ニュース
» 2006年12月12日 15時54分 公開

「ドラゴンクエストIX」ニンテンドーDSで登場

スクウェア・エニックスは、今年生誕20周年を迎えた「ドラゴンクエスト」シリーズの新作発表会を開催。ニンテンドーDSで「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」を制作していると発表し、さらなる冒険を提供することを約束した。

[加藤亘,ITmedia]

 スクウェア・エニックスは、今年生誕20周年を迎えた「ドラゴンクエスト」シリーズの新作発表会を本日12月12日、パークハイアット東京で開催。シリーズ最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(以下、ドラクエIX)をニンテンドーDSで開発していることを公表した。

 2006年12月28日にはニンテンドーDSで「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」が、2007年には任天堂の携帯ゲーム機家庭用ゲーム機Wiiに対応した「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」の発売が控えている。2007年中には今回のナンバリングタイトルが新たなドラゴンクエストのラインアップに加わることになる。


 発表会では広がるドラクエワールドとして、アーケード用のカードゲーム機「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」の開発も発表され、2007年夏には全国のアミューズメントスポットにお目見えすることも明かされた。

右から開発を担当するレベルファイブの日野晃博氏。音楽を担当するすぎやまこういち氏、ゲームデザインの堀井雄二氏、そしてプロデューサーの市村龍太郎氏

 発表会には「ドラゴンクエスト」シリーズではおなじみのゲームデザイナー・堀井雄二氏や作曲家のすぎやまこういち氏が登壇。スクウェア・エニックス代表取締役社長 和田洋一氏などが挨拶に立ち、シリーズが20年続いたことへの感謝と、今後の展望についてコメントした。

 登壇した堀井氏は、最新作「ドラクエIX」はニンテンドーDSならではのワイヤレス通信機能を生かし、ひとつの世界をひとりだけではなく、本当の“仲間”といっしょに冒険する“ネットワーク体験”の醍醐味も実現すると特徴を述べた。4人までのネットワーク対戦が可能。上映された映像では、着せ替え機能や徘徊する敵との戦闘なども見ることができた。「そして、ボクたちは天使と呼ばれていた」というキャッチコピーと、雲海に浮かぶ古城からこぼれ落ち、タイトルロゴにもあしらわれた果実が印象的だった。

左が和田氏、右が岩田氏。「ドラクエIX」がDSで発売されることになった件について、あくまでも多くの人に触ってもらうために選択しただけで、自然な流れだったと、シリーズ当初からの一貫したコンセプトに基づいてのことと和田氏

 会場には特別ゲストとして、「ドラゴンクエストVII」からテレビCMに出演しているSMAPの草K剛さんが来場。開発途中の本作を実際に手に取り、堀井氏とすぎやま氏、日野氏との4人協力プレイを体験した。会場に来賓として招かれた任天堂代表取締役社長の岩田聡氏と和田氏による質疑応答も行われた。

 詳細については追って掲載する。

(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVEL-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」