ニュース
» 2006年08月30日 19時59分 公開

CEDEC 2006:PCゲームと恋愛シミュレーションと、そのコンシューマー化について考えてみた (1/2)

CEDEC初日のプログラムとして、恋愛シミュレーションゲームを例に、PC向けゲームの今後を考えるセッションが開催された。

[今藤弘一,ITmedia]
画像 左から吉田氏、東氏、浦野氏、芝村氏

 「わが国におけるPCゲームの現状と今後の展望―恋愛SLG市場の成熟と家庭用ゲーム機への移植を中心に―」と題したこのセッションには、東京大学大学院情報学環の吉田正高氏、哲学者、批評家の東浩紀氏、アルケミスト代表取締役の浦野重信氏、ベックの芝村裕吏氏が参加した。

キャラクターが記号化して差別化できなくなり喪失へ向かうのか?

画像

 まず吉田氏は、PC向けの“恋愛シミュレーション”ができあがってきた過程について解説。当初、1980年代前半の「マイコン」時代には制作者≒プレーヤーであったのに対し、PC環境が成熟するに従って、1984年の「ザース」(エニックス)、「WILL」(スクウェア)など、RPGのゲーム性にアニメ絵的な表現が加わり、世界観のビジュアライズが進行してきたと語る。

 やがてグラフィック機能の発達とともに“アダルトゲーム”が登場する。そして90年代に入り、飛躍的にシェアが拡大するとともに、警視庁によるアダルトソフトの摘発事件も起きるようになる。そこから1992年には「コンピュータ・ソフトウェア倫理機構」が発足する。

画像画像画像

 さらにWindowsw 95が発売されてからは、サウンド、グラフィックともに進化したことで、恋愛シミュレーションゲームの多様化が始まる。そしてコンシューマー機に恋愛シミュレーションゲームが登場してからは、ゲーム性よりもキャラクター性に話題が集中してきた、と吉田氏。「ゲームの内容よりもキャラクターに話題が集中し、このあたりから恋愛シミュレーションゲームにおけるゲーム性喪失の芽生えが見えている」(吉田氏)。

画像画像

 吉田氏はまた、現在の状況を見るとキャラクターが記号化していると語る。「メガネや金髪といったキャラクターを並べてしまえばゲームができあがる現状。これをプレーヤーも無批判に受け入れている。このままでは差別化できなくなって、そのまま喪失へ向かう危険性もある」(吉田氏)。

画像画像画像

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン