レビュー
2007年01月25日 00時00分 更新

「MotorStorm(モーターストーム)」レビュー:

プレイステーション 3でじわじわと売り上げを伸ばす、イギリス生まれの痛快レースゲーム (2/3)

 「モーターストーム」では、全部で7種類のマシンが登場し、それぞれに特性や操縦性が異なる。例えば、最軽量の「バイク」は加速性に優れ、小回りも利くが、耐久力が低いゆえライバルカーとの接触に弱い。一方、重量がある「マッドプラッガー」は、スピードでやや劣るものの、路面対応力はずば抜けて高く、どんな悪路もものともしない安定感が魅力。そして、同じコースでも走行可能なルートはいくつもあるので、自分が搭乗するマシンの特性を生かせるルートを探し出せば、レース展開をより有利に運べるというわけだ。

画像 全7車種中、加速性で最も優れているのがバイク。道幅が狭いところも難なく通り抜けられるが、重量級の車両との接触にはめっぽう弱い
画像 サイズ、重量とも最大級のビッグリグは、もっとも耐久性に優れ、多少の接触にもびくともしない。その代わり、加速性と操作性には難があり、少し扱いにくい面も
画像 「Machine:All Class」と書かれているレースでは、プレーヤーが7種類のうちどれでも好きなマシンに乗れる。車を使い分けながら、さまざまなルートを攻略するのも楽しい

 このゲームで一番の見どころは、やはりクラッシュシーンだろう。ライバルカーや壁などと接触するたびに自分のマシンは少しずつ壊れていくが、マシンの耐久力を超えるダメージを負うと、画面がスローモーションになって、車が大破する様子をさまざまなアングルから見せる演出が入る。

 これと似た演出は、エレクトロニック・アーツの「バーンアウト」シリーズにもあったが、「モーターストーム」のクラッシュシーンはマシンの壊れる様が尋常でない……。マシンを構成していたパーツが無数の破片となってばらばらっと飛び散り、バイクやATVではライダーが宙に投げ出され、地面に強く叩きつけられる。こうした表現も綿密な物理計算によって描かれ、ただでさえ画面がリアルなだけに、「もしも本当にこんな事故に遭遇したら……」と想像するだけでぞっとするほどいたましい光景……。そのはずが、どういうわけだかこれがちょっとあぶない快感を誘い、奇妙なことにカタルシスまで感じさせてしまう。このゲームをプレイし始めて、最初にクラッシュシーンに出くわしたときこそ唖然としたが、それがいつしか薄ら笑いに変わってくる。我ながら空恐ろしい感覚と思うが、妙な気持ちよさがあって、その魅力に抗えない。

画像 壁や障害物に激突したり、ライバルカーと激しく接触すると、マシンが大破する。車体は原形をとどめないほどにひしゃげ、パイプやらスプリングやら、いろんなパーツがばらばらっと飛び散る
画像 バイクやATVに乗っていた場合は、ライダーがマシンから放り出され、壁や地面に叩きつけられる。マシンの壊れ方やライダーの吹き飛ばされる様子が毎回違うのは、その都度、物理計算に基づいて描かれているから
画像 マシンだけでなく、コース上にあるオブジェクトも派手に壊れる

[小泉公仁,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.