ニュース
» 2006年09月25日 02時52分 公開

「台湾ゲーム館」ブースリポート

毎年ちょっと気になるタイトルが並ぶ、「台湾ゲーム館」ブース。今年は出展企業数も盛り返し、新規タイトルらしき看板がチラリと覗く中を取材してきた。

[麻生ちはや,ITmedia]
画像

ここ数年、毎年必ず出展している台湾ゲーム館だが、昨年の2005TGSではわずか3社のみ。今年はどうなるかと実は思っていたのだが、また勢いを取り戻したのか計10社が出展し、実機が置かれたメーカーのブースはそれなりに賑わっていた様子である。昨年出展されていた「曙光online」は今年「ホーリービースト」の名で国内でもサービスが決定しており、今回も“掘り出し物”を探して巡った気になるブースをいくつかピックアップでお伝えしよう。

Wayi、2007年度の主力コンテンツは「81Keys Online」

画像

 Wayiの担当者いわく、2007年の主力コンテンツとして今一番力を入れているタイトルが「81Keys Online」だ。

タイトルの通りバックストーリーには「鍵」の存在が関わっており(実際にゲーム内に鍵が存在するわけではない)、これを巡って行われる国同士・種族間のRvRやギルド戦が組み込まれている。

 ブース内では実際に戦闘やスキルによる変身、キャラクター作成画面などを見せてもらったが、小さな妖精のような種族が変身によって2倍近くのサイズになったり、逆にモンスターを小粒にしてしまうユニークなスキルなど、眺めているだけてもなかなか楽しい動きだ。

画像画像画像 プレイヤーキャラクターは3つの種族、ヒューマン/ワタ/ルルアンタから選べる

 対象ターゲットは意外にも15歳〜26歳の女性ユーザーで、ライトユーザー向けにロースペックのノートPCでもプレイ可能。完成度は既に80%で、台湾では11月にクローズドβテストを開始し、2007年1月にオープンβが行われる予定だ。なお、日本でのサービス展開へ向けて既にパブリッシャーと具体的な交渉に入っているとのこと。次回同タイトルを目にする時には、もしかしたらローカライズされたバージョンかもしれない。

画像画像 (左)スキルツリー画面。スキルポイントを任意に割り振るタイプだ(右)種族固有のスキルで巨大化したルルアンタの男の子

日本支社の設立も既に決定。第一弾は「Fantasic Melody」になるのか?

画像

 WINKINGは現在開発中のMMORPG「Fantasic Melody」のムービーのみを公開。今年のE3およびChainaJoyにも同じムービーが流れていたのだが、念のために開発の進行具合を尋ねてみたところ、特にターン制戦闘と戦闘時のエフェクトに関して、7割〜8割ほど進んだとの話だ。

 2006年末のクローズドβを予定しているが、これは北米・欧州・タイを対象とした展開ゆえに、まず配布されるのは英語版のデモとなる。実は2006年末には日本支社が設立され、このFantasicMelodyを始め、カジュアルゲームを含む数本を引っさげて日本のオンラインゲーム市場への参入を考えているのだとか。こちらも次なる最新情報を耳にするのは、そんなに遠い話ではなさそうだ。

画像画像

UserJoy Technology、「Angel Love Online」の滑り出しは好調

画像

 「幻想三国誌」の開発元として知られるUserJoyは、MMORPG「AngelLoveOnline」を展示。この東京ゲームショウの期間中にも発表されたが、キューエンタテインメントが日本での配信権を獲得。マーケティングパートナーのNHN Japanが、同社の運営するゲームポータルサイト、「ハンゲーム」上で配信する予定だ。

 実は2006年2月に開催されたTaipei Game Showで、筆者がUserJoyのブースを訪れた際には、Angel Loveはムービー公開のみで完成度は70〜80%という話であった。台湾では正式サービスが8月の後半にスタート、9月5日にはアイテム課金も開始され、同時接続者数5万人という人気タイトルになっているようだ。日本での展開については、独自アイテム・MAP・ゲーム内イベントなども企画中だと言う。

 また、ブースには日本ファルコムから間もなく発売される「幻想三国誌II」のパッケージが。ついでにこれまたTaipei Game Showで見かけた「幻想三国誌III」に関して質問を投げてみたが、台湾では2007年1月の発売が決定しているので、ローカライズされるのは当然もう少し後になりそうとのこと。シリーズ同様に日本ファルコムが発売元となるかどうか……は未定だ。

画像画像画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた