ニュース
» 2006年08月21日 00時43分 公開

ローカライズと運営は開発とユーザーとの架け橋となること「アニス&フリッキー」韓国メディアツアー(その3)(1/2 ページ)

「アニス&フリッキー」のために現地韓国で、ローカライズおよび運営のために日夜勤しむローカライズ&運営チームの3人にインタビュー。あくまでも開発されたものをベースに安定したサービスを追い求めると語る。

[加藤亘,ITmedia]
左から日本から出向してきているGMO Games運営チーム吉本真也氏。中央が、ネットクルーローカルチーム部長カン・ボンソック氏。そして通訳もしてくれたローカルチームリーダーキム・サンウ氏

 ネットクルーは「アニス&フリッキー」を日本で展開するにあたって、現地韓国に数人のローカライズおよび企画・運営チームを設立している。元は韓国語で製作されているだけに、単純にテキストの翻訳から微細な表現まで、日本向けにどうしたらいいのかを日々検討している。開発元となるActoz Softとは車で数分の位置にあり、週に幾度かの打ち合わせはかかせないとローカライズチームは語る。

 実際、現地でローカライズを担当するネットクルーローカライズチーム部長のカン・ボンソック氏と、ローカルチームリーダーのキム・サンウ氏、そして日本から出向しているGMO Games運営チームの吉本真也氏の3人に簡単ではあるがインタビューを行った。

「アニス&フリッキー」はこうしてローカライズされる

―― まず、どういう流れでローカライズが行われているのか教えてください。

カン 簡単に説明しますと、韓国でのゲームを日本語に翻訳。しかるのち日本のスタッフがリライトします。テキストに関してはキムさんが。リライトを吉本さんが担当しています。流れとしては最初、ネットクルーを運営するスタッフが韓国のサーバーからどういうゲームなのかを徹底的に検証。2段階目がテキストやアップデートされるシステムを翻訳して、それを日本スタッフにより検証してもらいます。のち、テストサーバーでパッチをあてる。もちろん、ここでのテストサーバーはユーザーに公開されていないものです。最後に、テストサーバーで不具合をチェックし、システムを改善。サービスできるものへと調整します。そしてテスト終了後にユーザーへ公開するといった具合です。これは特に特別なものではありません。

―― ローカライズする立場で「アニス&フリッキー」をどう見ていますか?

カン 我々ネットクルーは「コラムオンライン」の次の柱となるべくタイトルのライセンスを取得すべく、多くの新規タイトルを選出し協議しました。中には契約までいきかけたものまでありました。我々が精査する際、もちろん日本のオンラインゲーム市場も分析したのですが、どうも主人公はとことん格好良くて、女性はひたすら可愛くキレイなキャアクターであることが主流だと感じました。韓国のタイトルが日本でサービスする際、その特徴を見誤ったため失敗したところも多いと聞きます。アニフリの場合、日本が今まで主流と思われたものではなく、コミカルなキャラクターで、コントロールも難しいアクション性豊かなのが特徴と思います。だからこそ選んだわけですが。

―― なぜ日本では主流ではないと思ったアニフリを選んだのですか?

カン 現在日本のユーザーに多く支持されるキャラクターの主流は、これから変わるのではないかと推測しています。また、今まで日本で成功したタイトルは、これまで日本にはなかったものをサービスしたところだと思っています。だからこそ、あえて差別化されたジャンルで挑戦したかったんです。それにキャラクターは最初の企画段階でのイメージがよかったんです。アニスはボーっとして優しい子。フリッキーはひとりで何でもやっていく独立心ある感じ。現代の日本の若者と似ているかなと思ったわけです。ゲーム中役割分担がしっかりできるのもそうです。

―― ローカライズするにあたって気にしていることや、大事にしている点などありますか? 日本向けのサービスであったり、単なる翻訳以外に大切に思っていることがあると聞きましたが。

カン 発表会で公開されましたが、イラストも日本向けだし、コスチュームはもちろん、顔やヘアスタイル、アイテムに至るまで、日本独自の要素が入ります。しかし、これは日本に限ってだからというわけではありません。他の国でも同様のことをします。本作はグローバルターゲットですから、どこの地域でも通用するものだと自負しています。まずは企画段階のものを崩さないということを前提と考え、そして作品の品質を高め、サーバーの安定を第一としています。

ローカライズや運営の基本――オリジナルの重要性

―― オリジナル要素だけが際立って前面に出て、それからサーバーや運営の安定とするところも見受けられますが。

カン 我々としては、クオリティやサーバーの安定化など、基本的な部分を一番とし、独自要素はその次に考えるべきものだとしています。そして、もっとも重要なのが、開発者とパブリッシャーとの共通認識ではないでしょうか。韓国で開発されたものがそのままの形で日本でサービスされることもありますが、やはり日本のユーザーが必要としていることに耳を貸し、それを企画として開発に依頼したい。それには、パブリッシャーの力がどれだけあるかにかかっていると思うのです。調整がうまくいかないと依頼を受けてくれない場合もある。日本で成功するためにも、両社の関係がうまくいくよう力を入れていますし、近所ということもあり、頻繁にディスカッションを重ねています。ローカライズと運営は開発とユーザーとの架け橋になるべきですから。

―― 韓国ではオープンβテストが行われていますが、本作のゲーム性をどう受け入れられているのですか?

カン やはりマップが難しいとか、コントロールが難しいという声はありましたが、概ね好評のようです。日本では発表しただけに留まっていますが、今後は現状のティザーサイトではなく、公式サイトを製作し、ユーザーからの要望を広く募りたいと考えています。できれば8月末にはオープンを目指したいですね。

―― 現状ではどのような要望があるのですか?

カン チャットのしやすさであったり、ゲームパッドへの対応などです。レースマップや○×クイズなどは、日本バージョンのみの機能を追加する予定なのですが、今後皆さんからのアイディア次第では、順次採用されることもあるでしょう。しかし、まだ日本ではサービスを行っていないので、なにを求めているかを入念にリサーチし、現在分析をしています。あくまでもユーザー中心の意思は変わりません。我々ローカライズチームは、もっと簡単に楽しくできることがなんなのかを常に考えています。できることならば、公式サイトから学ぶのではなく、ユーザーがユーザーに教え学ぶというコミュニティーができることを切望します。その助けとなるよう専用のブログなども企画しています。日本では情報や評価の共有化などもこちらと違って活発ですから、コミュニティー強化は責務ですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」