ニュース
» 2006年09月15日 20時02分 公開

PS3向け4タイトル、Wii向け3タイトルを発表。さらには「シーマン2」の続報も――SEGA戦略発表会 (1/3)

セガは9月15日、今冬から来春にかけての注目タイトル、および新作を紹介する「SEGAコンシューマ戦略発表会 2006」を開催。東京ゲームショウ2006の出展タイトルも明らかにされた。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 セガは9月15日、今冬から来春にかけての注目タイトル、および新作を紹介する「SEGAコンシューマ戦略発表会 2006」を開催した。

 まずはセガの常務取締役 CS統括本部長である岡村秀樹氏が、今後のラインアップへの意気込みを語る。「(今年は)新しいハードが出てくる、数年に一度の節目の年。ここ最近は従来にはないタイトルがヒットするなど、新しいユーザーが増えている。ユーザーが何を求めているのか? これはいつも課題として目の前にあり、その回答を私たちなりに見つけなければならない。今ほど変化に対応できる柔軟性を求められる時はなく、そういった面を含めての総合的な開発力が問われている。ユーザーが楽しいと感じるかどうかが理屈抜きに一番大切だが、楽しい、面白いのほかに、役に立つという喜びや、オリジナリティを出していきたい」

 岡村氏に続いて登場したのは、セガの取締役 CS事業部長である前田雅尚氏。前田氏からは、現行機の新作タイトルとして「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!5」、「不思議のダンジョン 風来のシレンDS」、「ぷよぷよ!」、「SEAMAN2〜北京原人育成キット〜」が紹介された。

photo 岡村秀樹氏
photo 前田雅尚氏
photo セガの今後のソフトラインアップ

photophotophoto ●J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!5
 サッカークラブ経営シミュレーションシリーズ最新作。編成会議の導入や、ホームタウンへの新しいアプローチなど、さらにクラブ畝意がおもしろくなる新規要素がふんだんに盛り込まれている。なお、J1、J2の登場選手は2006年8月12日時点のものになるという

photophotophoto ●不思議のダンジョン 風来のシレンDS
 スーパーファミコン版をベースに、過去シリーズのノウハウと最新の要素を加えパワーアップリメイク。既存イベントのグレードアップや、全ダンジョンバランスの調整だけでなく、ニンテンドーDSを生かした機能や、ダンジョン、道具、イベント、モンスターなどの新規要素が多数追加されている

photophoto ●ぷよぷよ!
 生誕15周年の記念タイトル。一定時間ごとに画面が180度ひっくり返ってバトルの流れが大きく変わる「だいかいてん」や、いつもの“ぷよ”の4倍の大きさで迫力のバトルが楽しめる「でかぷよ」など、驚きのルールが採用されている。また、初代「ぷよぷよ」から「ぷよぷよフィーバー」までの人気キャラクター22人が登場するのも、大きな魅力となるだろう
photo プロモーションキャラクターに“エビちゃん”こと蛯原友里さんを起用。“目いっぱい応援します。テレビCMにも登場するので、楽しみにしていてください”という、蛯原さんからのビデオメッセージも上映された

photophotophoto ●SEAMAN2〜北京原人育成キット〜
 ゲーム画面(写真中央)らしきものを交えながら、“失恋したあなたの側に”といったコンセプトムービーが上映された。詳しいゲーム説明はなく、映像も北京原人一色だったが、前田氏いわく“シーマンですから、人面魚もどこかで登場するはずです。期待していてください”とのこと

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた