ニュース
2006年09月27日 18時26分 更新

「みんなのGOLF 5」開発者インタビュー:

あと1年、PS3でどこまでできるか。まだまだ実験段階 (2/2)

前のページへ 1|2       

――ところで、プレイステーション 3ではネットワーク機能が大きな柱になっていますが、「みんGOL 5」でもネットワーク機能は取り込んでいく予定ですか?

画像

池尻氏 もちろんネットワーク機能は取り込んでいかなければならないと思っています。ただ、現時点ではどうするか未定です。例えば、ネットワーク対戦はもちろん、ギアやボール、ウェアなんかのダウンロードも技術的には可能です。これらは、やろうと思えば「みんなのGOLF オンライン」でもできたことですし。ただ、課金システムが複雑になるということを懸念して、「みんなのGOLF オンライン」では最もシンプルな月額課金のみのシステムにしていました。とにかく、アイデアと入り口の広さ、バランスをどう取るかによって変わってくると思います。

――でも、プレイステーション 3が標準でネットワーク機能を持っているという点は敷居が低くなりますね

池尻氏 そうですね。プレイステーション 2のようにHDDを買ったりする必要がありませんし、「みんGOL」のためにネットワークの設定もやらなければならないということもありませんし。ただ、大会を開くにしても難しい部分はありますね。大会では参加者が多くても優勝できるのは1人だけですから、そういった楽しみだけではだめですね。これは「みんなのGOLF オンライン」をやったからこそ分かる反省点で、次やるならこう、というアイデアだけはいろいろありますので、今度はそういった部分を盛り込んでいけると思います。ただ、大変なこともたくさんありましたね

――どのような点が大変でしたか?

池尻氏 一般的な製品であれば、発売後に「バランスが悪い」とか「モードが少ない」と言われても手の出しようがないですが、オンラインだといくらでも変えていけます。ユーザーの声を聞いてそれをどんどん反映させていくというのは、非常に魅力的な要素であり、「みんGOLオンライン」でもユーザーの声を聞きつつルールや仕様を変えていくことにより、バランスのよいゲームになっていったと思うのですが、裏を返せば終わりがないということです。それだけをやっているならいいですが、「みんなのGOLF 6」とか「みんなのテニス」の続編であるとか、いろいろ作るべきものはあるはずですから、そのあたりのバランスをどう取るかがとにかく大変ですね。

――「みんなのテニス」は登場したばかりですが、今後もどんどん増ジャンルを増やしていく予定ですか?

池尻氏 クラップハンズの村守さん(クラップハンズ社長 村守将志氏)は、“みんなの”というくくりでいろいろなスポーツタイトルを出していきたいとおっしゃっていて、いろんなアイデアストックの中のいちばん完成度が高かったものがテニスだったわけです。とりあえず「みんなのテニス」が完成して、「みんGOL 5」に専念しつつ、次は何をしようか、と考えていくことになると思います。いろいろ考えていますよ。

――ところで、試遊している方々の反応はどうですか? わたしが見ていた限りでは、みんな楽しそうにプレイしていたように思いましたが。

画像

池尻氏 確かにそうですね。ほとんどの人が気持ちよく3ホールクリアしてくれて、途中で離れる人はいませんでした。感想を聞くと「おもしろいです」、「綺麗ですね」と言ってくれるので安心しますが、わたしたちはすでに見慣れていますし、まだできていない部分もたくさんあって、絵がきれいだと言われても素直にそう思えないんですよね。まだまだだな〜って思いながら(笑)。

――でも、コース全体を見渡せる広がりを感じるカメラアングルなどを見ると、素直にきれいで気持ちいいと感じます。

池尻氏 そこが一番違う部分ですね。村守さんは、“ゴルフ場の気持ちよさを家庭のリビングで”、しかも“簡単に遊べる”という「みんGOL」のコンセプトを立てて、そのコンセプトは最初の作品からぶれることなく続いています。もちろん「みんGOL 5」にも受け継がれます。

――では最後に、現時点での課題を教えてください。

池尻氏 やはり、難しそうに見えないように作るというところですね。表現力を上げてリアルにすればするほど、「みんGOL」らしくなくなりますから。例えば、あの表現力を持つコースには、リアル頭身のキャラのほうが似合うんでしょうけど、それでは「みんGOL」らしくなくなります。また、システムやルールが増えるとどんどん難しくなってしまって、テンポが損なわれてしまいます。本当はいろいろやりたいんですが。「みんなのテニス」でも、最初はたくさんのボタンを使うようになっていたのですが、最終的には非常にシンプルな操作体系に落ち着きましたし。これが“みんなの”シリーズの考え方ですので、それを「みんGOL 5」でもきちんと継承していくという点が課題でしょう。難しさを感じさせないように頑張る、ということですね。



前のページへ 1|2       

[聞き手:平澤寿康,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.