連載
» 2006年12月15日 20時04分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:1チップMSX発売記念! 「ザナック」、「アレスタ」 (1/3)

1チップMSXがようやく発売された。それを記念して今回は、MSXでコナミとともに大きな存在感を示した、コンパイルのゲームを取り上げてみよう。ファミコンディスクシステムでも好評を博したシューティングゲーム「ザナック」と、そのシステムを受け継ぐ「アレスタ」だ。

[ゲイムマン,ITmedia]

一般販売が始まった1チップMSX

 「1チップMSX」が遂に発売された。

 以前「パロディウス」の回でも解説したが、MSXは1983年にスタートしたパソコンの統一規格だ。松下電器やソニーなど複数のメーカーから、MSX規格にのっとったパソコンが発売された。

 1985年には、主にグラフィックを強化したMSX2規格のパソコンが作られるが、当時のPCではNECのPC-8801、PC-9801が強く、また家庭用ゲーム機ではファミコンが強かった。結局その二大勢力に押されてしまい、MSXハードの発売は、1991年のFS-A1GTが最後となってしまう。

 しかし、その後もMSXのファンは、ゲームの開発やイベント開催などの活動を行なってきた。そのことが今回の1チップMSXの発売につながった。

 なお、CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)の小冊子「テレビゲームのちょっといいおはなし・2」に、MSXの歴史が詳しく記されている。CESAのWebサイトから、PDFファイルで読むことができる。

 1チップMSXが2005年に発表され、予約を受けつけていたときは、MSX1仕様で、ROMカートリッジスロットも1つだけだった。このときは、予約注文数が目標に達せず、いったん発売を断念している。

 しかしその後、MSX2仕様にグレードアップ。スロットも2つに増え、同時に2本のROMカートリッジを入れられるようになった。これで、ゲームの経過を途中セーブできる「コナミの新10倍カートリッジ」が使える。

画像 これが1チップMSX。スロットに挿してあるのは私が昔、ゲームの自動販売機「ソフトベンダーTAKERU」で購入したROMカートリッジ
画像 D4エンタープライズで体験させてもらった。電源を入れると懐かしのMSXロゴが

 かつてのMSXにはなかった機能もある。SDカードスロットがついているし、映像出力もビデオ端子・S端子に加えて、VGA端子がある。将来の拡張用に、USB端子もついている。

 MSXは、メーカーが供給を終了した後、ユーザーが独自に拡張を行なっていった。そうした動きも視野に入れ、MSXの時代にはなかった仕様も取り入れたという。

 予約の受けつけはすでに終了したが、12月11日から、一般販売が始まっている。D4エンタープライズのWebサイトでの通販のほか、いくつかの店舗でも販売が行なわれるらしい。

 さらに年末から年始にかけて、1チップMSX用ソフトが、「アミューズメントセンター」でダウンロード販売される。データをSDカードに記録することでプレイ可能だ。数十タイトルの供給が予定されているので、ROMを持っていない人でも、1チップMSXを十分楽しむことができるだろう。

 1チップMSXの購入者は、ソフトを1本無料でダウンロードできるそうだ。また、1カ月の期間限定で、MSX2版「アレスタ」が、無料ダウンロードできる予定になっている。

AIといってもドラクエIVではない

 「ザナック」はもともと、1986年、MSX1用に発売された、縦スクロールシューティングゲームだ。発売元はポニーキャニオンだが、開発したのはコンパイル。後に「ぷよぷよ」で有名になるコンパイルだが、それ以前は、この「ザナック」の成功により、シューティングゲームの開発メーカーとして、高い評価を得ていた。

 「ザナック」最大の特長は、8種類の特殊弾が使えることだ。

 最初から持っている「0番」のほかに、数字の書かれた地上物などを撃って、出てきたパワーチップを取ることで、1番から7番までの特殊弾を使用できる。

 また、「AI(人工知能)搭載」とうたわれた、“自動難易度調整機能”(ALC)も、このゲームの大きな売りになっている。発射した弾数や、地上物の破壊状況などによって、敵の出現パターンが変わるため、毎回新たな感覚でプレイできるのだ。

 MSX版「ザナック」は現在、D4エンタープライズが運営する「プロジェクトEGG」で、ダウンロード販売されている。

 プロジェクトEGGは、往年のMSXやPC-8801、PC-9801などのゲームソフトを保存して、Windows上でプレイできるようにしたサイトで、1980年代のパソコンゲームがダウンロードできる。

画像 MSX版「ザナック」の画面。プロジェクトEGGでダウンロードしたものを撮影
画像 制限時間内に要塞を破壊できないと、敵の攻撃が激しくなる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた