連載
» 2006年11月15日 13時39分 公開

「いっき」はもしかしたら、本当に“神ゲー”かもしれないゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/2 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ブサイクランキング殿堂入り

 3面は屋敷の塀を挟んでの攻防となり、4面で遂に屋敷の中に潜入。複雑にめぐらされた塀や、屋敷内の屏風をうまく利用して、敵の攻撃をかわすのだ。

 だが敵も強力だ。まず悩まされるのが赤い忍者。何しろ速いのだ。こちらが気づく前に、いつの間にかやられていることも多い。

画像 赤い彗星うんぬんは、「ゲームセンターCX」で有野さんが言ってたから、ここでは書かない

 点滅しながら突然現れる忍者も怖い。点滅している間は無敵なのだ。この忍者が出てきたら、いつ手裏剣を投げるか、注意して見ていなくてはならない。

 また、2面にいる鉄砲隊は、動かないから、ただの背景にしか見えない。鉄砲が狙っている方向に小判があるので、素早く取りに行く必要がある。


画像 妖怪の姿はさまざま。フィールド上の地蔵などに触れると離れていく。とりつかれている間も、竹ヤリでの攻撃は可能

 そして「いっき」の中でも特にキツい敵キャラクターが、妖怪と腰元である。

 妖怪につかまると、鎌を投げられなくなってしまう。とりつかれている間は、忍者が来たら逃げるしかない。

 しかも妖怪は、鎌でも竹ヤリでも倒せない。しかも塀をすり抜けられる。しかも権べ(田吾)がやられても、次の権べ(田吾)にとりついたままなのだ。


画像 フット岩尾さん似の女性に抱きつかれるという図をリアルに想像すると……ガクガクブルブル

 その妖怪よりも、ある意味恐ろしいのが、腰元である。

 パッケージやROMカセットのイラストにも描かれているキャラクターだが、何というか、……いかりや長介さんと、車だん吉さんと、フットボールアワー岩尾さんを、足して3で割ったような顔をしている。

 この腰元が、なぜか権べ(田吾)に恋をして、つかまえようと迫ってくるのだ。

 腰元につかまると、しばらく動けなくなってしまう。鎌を投げて忍者を倒すことは可能だが、その前に手裏剣を投げられるとどうしようもない。

 そしてこの腰元も、妖怪同様、不死身なのだ(まあ、妖怪みたいなもんだが)。

 敵キャラクターはもう1人いる。諸悪の根源、悪代官だ。

 悪代官自身は攻撃してこない。体当たりするとつかまえることができ、それでそのステージはクリアとなる。

 ……と書くと、このゲームの最終ボスみたいだが、なぜか悪代官は、代官屋敷の奥にいるとは限らない。普通に2面あたりをうろうろしてたりする。

 しかも代官をつかまえた後も、なぜか権べ(田吾)は帰ろうとせず、屋敷のさらに奥へと入ってしまうのだ。代官よりも小判優先なのだろうか?

画像 悪代官というより、バカ殿っぽい顔である。ひょっとしたら権べ(田吾)は、彼が悪代官その人であることに、気づいてないのではないか?
画像 フィールドには、権べ(田吾)を助けるアイテムが落ちている。大根を取るとスピードアップ。また、葉っぱを取ると分身の術が使えて、しばらく無敵になる

アクションゲームの転換期に発売されたのが不運

 「いっき」にとって不運だったのは、ファミコン版が発売されたのが、「スーパーマリオブラザーズ」より後だったことだ。

 「いっき」のファミコン版発売は、1985年11月28日。「スーパーマリオブラザーズ」は同年9月13日だ。2カ月以上後ではさすがに、全部で4ステージというのは“短い”と思われても仕方がないか。

画像 現在の得点よりも、それまでのハイスコアのほうが、目立つ位置に表示されている

 しかし「いっき」は、面クリアーするゲームというよりも、ハイスコアを競うタイプのゲームといったほうがいいと思う。そう考えると、ステージが4つしかないのも、多少は納得できるのでは……。

 だとすると、ストーリーもそれほど重要ではない。だから、道端に落ちている小判や、うろうろしている悪代官など、物語のつじつまが合わなくなることは承知の上で、得点を稼げるフィーチャーを増やしたのではないかと考えられる。


画像 おにぎりが、絶対取れない場所に飛んでくることもよくあるけれど

 ボーナス点を得られる「チャレンジステージ」もその1つだ。フィールド上の煙を取ってステージクリアすると「チャレンジステージ」に突入。投げられたおにぎりを10個全部取ると高得点だ。

 しばらくプレイしているうちに、わたしもだんだん「いっき」をおもしろいと思えるようになってきた。

 なぜなのかはよくわからないが、多分、慣れたら慣れたなりにプレイしやすくなる難易度や、多少の不条理は笑って許せるような、ゆるい世界観がいいのだろう。

 やっぱり「いっき」は、“神ゲー”なのかもしれない。

萌え要素を加えて今年復活!

 「いっき」以外にも、「溜池Now」で取り上げるために、前もってプレイしたゲームがいくつかある。

 その中で、バンゲリングベイ、ボコスカウォーズ、カラテカなどは、もしかしたら“神ゲー”かもしれないとわたしは思った。短い時間では理解しにくいが、深くやりこむとその魅力がわかってきそうな気がするのだ。

 まだほかにも、昔ちょっとだけやって挫折したけれど、今またプレイしてみたら、違う視点から見られるゲームがありそうだ。これを機会に、ほったらかしにしていたゲームをもうちょっとやりこんでみたいと思う。

 ……もっとも、あまりに難しくて、昔より進めなくなってしまったゲームも数あるけれど。

 今年、携帯電話(ソフトバンクモバイル、au)用アプリとして、「いっき萌バイル」がリリースされた。

 「いっき」と比べると、手裏剣のスピードが遅くなっていたり、小判の位置が「ラリーX」のようなレーダーでわかるようになっていたりと、オリジナルの雰囲気を残しつつも、より遊びやすいゲームになっている。

 ステージは全7面で、ゲームオーバーになってもコンティニューが可能。街へ行くと、集めた小判を支払うことで、ミニゲームが楽しめる。スロットや神経衰弱のほか、おにぎり取りも収録されている。

 また、小判でトレーディングカードを買うこともできる。ゲーム本編は短いものの、このトレカをコンプリートさせたいがために、何度もプレイして小判を集めてしまうのだ。

 ……つーか、集めた小判を村の人々に渡さず、ギャンブルやトレカ収集に使ってしまうというのは、もう完全に「一揆」じゃないと思う。

 でも、ストーリーのつじつまにこだわらない、そんなおおらかさが、いかにも「いっき」らしいと言えるだろう。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10