痛快アクション「ゴッドハンド」はギャグへの情念から生まれた――先行体験&トークショーイベント

カプコンから9月14日に発売予定のPS2用ソフト「ゴッドハンド」の先行体験イベントが行われた。イベントでは、本作のディレクター三上真司氏にまつわるトークショーも実施され、同氏に関する驚きのエピソードの数々が披露された。

» 2006年09月04日 17時01分 公開
[遠藤学,ITmedia]
photo

 2006年9月2日、カプコンから9月14日に発売予定のプレイステーション 2用ソフト「ゴッドハンド」の先行体験イベント「GOD HAND TRIAL PARTY」が開催された。

 「ゴッドハンド」は、神にも悪魔にもなることができるのだと伝えられている“伝説のゴッドハンド”を手にした主人公「ジーン」が織り成す、痛快なアクションゲーム。

 会場となった東京・六本木の「Vanilla」には、事前応募に当選した約60人が来場し、「ゴッドハンド」の体験プレイと、制限時間内に敵を倒す「闘技場アトラクション」を楽しんだ。


photophoto 体験プレイ用の試遊台は15台以上用意され、時間を区切りながら行われた
photo 体験プレイを行い、操作に慣れた人から闘技場アトラクションに挑戦した

photo 稲葉敦志氏

 また、イベントにはクローバースタジオ代表取締役社長で、本作のプロデューサーを務める稲葉敦志氏も来場。「いろいろなイメージがあると思いますが、やりごたえのある、ものすごいハードな、ハードルの高いアクションゲームです。アクションゲームとしてはかなり真面目に作っていますので、今の日本ではなかなか出てこないんじゃないかというくらいやり応えがあります。それが良いことなのか、悪いことなのかはさておきですが……。三上(三上真司氏)という一流のディレクターが作っていますので、内容に関しては太鼓判を押せます」と、まずは本作をアピールした。

 ディレクターの三上氏と言えば、「バイオハザード」の生みの親として有名だが、「本人はこういうの(『ゴッドハンド』のようなゲーム)がやりたかったみたいです。シリアスなゲーム作りはもう嫌だと言っていました。その情念が全部ハジけたのが『ゴッドハンド』ですね」(稲葉氏)とのこと。

 ここで三上氏にまつわるエピソードを語るべく(暴露すべく?)、グラスホッパー・マニファクチュア代表取締役の須田剛一氏と、同じくグラスホッパー・マニファクチュアの高田雅史氏、クローバースタジオのディレクターである神谷英樹氏の3人が登場。

photo 須田剛一氏
photo 高田雅史氏
photo 神谷英樹氏

 まずは神谷氏が「ギャグの100回に99回は笑えないんです。あまりにもつまらないので、愛想笑いで顔が筋肉痛になったくらい。それほど面白くないのに、何で『ゴッドハンド』は面白いんですかね」と、三上氏のギャグセンスに疑問を投げかけつつ、「ゴッドハンド」を絶賛する。

 これには稲葉氏もひと言あったようで、「最初にギャグの入るゲームにしたいと言われた時はすごく不安で、プロデューサーとして“それは多分面白くないんじゃ”と言わなくてはいけないんですけど、言えない。どうしようって(笑)」と、企画が上がって来た際の葛藤(かっとう)を交えながら、三上氏のギャグセンスについて語ってくれた。

photo 次から次へと飛び出すエピソードに、会場の笑いは絶えることがなかった

 神谷氏の言葉を借りるならば、100回に1回の大当たりが来たとも言える「ゴッドハンド」だが、先にも稲葉氏が述べたように、三上氏はずっとギャグの入ったゲームを作りたがっていたらしく、それは何と「バイオハザード」も例外ではなかったという。「ジル、クリスのほかに、第3の主人公としてギャグ担当がいたんです。スケジュールの関係で削ったんですけど、その時に一番寂しそうにしていたのが三上さんでしたね」(神谷氏)

 ギャグへのこだわり以外にも、「キラー7」で一緒に仕事をした須田氏からは「打ち合わせをすると、数時間ずっとしゃべっているんです。で、その間はトイレに行けない(笑)」(須田氏)、「ゴッドハンド」でサウンドを担当した高田氏からは「話をする時は必ず電話で、メールは来ません」といったエピソードが披露された。ちなみに三上氏からメールが来るのはとても珍しいことらしく、稲葉氏曰く「5文字くらいのメールが、年に2回くらい来ますね(笑)」とのことだった。

photo

 トークショー終了後には、稲葉氏より“説明なしでは絶対にプレイできない”という「ゴッドハンド」の基本操作の説明も行われた。回避、ダッシュ、ゴッドリール技、ゴッドハンド開放、コンビネーションセレクト、ガード崩しなど、一度の説明では覚えきれないほどの要素が紹介されたが、この中で稲葉氏が特に強調していのが、“右スティックでかわさないとやられっぱなしになり、すぐに死んでしまう”という回避と、“通常技100種類を自由に組み合わせられる。何が有利不利ではなく、見た目が格好良いとか、自分が好きなように楽しんでもらいたい”というコンビネーションセレクトの2つだった。

 最後には「何回も死ぬゲームです。だからと言って、自分が下手くそとか嫌だと思わず、懲りることなく何度もチャレンジしてください。最初はスルメを噛み始めたみたいな感覚もあるかもしれませんが、負けずに楽しんでください」と、あいさつを行った稲葉氏。

 “死んで覚えろゲーム”という、ひと昔前のアクションゲームをほうふつとさせる「ゴッドハンド」だけに、近ごろのアクションゲームは生ぬるいと嘆いている人、ちょっと異なるアクションゲームをプレイしたいという人、そして何よりとにかく笑いたいという人は、ぜひプレイしてみてはいかがだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  8. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  9. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
  10. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」