マルチエンターテインメント戦略を見据えた幅広い作品群を一挙放出!――SNKプレイモア プレスカンファレンス東京ゲームショウ2006(1/3 ページ)

東京ゲームショウ2006のSNKプレイモアブースで、プレスカンファレンスが開催された。格闘ゲームメーカーという印象が強いSNKプレイモアであるが、どうやら今後は多種多様なハードやジャンルで活躍の場を広げていくようだ。一挙に放出された数多くのタイトルをお伝えしよう。

» 2006年09月23日 04時58分 公開
[仗桐安,ITmedia]

SNKプレイモアは、マルチエンターテインメント戦略を積極的に展開していく

 9月22日、東京ゲームショウ2006のSNKプレイモアブースの一角につくられた特設ステージで、SNKプレイモア プレスカンファレンスが行われた。まずはプレスカンファレンス開催にあたり、SNKプレイモアの代表取締役社長である外山公一氏からの挨拶があった。

画像 外山社長から「『リネージュ』で有名なNC ソフトとオンラインゲームの提携をすることが決まった。2007年中に7本の移植作品を予定している」という気になる発言が飛び出したが、詳細についてはこの場では触れられなかった

 外山氏は「現在のゲーム業界は、かつてのプレイステーション 2一極集中の時代から、ニンテンドーDS、PSPなどのモバイルゲーム機器の台頭、拡大するPCオンラインゲーム市場などによって拡散していっている。その流れのなかで、従来は業務用ゲームから家庭用ゲームの移植というケースが多かった弊社においても、マルチエンターテインメント戦略を展開していく」と語った。

 そしてSNKプレイモアが今後展開していく5大戦略についての説明があった。外山社長が提示した5大戦略とは

1:アーケード市場への再参入

2:次世代ゲーム機への参入

3:モバイルゲーム市場への参入

4:モバイルアプリ提供の強化

5:PCオンラインゲーム市場への参入

というもの。具体的なタイトルも交えつつ、これらの戦略概要が語られた。

画像 終始、冗談を交えて、楽しくトークしていた細谷氏

 その後、コンテンツ事業本部長である細谷壮一郎氏が壇上に登場。司会の女性とともに、各タイトルの紹介をしていくメインナビゲーターとして、軽快でユーモアたっぷりなトークを披露していた。以下にここで情報が公開されたタイトルをスペシャルゲストらのコメントとともに列挙していこう。

ニンテンドーDS

「SNK VS. CAPCOM カードファイターズDS」

画像

 まずはSNKプレイモアのニンテンドーDS参入タイトルである「SNK VS. CAPCOM カードファイターズDS」だ。「ニンテンドーDSというプラットフォームはファミコンの登場以来ひさしぶりにユーザーをゲームの原点に戻してくれるハード。あえて格闘ゲームではなく、ファン層を拡大するために新機軸を打ち出してみた」と細谷氏。ここでプロデューサーのFALCOON氏が登場。

画像 おなじみFALCOON氏。複数のプロジェクトが進行していて最近はかなり多忙だ、とのことだった

 FALCOON氏は「うちがSNKだったころにネオジオポケットで出たカードファイターズの新作。ゲームシステムの一部は前作をひきずっているが、システムをかなり改めたし、キャラクターイラストなどもすべて一新している。登場するのはカプコンキャラ、SNKキャラ合計で400キャラ以上。ニンテンドーDSで変わったところは、やはりタッチペンで感覚的にカードを扱えるという点。遊びやすいものに仕上がっている」とのこと。最後に「今年の年末に向けて面白いゲームにしていきますので、よろしくお願いします!」と笑顔で語ってくれた。


画像画像画像 あのカードファイトがニンテンドーDSで帰ってくる!

「電子メイド手帳 恋のいろは」

画像
画像

 「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」で登場したメイドキャラのいろはをフィーチャーした作品。スケジュールをいろはに管理してもらいながらメイドとして育てるゲーム。スケジュールツールとしても使えるというユニークな作品だ。

画像 メインイラストレーターのたっくん氏が登場。「普段は家にこもってイラストを描いてばかりいるので、人前に出るのはひさしぶりなんです」と若干緊張気味だった

 メインイラストレーターのたっくん氏は「いろはの衣裳は100くらいはある。かなりのバリエーションを用意しています。いろはは最初プレーヤーのことをまったく知らないが、自分次第で自分色のメイドさんに育てあげることができる。自宅や会社などでスケジュール管理をしながら、自分の隣に常に置いてもらえるようなタイトルにしたい」と、話していた。

「どきどき魔女裁判(仮)」

画像

 「魔女裁判」と聞くとちょっと物騒な印象だが、実際のゲームキャラはポップでかわいらしいものになっている。ちょいワルなダーティヒーローのアクジくんが、天使のルルに頼まれて人間社会にひそんでいる魔女を探す、という内容。

画像 プロデューサーの松本佳靖氏が、ゲーム内容を説明してくれた

 「魔女はどうみても人間にしか見えない姿をしている。さまざまな方法で魔女を見つける必要がある。怪しいところをタッチして魔女を探す、というゲームです」とはプロデューサーの松本氏。「魔女裁判モードでは、体をタッチしてドキドキさせることで魔女の証である紋章が浮かび上がる。紋章が浮かび上がったら、つかまえることができる」「魔女側もバレたくないので、主人公に対して罠を仕掛けてくる。一筋縄ではいかない」「アクジくんはちょいワルキャラ。言葉遣いもちょっと乱暴な一風変わった主人公」「逆パンダというキャラが気に入っている。絵を描いてて反転したらできあがったという偶然の産物なんです」と、いろいろなエピソードを語ってくれた。

 最後に松本氏は「SNKプレイモアとしてはかなり異質なタイトルだと思う。でもSNKイズムはちゃんと入っているのでファンに遊んでほしい。やり込み要素はかなり多い。キャラデザインがかわいいので、男性だけでなく女性の方にも手にとってほしい」と締め括った。

画像画像 魔女かどうかはタッチしなくてはわからない。どこをタッチすればよいのか、迷ってしまいそうだ

「キミの勇者(仮)」

画像 現在開発中の新機軸タイトルだ

 「どきどき魔女裁判(仮)」同様に松本氏が手がける作品。松本氏いわく「最近は、忙しくて時間がないからRPGができないけど、RPGのようなこってりしたゲームが本当は遊びたい、というユーザーが多いと思う。そんな人のために30分で遊べるゲームにする。30分の大冒険というのがテーマ。電車のなかでも寝る前でもちょっとした時間で勇者気分を味わって楽しめるというものになる予定」、「勇者は剣とか斧ではなくて鍵を使って敵を倒す」「空を感じさせるビジュアルイメージがあり、2画面を広く使った戦闘を用意している」とのこと。

画像 主人公は鍵で戦う。いったいどんなバトルが展開するのだろうか。続報を待ちたい

 「企画段階から手応えがあるゲーム。軽い気持ちで冒険に繰り出せる楽しいゲームにします」と意気込みを語った。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」