報が日本語化されているため、作業は順調のようだ。このデモプレイを踏まえて、まずは本作の魅力を紹介しよう。

 アニフリは“キューブスペース”と呼ばれる仮想の空間を舞台に、バグに侵された世界を救うため戦うMMORPG。現状は既存のFPSと同様にマウスとキーボードのWASDを使用。さまざまなトラップを解除し、フィールドの高低差を飛び越えて移動する。アクション性に特化したMMORPGとして、新たなオンラインゲームの可能性を提案している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響