レビュー
» 2006年08月23日 00時00分 公開

Xbox 360にエンタングル!――放送中のアニメと密接に絡み合うストーリーに興味津々「ゼーガペイン XOR」レビュー(2/3 ページ)

[小泉公仁,ITmedia]

簡単操作でスピード感あふれるバトルが楽しめるのが爽快

 ゼーガペインの操作には、コントローラーの全ボタンを使用するので、最初はややこしく感じられたが、攻撃に使うのがAボタン(ショット系の遠距離攻撃)とBボタン(剣などを振る近距離攻撃)の2つだけで、しかもこのゲームでは自機の向きや進行方向にかかわらず常に敵を追尾する「ロックカメラモード」が基本なので、実際の操作は至って簡単。また、Aボタンの長押しでホーミング攻撃になることから、動き回りながらホーミング攻撃を続けているだけでたいていの敵は倒せる。これでは簡単すぎてつまらないと思う向きもあるかもしれないが、広い空間を縦横無尽に飛び回って、敵を片っ端から撃墜するというロボットアニメらしさが手軽に味わえて、個人的には好感だ。ただし、ロックカメラモードでは自動的に敵をロックオンしていくため、視点がめまぐるしく切り替わり、自分がどの方角を向いているのか分からなくなるという難点も。

画像 基本となるのは、Aボタンの長押しによるホーミング攻撃。目視できないほど遠くにいる敵にもちゃんとロックオンされるので、機動力の高い敵に急接近でもされない限りは、ホーミング攻撃だけで対処できる
画像 敵の攻撃にもホーミング性能を持つものがあるので、ブースト(RTボタン)も駆使してとにかく動き回るのがコツ
画像 剣などによる近接攻撃にはBボタンを使い、連打で連続攻撃になる

 ビジュアル面では、“光”を感じさせる演出が多分に見られる。ゼーガペインの機体には、部分的に半透明のパーツがあることが特徴だが、その独特の質感がうまく表れている。また、自機や敵が撃った弾の光跡もキレイで、眼前で敵を破壊したときなどは光があふれ出すような演出も見られる。ただ、Xbox 360のソフトにしてはやや解像感に欠く印象もあって、D4(720p)出力でHDTVに映し出しても画像の精緻さが格段にアップしたようには感じられない。テクスチャや色使いのせいか、巨大母艦らしい重厚感が表現し切れていないのも惜しい。

画像 目の前で敵を撃破したときなど、光があふれ出して自機を飲み込んでゆくような演出が見られる
画像 ビジュアルでとりわけ目を引いたのが、敵であるガルズオルムが作り出したタンポポのような謎の構造物。スクリーンショットでは解像度を落としてあるので細部が曖昧に見えるが、HDTV上ではさらにキレイに見える
画像 Xbox 360のソフトにしては、解像感が若干甘く見えるのが惜しまれるところ

 ゲームの流れは、母艦ドヴァールカーのブリッジで各メンバーと会話するパートと、出撃してミッションを遂行するパートが交互に繰り返される形で進むが、この会話パートのビジュアルや演出が簡素で、どうにも物足りない。アニメがベースの作品だけに、幕間にはテレビ同様のアニメがふんだんに挿入されるのかと思いきや、アニメシーンは全くなく、キャラクターがズームアップされるだけというのはいささか演出不足気味でさびしい。台詞はフルボイスで、目や口も台詞にあわせて動くが、もう少し躍動感のある演出もほしかったところだ。ただ、ボイスアクトはうまいし、その会話内容もファンのツボを押さえたようなものが多く、ウィットに富んでいる。

画像 板状の物質の中に投影されているのは、人間ではなくAI。艦長のレムレスをはじめ、ブリッジには5人のAIがいるが、いずれも感情豊かで人間味がある
画像 キャラクター同士の会話は、ブリッジだけでなく、ミッションの前後やバトル中にも挿入される。「初戦で死ななければ、三戦目までは死なない」と、イゾラ司令から妙な励ましを受けて出撃したトガたちだったが……
画像 無事にミッションを遂行すると、「あれは迷信だ」とのたまうイゾラ司令。まいりました……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」