ニュース
2006年09月23日 01時49分 更新

東京ゲームショウ2006:

「NINJA GAIDEN」最新作はPS3で。「DOA」生誕10周年の記念企画も進行中――テクモ プレスカンファレンス (2/2)

前のページへ 1|2       

 「DOAX2」以外にも、TeamNINJAが“究極の格好良さ”を目指し、プレイステーション 3用ソフトとして開発を進めている「NINJA GAIDEN Σ」が初公開された。ステージに登場したディレクターの早矢仕洋介氏は、本作の特徴として“次世代のアクションゲーム”、“グラフィックの進化”の2つを挙げる。また、ヒロインのレイチェルがプレーヤキャラクターとなる点にも触れ、「主人公のハヤブサにはない、女性特有のしなやかな動きを表現しています。もちろんハヤブサの新しい武器やアクションも多数追加しています」と語ってくれた。

photo 早矢仕洋介氏
photophoto 「NINJA GAIDEN Σ」スクリーンショット

 このほか、Wiiのロンチタイトルである「スイングゴルフ パンヤ」や、テクモとゲームポッドが共同で進めるオンラインゲームプラットフォーム「LieVo」についても、改めて紹介が行われた本カンファレンス。決してタイトル数は多くないが、それは量よりも質を重視していると考えることもできるだろう。今後のテクモのラインアップにぜひ期待していただければと思う。

photo 「スイングゴルフ パンヤ」プロデューサーの菊地啓介氏自らがデモプレイを実施。「キャラクターごとのストーリーモードなど、たくさんの要素を詰め込んで、面白さ満載です。必ず良いものに仕上げますので、楽しみに待っていてください」とタイトルをアピールした
photo 次世代型オンラインゲームプラットフォーム「LieVo」についてはプロジェクトリーダーの佐々木憲太郎氏が説明。10月10日のオープン時に新規会員となった人に、もれなくゲームアイテムがプレゼントされるキャンペーンを実施することなどが明らかにされた
photo 「LieVo」で提供されるタイトル「WarRock」のプロデューサー河野順太郎氏は、クローズドβテストを11月10日より開始予定であることを発表し、「いろんな人が、いろんなレベルで、いろんな形で楽しむことができるものになる。オンラインアクションをやってみたいという人は、ぜひクローズドβテストに応募してください」と語った

photophotophoto 「モンスターファームオンライン」に関しては、エグゼクティブプロデューサーの原尾宏次氏(写真右)が紹介を行う。とは言え、まだゲーム内容について語れる段階ではないらしく、「(『モンスターファーム』は)来年で10周年を迎えますが、それに伴い大きく変えています。より“育成”に焦点を当てていると言えばよいのでしょうか。あまり詳しくは話せませんが、ヒントは“初代にだけあり、それ以降はなくなってしまったものがある”ということです」というコメントにとどまった

前のページへ 1|2       

[遠藤学,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.