ニュース
» 2006年11月27日 16時17分 公開

奥菜恵さんも心にしみた相田みつをの世界 (2/2)

[今藤弘一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 そして発表会に登場した奥菜恵さん。「18歳か19歳の時に仕事上で壁にぶち立っていたとき、そのころの親友が相田みつをさんの本を紹介してくれて出会ったのがきっかけ」だそうだ。相田みつをさんの書に触れることで、精神的にずいぶん楽になった、と奥菜さん。

画像画像

 会場では、実際に奥菜さんによるデモプレイ? も行われた。題材はもちろんタイトルにも使われている「ひとり しずか」。人前で書くことに緊張していたようだが、その作品のできばえはいかに!?

画像画像画像 「見つめられているので“1人静か”って感じじゃないですね(笑)」と奥菜さん

 相田みつをさんの書に近く書けると☆がもらえるのだが、奥菜さんは☆2つ。結構優秀だ。

 「墨のしみ具合もリアルに体感できるのでいいですね」と奥菜さん。最近ニンテンドーDSを手に入れたそうで、ソフトはまだ「えいご漬け」しか持っていないとか。もう1本のソフトとして「こころに染みる 毛筆で書く 相田みつをDS」を楽しみたいと語っていた。

画像 左から相田一人館長、奥菜恵さん、アーテイン代表取締役社長の成島康之氏
こころに染みる 毛筆で書く 相田みつをDS
発売予定日 2006年11月30日
対応機種 ニンテンドーDS
価格(税込) 3990円
ジャンル 書画
プレイ人数 1名
対象年齢 A(全年齢)
(c)2006 ERTAIN Coporation.
(c)Mitsuo Aida Museum


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.