ニュース
» 2006年09月04日 17時01分 公開

痛快アクション「ゴッドハンド」はギャグへの情念から生まれた――先行体験&トークショーイベント

カプコンから9月14日に発売予定のPS2用ソフト「ゴッドハンド」の先行体験イベントが行われた。イベントでは、本作のディレクター三上真司氏にまつわるトークショーも実施され、同氏に関する驚きのエピソードの数々が披露された。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 2006年9月2日、カプコンから9月14日に発売予定のプレイステーション 2用ソフト「ゴッドハンド」の先行体験イベント「GOD HAND TRIAL PARTY」が開催された。

 「ゴッドハンド」は、神にも悪魔にもなることができるのだと伝えられている“伝説のゴッドハンド”を手にした主人公「ジーン」が織り成す、痛快なアクションゲーム。

 会場となった東京・六本木の「Vanilla」には、事前応募に当選した約60人が来場し、「ゴッドハンド」の体験プレイと、制限時間内に敵を倒す「闘技場アトラクション」を楽しんだ。


photophoto 体験プレイ用の試遊台は15台以上用意され、時間を区切りながら行われた
photo 体験プレイを行い、操作に慣れた人から闘技場アトラクションに挑戦した

photo 稲葉敦志氏

 また、イベントにはクローバースタジオ代表取締役社長で、本作のプロデューサーを務める稲葉敦志氏も来場。「いろいろなイメージがあると思いますが、やりごたえのある、ものすごいハードな、ハードルの高いアクションゲームです。アクションゲームとしてはかなり真面目に作っていますので、今の日本ではなかなか出てこないんじゃないかというくらいやり応えがあります。それが良いことなのか、悪いことなのかはさておきですが……。三上(三上真司氏)という一流のディレクターが作っていますので、内容に関しては太鼓判を押せます」と、まずは本作をアピールした。

 ディレクターの三上氏と言えば、「バイオハザード」の生みの親として有名だが、「本人はこういうの(『ゴッドハンド』のようなゲーム)がやりたかったみたいです。シリアスなゲーム作りはもう嫌だと言っていました。その情念が全部ハジけたのが『ゴッドハンド』ですね」(稲葉氏)とのこと。

 ここで三上氏にまつわるエピソードを語るべく(暴露すべく?)、グラスホッパー・マニファクチュア代表取締役の須田剛一氏と、同じくグラスホッパー・マニファクチュアの高田雅史氏、クローバースタジオのディレクターである神谷英樹氏の3人が登場。

photo 須田剛一氏
photo 高田雅史氏
photo 神谷英樹氏

 まずは神谷氏が「ギャグの100回に99回は笑えないんです。あまりにもつまらないので、愛想笑いで顔が筋肉痛になったくらい。それほど面白くないのに、何で『ゴッドハンド』は面白いんですかね」と、三上氏のギャグセンスに疑問を投げかけつつ、「ゴッドハンド」を絶賛する。

 これには稲葉氏もひと言あったようで、「最初にギャグの入るゲームにしたいと言われた時はすごく不安で、プロデューサーとして“それは多分面白くないんじゃ”と言わなくてはいけないんですけど、言えない。どうしようって(笑)」と、企画が上がって来た際の葛藤(かっとう)を交えながら、三上氏のギャグセンスについて語ってくれた。

photo 次から次へと飛び出すエピソードに、会場の笑いは絶えることがなかった

 神谷氏の言葉を借りるならば、100回に1回の大当たりが来たとも言える「ゴッドハンド」だが、先にも稲葉氏が述べたように、三上氏はずっとギャグの入ったゲームを作りたがっていたらしく、それは何と「バイオハザード」も例外ではなかったという。「ジル、クリスのほかに、第3の主人公としてギャグ担当がいたんです。スケジュールの関係で削ったんですけど、その時に一番寂しそうにしていたのが三上さんでしたね」(神谷氏)

 ギャグへのこだわり以外にも、「キラー7」で一緒に仕事をした須田氏からは「打ち合わせをすると、数時間ずっとしゃべっているんです。で、その間はトイレに行けない(笑)」(須田氏)、「ゴッドハンド」でサウンドを担当した高田氏からは「話をする時は必ず電話で、メールは来ません」といったエピソードが披露された。ちなみに三上氏からメールが来るのはとても珍しいことらしく、稲葉氏曰く「5文字くらいのメールが、年に2回くらい来ますね(笑)」とのことだった。

photo

 トークショー終了後には、稲葉氏より“説明なしでは絶対にプレイできない”という「ゴッドハンド」の基本操作の説明も行われた。回避、ダッシュ、ゴッドリール技、ゴッドハンド開放、コンビネーションセレクト、ガード崩しなど、一度の説明では覚えきれないほどの要素が紹介されたが、この中で稲葉氏が特に強調していのが、“右スティックでかわさないとやられっぱなしになり、すぐに死んでしまう”という回避と、“通常技100種類を自由に組み合わせられる。何が有利不利ではなく、見た目が格好良いとか、自分が好きなように楽しんでもらいたい”というコンビネーションセレクトの2つだった。

 最後には「何回も死ぬゲームです。だからと言って、自分が下手くそとか嫌だと思わず、懲りることなく何度もチャレンジしてください。最初はスルメを噛み始めたみたいな感覚もあるかもしれませんが、負けずに楽しんでください」と、あいさつを行った稲葉氏。

 “死んで覚えろゲーム”という、ひと昔前のアクションゲームをほうふつとさせる「ゴッドハンド」だけに、近ごろのアクションゲームは生ぬるいと嘆いている人、ちょっと異なるアクションゲームをプレイしたいという人、そして何よりとにかく笑いたいという人は、ぜひプレイしてみてはいかがだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい