「サクラ大戦・全曲集 2002〜2006」発売記念トークイベント「前夜祭」開催

「サクラ大戦・全曲集 2002〜2006」の発売を記念して、トークイベント「前夜祭」が東京・池袋にある「Sakura Cafe」で開催された。

» 2006年12月13日 02時26分 公開
[今藤弘一,ITmedia]
画像

 トークイベント「前夜祭」には、「サクラ大戦」の楽曲を作曲した作曲家の田中公平さんをはじめ、日烽フり子さん(エリカ・フォンティーヌ役)、小林沙苗さん(ジェミニ・サンライズ役)、陶山章央さん(大神一郎役)、菅沼久義さん(大河新次郎役)が出演した。イベントは終始和気あいあいで、笑いの絶えないものとなった。

 イベントは、あらかじめ観覧希望者から募った質問に答える形で進行。「いままで歌ってきた中で一番心に残る曲は?」との質問に日烽ウんは「心に残る曲はいっぱいあるんですが、わたしはエリカなので、一番エリカらしい曲ということで考えると『涙よ、Au revoir』が好きですね」とコメント。「この歌にはすごく思い出があって、わたしぜーぜーいいながら歌ったんですが、『わたしいっぱい、いっぱいー』というフレーズで公平さん(田中氏)が、『そんなにいっぱいいっぱいならがんばんなきゃいいのにねー』と連れてきたお子さんにいっていたりして(笑)」(日烽ウん)。

 小林さんは「すべてが大変なことだらけで印象にたくさん残っているんですが、『サムライ魂』が一番最初に歌った曲なので印象に残っていますね。これから始まるんだなという期待と不安が詰まっていて」とか。「田中公平さんの曲は、聞いているとすごくいいメロディでいいんだけど、いざレコーディングになると自信をなくす(笑)」(小林さん)。日烽ウんも「なかなか歌いづらい音階があったんですが、その次の歌にも同じのが入っていて、『歌えないでしょー。これ日烽フ苦手な音階だから』(笑)」。これに対して田中さんは「これから歌手としても行くんだから、歌えない音階があるとまずいから(笑)」。

 陶山さんは「セリフの部分にも気持ちがこもるので、『君よ花よ』かなとも思うんですが、『甲板フラフラ』を10年間歌い続けているのでそれかな」とか。でもそこで田中さんに「全曲集のブックレットには『見よ暁に!』って書いてあったよ(笑)」と突っ込み、場内の笑いを誘う。陶山さんは「歌いたいジャンルの曲かな、と思うんですよ(笑)」と返すと、日烽ウんから「なんてフレキシブルな人なんだ。楽屋では『君よ花よ』が好きだ好きだっていってたよね」とまた突っ込まれる。

画像 前列左から田中公平さん、日烽フり子さん、小林沙苗さん、後列左から菅沼久義さん、陶山章央さん

 菅沼さんは「今のところ2曲しか歌っていないので、両方とも思い出深いんですが、最初の時には公平先生から『まだまだだね。ボイストレーニングをしていけばうまくなっていくよ』というお話をいただいて、次の時にはすごく緊張したんですが、そのときには『うまくなったねー』と言われて、楽しく歌うことができました」とか。田中さんも「『レビュウショウ』の時にもどんどんうまくなっていった」と語る。

 田中さんは「こういう質問の時には、全部自分の子どもなんで優劣はつけない、とコメントするんですが、やっぱり“檄帝”(檄!帝国華撃団)と『花咲く乙女』かな。12年前くらいに、広井さん(広井王子氏)と2人で一番最初にこの2曲を書いて、それを初めてレコーディングしたんですね。この曲がみんなの心に残ってくれたおかげで、ここまで続けてこられたので、やっぱりそうかな、と」話す。

 「持ち歌以外に歌ってみたい曲」という質問に日烽ウんは「巴里華撃団にはパリらしい曲がいっぱいあるんです。わたしには回ってこないんですが(笑)」と言いながら、ロベリアとグリシーヌが歌う「モンパルナスの夜」が好きだそうだ。そのほかには「月夜の森へ」をあげていた。「まあ、キャラクターの性格ですのでそういう歌が回ってくるのはしょうがないんですね」と田中さん。小林さんは「今年の3月に紐育華撃団でショウをやらせていただいたときに『あなたとならば 〜アラウンドザワールド〜』に出たいと思っていたんですが、みんなで楽しそうというイメージがあったので。それに先日歌謡ショウ ファイナル公演に出させていただいたときには、“檄帝”ってすごくいい曲だなと思いました」とコメントした。ちなみに陶山さんは「地上の戦士」、菅沼さんは「君よ花よ」だそうだ。ただし「新次郎バージョン」を想像したとかで、日烽ウんは「絶対そう思ってた。陶山くんを下ろして自分がって(笑)」と、ここでも大爆笑が起こる。

画像

 全曲集の聴き所について、「ここに集ってくれている人は、サクラ大戦の長い歴史をずっと見続けてきてくださっている人。演じているわたしたちと同じように思い入れがあると思います。この曲を聴きながら、あのときの舞台や感動を思い出して楽しんでくれたらいいですね」と日烽ウん。小林さんは「“紐育”の曲だけはなく、“帝都”や“巴里”の曲もたくさん入っていて歴史を感じました。1つ1つに物語があるので、じっくり聴いて、大切にしてください」。陶山さんは「1曲1曲かみしめて、一生そばに置いて大事にしてください」、菅沼さんは「わたしはすでにもらっていて、すでにミュージックプレーヤーに入れているんですが、皆さんも同じようにして聴いてくださると思います。なので初詣の待ち時間などでも聴いていただければ」。

 田中さんは「帝都からのファンの方、巴里からのファンの方、紐育からのファンの方と、新しい人がどんどん増えていくんですが、全曲集を買うような方は、ものすごくコアな人が多い。すでにCDを持っているんでしょうけど、それにもかかわらず愛蔵版として買っていただける。最初は新曲なし、という企画だったんですが、それはどうしてもよくないと思い、セガさんに頼んで2曲入れました。そこでヒロイン3人での曲が入った。本当は(紐育まで含めて)全員、というのをやりたかったんですが、今回は無理だったのでそれを今度は作りたいですね。10年以上のおつきあいの人もいると思うので非常にうれしいです。サクラ大戦というバーチャルの物語、曲の中にいろいろな人生が詰まっているわけですが、それを聴いて感じ取る気持ちがあれば、それはバーチャルでなく現実のものだと思います。皆さんついてきてくれてありがとうございました」と最後にコメントした。

画像画像画像

サクラ大戦・全曲集 2002〜2006
発売日 2006年12月13日
品番 WWCE-31131〜8(8枚組)
価格(税込) 1万8900円
企画監修 レッド・エンタテインメント
制作 ウェーブマスター
製作 セガ
発売元 ウェーブマスター
販売元 エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」