ニュース
2006年09月23日 04時58分 更新

東京ゲームショウ2006:

マルチエンターテインメント戦略を見据えた幅広い作品群を一挙放出!――SNKプレイモア プレスカンファレンス (3/3)

前のページへ 1|2|3       

アーケード

「KOFマキシマムインパクト レギュレーション“A”」

画像

 KOFマキシマムインパクトシリーズ最新作は、なんとアーケードで登場。家庭用ゲームから業務用ゲームへ、という逆移植パターンだ。今回の注目トピックはアッシュ・クリムゾンの参戦。3D化されたアッシュはどんな動きを見せてくれるだろうか。

 ここでFALCOON氏が再び登場。「大きな変更点はアーケードだということを考慮にいれて3対3のバトルにしたこと。2Dファンにも3Dを遊んでほしいので、そのあたりの調整をがんばっているところ」、「ゲームセンターでいよいよMIが遊べます。お近くのゲームセンターで見かけたら、ぜひ遊んでください!」と気合いも十分だった。

「サムライスピリッツ閃」

画像

 サムライスピリッツがいよいよ3D格闘ゲームになる! という注目のタイトル。

画像 どことなく侍風な印象のある児玉氏。新生サムスピに期待大だ

 サムライスピリッツ閃のプロデューサーで有限会社K2の児玉光生氏が登場。児玉氏は知る人ぞ知る“KOF94をつくった人”だ。「独立する前にSNKにお世話になっていたので、今回この企画が実現した」と児玉氏。「元々が2Dだったものを3Dにする作業で苦労している。3Dならではの駆け引きが楽しめるようになる」とのこと。「今私がこうしているあいだも、スタッフたちは胸倉をつかみあいながら、まさに格闘しながら、がんばって製作にはげんでいる。みなさん、応援よろしくお願いします」とコメントを残してステージをあとにした。

「ザ・キング・オブ・ファイターズ XII」

画像

 今回はステージに設置されたスクリーンにおいても、ロゴしか発表されない、という開発途上段階だったKOF最新作。来年の稼動に向けて期待は高まる。

 アーケードプロジェクト アートディレクターのノナ氏を招いてのトーク。「開発状況はやっと今おぼろげながら形が見えてきたところ。まずまず順調」とのことだったが「10年使ってきた今までの各キャラのドット絵をすべて捨てて、今回は一からグラフィックを起こしている」という衝撃の発言も飛び出した。「スタッフ一丸となって開発している。最高の2D格闘ゲームをつくります!」というやる気みなぎるコメントがいただけた。

画像 グラフィックの一新、という気になる発言からも、ノナ氏の気合いが伝わってくる

 細谷氏も「2Dが進化して3Dというわけではない。2Dは2Dの進化があるはず。それを極めていこうというのがうちの信条です」と、やはりメインであるアーケードのKOFには並々ならぬ力が入っているようだった。

モバイルコンテンツ

 モバイルコンテンツでは、3つの軸が提示された。FOMAで人気の恋愛シミュレーション「デイズ・オブ・メモリーズ」は、SNKプレイモア初の恋愛シミュレーション。スロットパニックシリーズは「花盛」や前述した「球児」などのパチスロシミュレーターのモバイル版。最後にアクションゲーム。メタルスラッグやKOFなどが携帯電話のアプリとして稼動中だ。

 これら大量の作品群が短い時間で、まさに放出するかのごとく紹介され、プレスカンファレンスは終了した。最後に細谷氏は「従来は業務用から家庭用へという移植メインだったが、今後は多様化するゲームシーンに対応していきたい。新規ファンを獲得したいという考えもある。次世代機もみすえていきたいと思っている」とのこと。

 今、SNKプレイモアは積極的なマルチプラットフォームメーカーとして変貌を遂げつつある過渡期なのかもしれない。今後のSNKプレイモアからますます目が離せなくなりそうだ。なお、ここで紹介されたタイトルの多くはSNKプレイモアブースでプレイアブル出展されているので、ご来場の際は、ぜひぜひ触れてみるといいだろう。

前のページへ 1|2|3       

[仗桐安,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.