ニュース
» 2006年08月28日 15時51分 公開

「テイルズウィーバー」ユーザーカンファレンス2006で発表された今後の展開と展望(1/2 ページ)

ネクソンジャパンは一般ユーザー200人を招き、実装予定のエピソード1チャプター13パート2や、エピソード2の新キャラクターなどを公開した。イベントでは代表者によるクイズ大会も行われた。

[加藤亘,ITmedia]

 ネクソンジャパンは8月26日、東京都渋谷区の恵比寿ガーデンルームにおいて、「テイルズウィーバー」の一般ユーザー200人を招待し、実装予定のチャプター13パート2の情報や、エピソード2の新情報が公開された。「テイルズウィーバー」のファンイベントは2004年12月にネットカフェで開催されているが、こうした大規模なものはネクソンジャパンとしても初の試みとなる。

 「テイルズウィーバー」は、8人の主人公たちが運命に導かれるかのように集まり過去と未来に翻弄されるストーリー性と、暖かみのある世界観で人気のMMORPG。2004年9月に日本で正式サービスを開始して以来、現在までに85万人の会員数を誇り、今年7月26日にはエピソード1の最終章となるチャプター13パート1が導入されている。エピソード1はパート2をもって完結を迎えるとあって、ますます盛り上がりを見せている時期でのユーザーカンファレンスとなったわけだ。

 イベントではネクソンジャパン テイルズウィーバーチームの阿部寿頼氏、マーケティング部坂下智久氏、スペシャルゲストとしてネクソン海外事業部 海外技術支援チーム 日本テイルズウィーバー担当のイ・チヒョン氏が登壇。冒頭、いよいよ最終章となるチャプター13までをデモプレイを交えて紹介。会場では懐かしさとともに、デモプレイでの超絶プレイに感嘆の声があがった。

 そして、今年の秋頃実装を予定しているチャプター13パート2をダイジェストで紹介された。


チャプター13パート2とは

あらすじ

運命に導かれ、慟哭の塔にたどり着いた8人。

強力なモンスターが住んでいる67階建ての塔を登りながら、それぞれのキャラクターが自分自身の過去との葛藤を繰り返す……。

無事にすべてクリアしたあと、67階から一筋の光が天に向かって伸びて行き、天空都市に8人全員導かれ……。


デモプレイを紹介

 慟哭の塔には各フロアに強力なモンスターが潜んでおり、数階進むごとに出現する“中ボス”をクリアして次に進まないといけない。デモプレイでは、“尻尾王子”の登場も明言。32階と48階には街へのワープゾーンがあることも紹介された。途中死ぬと街に戻されてしまうため、万全の準備が必要となるようだ。

 韓国では、1階をおよそ30分、塔の最上階に到達するまでに33時間ほどを当初要していたようだが、慣れてくると最短で8時間ほどでクリアできるとのこと。チャプター13以前に登場したNPCも再度登場しアイテム購入などができる。


 また、以前募集していた日本オリジナルのデザインアイテムも発表。チャプター13パート2から実装追加される新たな7アイテムが公開された。入選アイテムは30ほどあるので、今回公開された新アイテム以外も、随時追加していきたいとのこと。

左から「ヒレ耳」、「隻眼の魔封面」、「ペンギンリュック」

左から「パイレーツバンダナ」、「旅行かばん」、「ウェディングベール」、「リボンクラウン」

新しい冒険がはじまる――エピソード2発表

雪に閉ざされた街「エルティボ」だが、おとぎの国のような雰囲気もそなえている

 韓国では9月からサービス開始予定のエピソード2は、エピソード1と同様にチャプター方式を取り、同程度のボリュームになるようだ。エピソード1でプレイしたキャラクターはエピソード2にも引き継がれ、さらに新たなキャラクターも追加されていく。

 日本ではエピソード2が実装される前に、雪深い「エルティボ」という新しい街が実装される。ここではエピソード2にも登場する新NPCが早くも登場する予定だ。「エルティボ」にはナルビク港からNPCを通じて乗船。船賃は1回9000SEED、2回目からは600SEEDで利用することができるという。

 街はお菓子の店“ヘンゼルとグレーテル”やおもちゃ屋も存在。特にお菓子屋のパティシエでもあるERICHが作ったお菓子は絶品とのこと。そんなNPCをちょっとだけ紹介しよう。

MORITZ
火を噴く芸人。無愛想な芸人。彼の性格のせいで、劇団を追い出された過去がある。HELGAが付いてくると、いつも面と向かって非難をしながらも、心から彼女を心配している
HELGA
玉回し芸人。物腰がやさしい芸人。MORITZを気遣って、つきまとっている幼なじみ
ジンジャーマン
悩みが多いお菓子。パティシエがまだ修行中の時、あやまって焼かれた経験がある。片足が欠けていて、包帯を巻いて松葉杖をついている

ANKE
パティシエのERICHのファンクラブに入っている。家族からも呆れられた熱烈なファン。Indemnity家のMIREILLEを一番きれいだと思っている
GEORGE
純粋に見える美男子だが、毒を集める趣味がある
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」