ニュース
» 2006年08月28日 19時43分 公開

「ギャロップレーサー」が基本無料で楽しめる――オンラインゲームプラットフォーム「LieVo」誕生(1/2 ページ)

本日開催の「テクモ プレスカンファレンス 2006 SUMMER」にて、テクモとSeedCが資本・業務提携を行い、両社共同で展開する次世代オンラインゲームプラットフォーム「LieVo」や、「コロボットアドベンチャー」など秋の新作が発表された。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 本日、テクモの次世代オンラインゲーム事業、および秋の新作を発表する「テクモ プレスカンファレンス 2006 SUMMER」が、秋葉原コンベンションホールにて行われた。

 まずはテクモ代表取締役社長である安田善巳氏が、テクモが次世代オンラインゲーム事業へ参入する意図について、「2年前に『バスタード オンライン』を立ち上げて以降、オンラインゲーム市場の発展はめざましく、優秀はクリエイターも育ってきている。そのような中にあって、これからテクモとして何ができるのか? それを自問自答した結果、ユニークな開発集団であるテクモのクリエイターたちを生かして、積極的に取り組んでいくことを決めた」と説明。

 続けて安田氏は、テクモの次世代オンラインゲーム事業のコンセプトは“グローバル&オープンアーキテクチャ”だとコメントし、「クリエイター同士が交流を深めることで新しいゲームを作り、多くの人にそれを提供していきたい。高い志を持つクリエイターには、さまざまなチャンスやサポートを行っていく。一方で、われわれ自身が新しい機軸のゲーム開発に取り組むことで、企業としての明確なビジョンをしっかりと示していきたい」と、新たな事業に対する意気込みを語ってくれた。

 では、新たな次世代オンラインゲーム事業とは一体何なのか? 安田氏はその答えとして、ポータルサイト「ブロードゲーム」を運営するSeedCと資本・業務提携を行い、両社共同で展開する次世代オンラインゲームプラットフォーム「LieVo」を発表する。カンファレンスには、SeedC代表取締役社長である崔正浩氏も来場し、今回の提携に関して「テクモと一緒にさらなるオンラインゲームの可能性を広げていきたい」とあいさつを行った。

photo 安田善巳氏
photo 崔正浩氏
photo 「LieVo」ロゴ

 「LieVo」について少し触れていくと、日本発の国境を越えたグローバル展開を行うプラットフォームであるとともに、多くのクリエイターとパートナーが活用できるオープンプラットフォームだと発表された。ユーザーには“もっと楽しもう!”をコンセプトに基本ゲーム&サービスを無料で提供。クリエイターやパートナーへは、世界に向けた価値あるグローバルプラットフォームや、クロスボーダーソリューションの提供により、ビジネスフィールドを広げる提案をしていくのだという。

photo

 タイトルラインアップとしては、テクモのコンソール資産を生かした新機軸タイトルや、「ミックスマスター」や「カーディナルサーガ」など、SeedCが運営する定番ゲームに加え、世界中の優秀なタイトルを集結。また、欲しい情報をキャラクターがタイムリーに知らせてくれる「キャラクターRSS」、好きなゲームの音楽やE-BOOKなどの「ダウンロード販売」、ゲーム内マネーを使ったオークションやアイテムトレードが可能な「Superモール」などのエンタメ情報検索サービスや、「攻略情報Wiki」や「パーソナルSNS」、「ギルドマップサービス」など、ユーザーがアクティブに楽しめるコミュニティなどの提供を行うとした。

 これらのサービスは、2006年10月10日にオープンを予定している、基本無料のタイトルを取りそろえたオンラインゲームサイト「LieVo.jp」にて受けることが可能で、2007年12月までにアジア・オセアニア・北米など12カ国、2009年12月までにヨーロッパ・南米など17カ国にて展開するという。なお、SeedCの「ブロードゲーム」ユーザーの会員地位は、そのまま「LieVo.jp」に引き継がれるとのこと。


photo

 また、カンファンレスでは「LieVo.jp」にて提供する、基本無料で遊ぶことができるタイトルとして、「WarRock」と「ギャロップレーサー オンライン」(以下、「GRO」)が公開された。

 「WarRock」は、全世界380万人の会員を誇るPC向け本格オンラインミリタリーアクション。FPS形式の戦闘スタイルで、少人数による対人戦から、多人数による戦車・戦闘機・戦艦などの多彩な大型兵器を使った大規模戦闘まで、バリエーション豊かな戦場を体験することができる。

 ゲーム内容の説明を行ったテクモのマルチコンテンツ事業部プロデューサーである河野順太郎氏は、「オンラインFPSと言ったほうが分かりやすいのですが、(FPSは)難易度が高く、敷居が高いというイメージがあるのか、いまいち反応が良くありません。ただ、『WarRock』は明らかにプレイの感覚がやわらかいんです。リアルとエンタメの中間と言えばいいんでしょうか。これまでにないFPSですから、ジャンルの代表作を目指して頑張ります」と、ジャンルにFPSを使わなかった理由も含め、本作の魅力について語ってくれた。


photo 河野順太郎氏
photo 「WarRock」を開発したドリーム エクスキューションのCEOであるジャン・ユンホ氏が来場。「一緒に仕事ができてうれしい。日本の中で一番のゲームと言われるように頑張りたい」とコメントした
photo 10月10日の「LieVo.jp」オープン時に、クローズドβテスターを募集する予定だという

photophotophoto 「WarRock」ゲーム画面

 「GRO」は、テクモの人気シリーズ「ギャロップレーサー」(以下、「GR」)の最新作であるPC向けオンライン3Dジョッキーレースゲーム。熱いリアルタイムレースがしっかりと再現されているのは当然として、みんなが集まる「ギャロップレーサースクウェア」(ビジュアルロビー)では、数々のアバターを使った、さまざまなコミュニケーションを楽しむことができるという。

 ちなみに、1996年に誕生した「GR」シリーズは、本年で10周年を迎える。「GRO」は10周年記念タイトルとも言えるわけだが、このほかにもう1本、記念タイトルとしてプレイステーション 2用ソフト「ギャロップレーサー インブリード」(以下、「GRI」)が発表されている。「GRI」は、2006年の最新データを反映した「GR7」と「GR8」を楽しむことができるというもので、特別価格5040円(税込)で発売する。

photophoto 「GRO」のレース画面(写真左)とギャロップレーサースクウェア画面(写真右)
photo 「GRI」では「GR7」と「GR8」のどちらかを選ぶことになる

photo 原尾宏次氏

 登壇したテクモの執行役員であり、ハイシナジープロダクション エクゼクティブプロデューサーである原尾宏次氏は、「今回は野球やサッカーゲームと同じように、最新データを反映させたものになります。なぜ2本入っているのかというと、異なる雰囲気を持った『GR7』と『GR8』、どちらを入れるかでスタッフが割れまして……それほど時間もありませんでしたので、10周年ですし、両方入れることにしました」と語った。

(C)Dream Execution Technology Co.,Ltd.All right reserved.
(C)TECMO,LTD./GSC Game World 2006
(C) Kazushi Hagiwara/SHUEISHA
(C)TECMO,LTD./SHAFT
(C)TECMO,LTD.2006
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」