連載
» 2006年12月15日 20時04分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:1チップMSX発売記念! 「ザナック」、「アレスタ」 (3/3)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

アレスタにはパワーチップがいっぱい

 「アレスタ」は「ザナック」同様、パワーチップを取って特殊弾を使うシステム。ただし、プレイしたときの感覚は、かなり違う。

 その理由の1つは、パワーチップの数の違いにあると思う。「アレスタ」のパワーチップは、とにかく多いのだ。特に、通常弾用のパワーチップを持った敵が、しょっちゅう飛んでくる。

 「アレスタ」では、パワーチップを取った直後に、自機が一瞬無敵になる。実は「ザナック」もそうなっているのだが、「アレスタ」の方がパワーチップが多いので、この無敵時間を、より有効に使いやすい。

 特殊弾の種類もいくつか変更された。例えば2番は「ザナック」ではバリアだったが、「アレスタ」では、ため撃ちショットに変わった。ただし、ためている間は「ザナック」と同じ、前方バリアとなる。何発攻撃を受けても壊れないので、「ザナック」より使いやすい。

 ほかにも、レーザー(3番)やワイドレーザー(8番)といった、強力な特殊弾が新登場。しかし一方、敵の方もステージ1から、堅い敵が画面を埋め尽くすほど出現するようになった。

画像 「ザナック」では隠し武器だったレーザー。「アレスタ」では序盤から使える
画像 「P」と書かれたオレンジ色の物体が、通常弾用のパワーチップ

 その後、MSX2で「アレスタ2」が発売された。レイ・ワイゼンの娘、エリノアが主人公。オープニングで「エリノア・ワイゼン、発進します!」と声が出るのが印象的だった。

 以降は外伝的な作品が続く。メガドライブでは、和風のモビルスーツが自機となった「武者アレスタ」(1990年、東亜プラン)。後にメガCDで「電忍アレスタ」という作品も出ている。

 スーパーファミコンでは「スーパーアレスタ」(1992年、東宝)。ゲームギアでも「GGアレスタ」「GGアレスタII」が発売された。

生き続けているコンパイルとMSX

 2001年には、プレイステーション用ソフト「ザナック×ザナック」が発売された。ファミコン版「ザナック」と、新作となる「ザナックNEO」が収録されている。

 この時はすでにコンパイルが一度経営破綻した後で、「ぷよぷよ」の商標権がセガに売却されていた。だから「ザナック×ザナック」の発売は、原点に戻って出直しを図ったものといえよう。

 残念ながら2003年、コンパイルは倒産してしまったが、いったんハードの供給がストップしても生き残ってきたMSXと同じように、コンパイルもまた、形を変えて生き続けている。

 D4エンタープライズの「アミューズメントセンター」には、「コンパイルステーション」というコーナーが設けられている。

 今のところは、プロジェクトEGGのソフトの中から、コンパイルの作品をピックアップして紹介しているだけだが、近い将来、新しいプロジェクトの立ち上げも予定されているらしい。

 「魔導物語」の新作制作が検討されているほか、コンパイルの未発表作品復活、さらに「ぷよぷよ」のもみじまんじゅう「ぷよまん」の復活などが、計画されているそうだ。

 なんだか、Jリーグで横浜フリューゲルスが消滅(横浜マリノスと合併)した後の、横浜FC設立を思い出した。

 ちょうどコンパイルの和議申請と、横浜フリューゲルスの消滅決定は同じ1998年。横浜FCは今年J1昇格を決めた。コンパイルもMSXも横浜FCのように、今後も何らかの形で生き続けていってほしい。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.