レビュー
» 2006年08月23日 00時00分 公開

Xbox 360にエンタングル!――放送中のアニメと密接に絡み合うストーリーに興味津々「ゼーガペイン XOR」レビュー(3/3 ページ)

[小泉公仁,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

機体のカスタマイズや同乗させるウィザードの選択で性能が変わる

 このゲームでおもしろいのは、各ミッションで好成績を収めると新しいパーツを入手できることがあり、パーツを交換することで機体をカスタマイズできるというところ。パーツは、ヘッド、ボディ、アーム、レッグの4部位に分かれていて、選んだパーツによって見た目が変わるだけでなく、HPや攻撃力などのパラメータも変化する。特に、アームを交換すると、一度に撃てる弾数や、弾が描く光跡、弾の形状まで変わるというのが凝っている。

画像 ミッションクリア時に表示されるRESULT画面で、敵の撃墜数、クリアまでに要した時間、被ダメージ量に応じてスコアが算出され、SS、S、A、Bの4段階でランク付けされる。この成績に応じて、新しいパーツを入手できることがある
画像 パーツの変更によって、機体のHPや攻撃力などが増減する。また、数値には表れないが、機動力が向上するパーツなどもある
画像 パーツのカラーも部位ごとにカスタマイズできる。3原色の組み合わせ方次第でさまざまなカラーが作り出せる

 また、パーツとは別にスキルという要素もあり、これもミッションの成績によって新しいスキルが手に入り、カスタマイズが可能になる。スキルには、大きく分けて、近距離攻撃系、遠距離攻撃系、防御系のカテゴリーがあり、3つを装備することができる。その効果もさまざまで、例えば多数のホーミング弾を一斉発射したり、近距離攻撃の範囲を一定時間広げるものなどがある。スキルはホロニックゲージを消費して発動し、スキルによってその消費量も異なるため、装備するスキルの種類によっても戦術が変わってくる。

画像 これは、ホーミング性能を持つ弾を多数発射する遠距離攻撃系スキル「ブラストニードル」。多くの敵に囲まれたときなどに効果を発揮しそう
画像 こちらは、機体の周囲にバリアを形成して防御力を一定時間アップさせる「アーマーアップ」。なお、スキルを発動してホロニックゲージを使い切ってしまっても、時間の経過や敵の撃墜などによってゲージは少しずつ回復する

 もうひとつ特徴的なのは、ミッションごとに同乗させる“ウィザード”を選べることだ。アニメ版もそうだが、ゼーガペインでは“ガンナー”と“ウィザード”の2人が搭乗して操縦するのが基本で、ガンナーは前の座席で機体の操縦や戦闘などを担当し、ウィザードはその補佐的な役割で、後部座席で火器や航法管制などを担う。

画像 序盤はウィザードにミオしか選択できないが、途中からかつてのトガのパートナーだったサラが合流し、その後、メイヴェルも選べるようになる

 ゲーム版のゼーガペイン XORでは、トガ(=プレーヤー)がガンナーとなり、ウィザードにはミオ、サラ、メイヴェルの3人から選ぶことができる。ウィザードはそれぞれ能力が異なり、誰を同乗させるかによって機体の性能も変わってくるし、戦闘中の会話内容やエンディングも変化するのがおもしろい。

 また、初めはゼーガペインにしか乗れないが、途中からゼーガタンクも使用できるようになり、1周目をクリアするとダークゼーガという機体にも乗れるようになる。機体、パーツ、スキル、そしてウィザードと、さまざまな組み合わせが可能で、ミッション内容に応じてどんな組み合わせが最適かを模索するのが楽しい。


画像画像 3人のウィザードはそれぞれに異なる能力や特性を持っていて、全く同じカスタマイズを施したゼーガペインに搭乗させた場合でも、ウィザードによって機体能力に差が出てくる。例えば、防御に長けるミオならHPや守備力が高くなり、高速戦闘を得意とするサラの場合は攻撃力がアップする
画像 1周目をクリアすると、このダークゼーガにも搭乗できるようになり、ゼーガタンクを含めて3機の機体から選択可能になる

遊びやすい作りだが、詰めの甘さも感じる……

 エンディングを迎えるまでのミッション数はそれほど多くないが、個々のミッションがテンポよく進み、ストーリーも先に進むにつれて盛り上がってくるので、最後まで一気に遊びたくなる作り。エンディングはちょっと中途半端にも思えるが、アニメ本編がまだ完結していない中で発売されたゲームだけに、物語全体の核心に触れるような終わり方にはできなかったのかもしれない。難易度は全般的に低いが、さすがに終盤になると敵の攻撃も激しくなり、機体のカスタマイズなどに工夫が必要になってくる。ただ、2周目からは1周目で獲得したパーツやスキルがそのまま引き継がれる分、かなり楽にプレイできるはずだ。

 個人的には、ドルビーデジタル5.1chの効果に期待もあったのだが、それが少々期待はずれだったのが残念だ。包囲感はまずまずだが、爆発音などの迫力にやや欠き、敵機や弾が横をかすめるような移動感を楽しめる場面もあまりない。せっかくの2人乗り機体なので、5.1ch環境ではウィザードの声が後ろから聞こえてくる、なんて演出でもあったらゼーガペインのガンナーになった気分がよりいっそう増幅されたかもしれない。

 初めにも述べたように、アニメ本編の世界観やストーリーに特異性が強く、さまざまな謎にあれこれと想像を巡らせるのが楽しい作品なので、アニメをまったく知らずにゲームをプレイすると、意味の分からない部分が多々出てきて混乱する可能性は高い(ローディング画面でゼーガペイン用語の解説が入るという工夫もあるが……)。その意味でも、やはりアニメ本編をよく知るファン向けのアイテムということになるのだろうが、それにしては会話パートなどの詰めが甘いようにも感じられ、惜しまれるところだ。

 それでも、広い空間を高速で飛び回り、機体をさまざまにカスタマイズし、比較的簡易な操作で“ロボットアニメごっこ”ができてしまう楽しさには、大いに魅力を覚えた。こういったアニメ関連のゲーム化作品がXbox陣営では少なかっただけに、なおさら貴重に思える。

画像 ローディング中には、さまざまなゼーガペイン用語の解説が表示される。それでもやっぱりゼーガペインビギナーには難解?
画像 シズノやクリスだけでなく、アニメ版の主人公キョウもちょっとだけ登場する
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」