ニュース
» 2006年10月27日 02時35分 公開

なぜお姉ちゃんの露出が高めなのか?――「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」(1/2 ページ)

ハイデフになって斬った張った返り血浴びたと、なにかと話題の「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」の最新情報を掲載。今回は忌血の血族たる「ミザリー」と新要素について紹介しよう。ムービーも一部公開された。

[ITmedia]

 恐ろしいほどにクオリティを高めて帰ってきたシリーズ最新作にして最終作? 血みどろの剣劇アクションがXbox 360で進化を遂げた。本作「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」については以前から、主人公の「彩」やその腹違いの妹「咲」、そして殊部隊隊員の「アンナ」といったプレーヤーキャラクターを紹介してきた。

 本作の魅力は、穢れた返り血を浴びると“忌血”の力が解放され暴走状態に陥るも、攻撃・スピードともに上昇する能力をコントロールし、襲い来るゾンビたちを斬り落としていくその爽快感にある。運命に翻弄される2人の姉妹を中心に、進化したグラフィックによる剣劇が楽しめる。彩の2刀流やバイクへの搭乗、巨大ゾンビの来襲など、すべてが前作を凌駕している。

 ちなみに「なぜ、お姉ちゃん(特に彩)の露出は高めなんですか?」と質問してみたところ、「その方が相手の返り血をより多く浴びることができるからと言われていますが、その詳細は不明です」との解答が。なるほど、だとしたら合理的だ。ただ闇雲に露出させているわけではない。彩は忌血の力を解放するのに、ある程度の量を必要とするのだという。うん、すっきり!

ミザリー(CV:畑谷 明日香)
彩や咲と同じく、忌血を持つ血族の末裔。忌血の研究のため「組織」が接近した。「組織」と互いの利害の一致により手を組む。しかし、組織の長「卑魅虚」が忌血の力を手に入れ、強大になっていく様を見て、次第に心境の変化が……

側近衆
組織の長「卑魅虚」をサポートしつつ、あらゆる危機から守る秘書・執事、兼ボディーガードとなる直属の親衛隊(4人)。組織の科学技術により造られた人型ゾンビである。他のゾンビと異なり、高い知性と優れた身体能力を持つ。卑魅虚に対して、高い忠誠心を示す

本作からの新要素

「ドレスアップモード」

 本作では、「STORY」「FREE」などのゲームモードで集めたコスチュームパーツを使用し、自由にキャラクターをカスタマイズすることができる。普段露出度高めの彩やセーラー服の咲も、コスチュームによってまったくイメージが変わる。自分の趣味に固執するもよし!



「ビューモード」

これはビューモードではないけど、いろんな角度から見られる

 キャラクターモデルを自由に鑑賞できるモードが「ビューモード」。スティックによるカメラ操作でキャラクターを様々な角度から確認することができる。好きなモーションを指定してキャラクターの動きやボイスを確認することも可能だ。なぜ確認しなくちゃいけないかって? 野暮なことは考えてはいけない。

プレイ補助アイテム「腕輪」

さまざまな効果が

 本作ではゲームを進め、ある条件をクリアすると異世界のようなステージへと到達することができる。そのステージをクリアすることで、さまざまな種類の「腕輪」を獲得するのだが、腕輪を装備すれば、プレイをするのに補助的効果を得られるという。例えばクールコンボの入力タイミングを緩和してくれる腕輪など……。初心者にはうれしいアイテムの導入である。この腕輪はゲーム中いつでも装備変更することが可能だ。

新システム「見切り」&「カウンター」

周囲の時間がゆっくり流れる

 シリーズでおなじみの回避アクション(バク宙や、側転など)とは別に「見切り」という敵の攻撃をかわすアクションが追加される。敵の攻撃に合わせて、ボタンをタイミング良く操作することで敵の攻撃を見切る事ができるというのだ。見切りが成功すると、その間スローモーション状態となり、敵の攻撃をかわすことができる。この時に素早く攻撃ボタンを押すことで、強力な「カウンター」攻撃が発動する。

返り血カラーエディット

赤い血が苦手なら変更も

 本作はゾンビの腕が首が胴体がバラバラと切り刻まれ、返り血が飛び散る内容となっている。やはり、真っ赤な鮮血に弱いプレーヤーも多いだろう。そこで返り血の色をプレーヤーが、プリセットカラーの中から変更することができるようになった。紅い血が嫌な人は切替で青や緑に……?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」