泉水氏「コアシステムはWiiよりも安い」とアピール――新作タイトルの発売日も続々と決定Xbox 360 メディアブリーフィング(1/3 ページ)

マイクロソフトはXbox 360メディアブリーフィングを開催。9月22日より千葉・幕張メッセにて開幕する東京ゲームショウ2006に出展するタイトルを中心とした今後のラインアップや、日本におけるXbox 360のマーケティング戦略コンセプトなどが語られた。

» 2006年09月20日 22時00分 公開
[ITmedia]
photo 泉水敬氏

 マイクロソフトは9月20日、東京・渋谷にあるセルリアンタワー東急ホテルにて、Xbox 360メディアブリーフィングを開催した。本ブリーフィングでは、9月22日より千葉・幕張メッセにて開幕する東京ゲームショウ2006に出展するタイトルを中心とした今後のラインアップや、日本におけるXbox 360のマーケティング戦略コンセプトなどが語られた。

 冒頭に登壇したのはマイクロソフト 執行役 ホーム&エンターテイメント担当 Xbox事業本部長である泉水敬氏。泉水氏はまず、約1年前に市場投入したXbox 360が2006年末には全世界累計出荷台数1000万台に達する見通しであることに触れる。数字だけを見れば確かに立派だが、メインはあくまで北米や欧州であり、日本ではいまひとつブレイクできていないのも事実。泉水氏もこれについては認識しているのか、「日本における(Xbox 360の)展開は転換期を迎えている。これからの次世代ゲームに求められている進化は質的転換である」と語る。

photo

 ユーザーにとって重要なことは、どれだけ面白いゲームがあるのか? ということに尽きる。泉水氏もタイトルの重要性についてはこれまで何度も述べてきており、“次世代ゲームに求められている進化は質的転換”という言葉からも、その考えは揺らいではいないことが見受けられる。では、“日本における(Xbox 360の)展開は転換期を迎えている”この言葉が示す意味とは何なのだろうか?……ヒントは最近見かけるあのテレビCMに隠されていた。

「do!do!do!しようぜ。」の本当の意味

photo

 Xbox 360の販促キャンペーン「do!do!do!しようぜ。」。人気グループ「TOKIO」のメンバーが5人そろって出演するテレビCMを見た人は多いだろう。このCMソングとして使用されているのがTOKIOの「do!do!do!」だ。記者は「do!do!do!しようぜ。」の“do!do!do!”はCMソングから引用したものだと考えていた。だが、泉水氏は“do!do!do!”の本当の意味は、「do!Game」、「do!Choice」、「do!Live」というマーケティング戦略コンセプトの総称なのだと説明する。

 「do!Choice」とは豊富な選択肢によるパーソナライズを意味する。ここで泉水氏はそのひとつの具体例として、先日発表したXbox 360 コアシステムを挙げる。別売りのHDDを購入すれば、後からでも増設が可能となるなど、ユーザーの好きなタイミングでカスタマイズやアップグレードが行えるのが、Xbox 360 コアシステムの大きな特徴だ。泉水氏も「他機種にはないフレキシビリティを持っている」と力強く語るなど、まさに「do!Choice」を地でいく製品となっている。


photo

 なお、Xbox 360 コアシステムは、「PGR 3 - プロジェクト ゴッサム レーシング 3 - (Xbox 360 プラチナコレクション)」と「NINETY-NINE NIGHTS (N3) (Xbox 360 プラチナコレクション)」を同梱した発売記念パックが、2万9800円(税込)で発売される。これについて泉水氏は「Wiiよりも安い価格設定となっている」とコメント。年末に発売されるハードの中では、一番お買い得であることをアピールしていた。

 また、ブリーフィングではXbox 360 HD DVDプレーヤーの発売日が11月22日、価格が2万790円(税込)となったことが判明。Xbox 360 HD DVDプレーヤーは、Xbox 360とUSBケーブルをつなげるだけで、お手軽にHD DVDのコンテンツを楽しむことができるというもの。マイクロソフトのスタッフによるデモも実施され、Xbox 360ならではの機能として、再生中でもXbox ガイドを呼び出し、フレンドの状態の確認やビデオチャットを行いながら、映像を楽しめることなどが紹介された。

 このほか、Xbox 360 ワイヤレス ヘッドセット、Xbox 360 ワイヤレス レーシング ホイールなど、「do!Choice」を実現するためのXbox 360用アクセサリーが次々に発表。泉水氏は「ワイヤレスになることで、今までにない自由なプレイ環境が生まれる。インテリアの景観を損なうことなく、最適な環境で楽しんでもらいたい」と語った。

photo 泉水氏が持っているのがHD DVDプレーヤー
photo 実際にHD DVDコンテンツを使ってのデモが行われた
photo 既報のものが中心ではあったが、豊富なXbox 360用アクセサリーも紹介された

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」