ニュース
» 2007年01月26日 14時35分 公開

“召喚”が世界を席巻する――「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」

スクウェア・エニックスが仕掛ける“Ivalice Alliance”のひとつである本作では、“召喚”が世界観だけでなく、戦闘にも重要なキーワードとなっている。

[ITmedia]

 スクウェア・エニックスが「ファイナルファンタジーXII」や「ファイナルファンタジータクティクス」など、“Ivalice(イヴァリース)”を舞台とした新たな作品群を総称した“Ivalice Alliance”の一翼、「FINAL FANTASY XII REVENANT WINGS」(ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング)は、“召喚”がひとつのキーワードとなっている。

 物語の舞台となる浮遊大陸レムレースには、異世界につながる力を持つ小さな石「聖石」と、それぞれの島を司る色鮮やかな巨石「浮遊石」が存在する。どちらもミストの力を秘めており、空賊たちの冒険心を魅了する美麗な結晶体には、イヴァリースにおける魔石に似ているが役割が異なるという。

 「聖石」とは、それに願うことでレムレース各地に点在する召喚ゲートを通じて「幻獣」を呼び出すことができる石。また、「浮遊石」は、イヴァリースの空を越えて大陸を浮かばせる力となっている。この浮遊石に内包するミストの力が浮遊大陸に拡散し、島々の生態系に影響を与えているという。

召喚ゲート

 この「聖石」と「浮遊石」の源泉は、レムレース全土を支えている3つの「聖晶石」であり、すべての聖石と浮遊石は、聖晶石からあふれたミストが周囲に拡散し、結晶となった生まれたものであると言われている。3つの聖晶石の所在は明らかになっておらず、「聖晶石を統べる者は“永遠”を手にする」という伝説が石に刻まれた“空の記憶”としてレムレースに残されているのみという。

 さて、レムレースの各地には「幻獣」と呼ばれるモンスターが生息している。彼らは現世の生命ではなく、彼岸の地「幻獣界」から来たと思われている。彼らはさまざまな姿をしているが、共通するのはその肉体が“まぼろし”であるということ。そのため「幻獣」たちはエグル族の間では「神の使い」であると言い伝えられている。とはいえ、幻獣の行動は凶悪であり、エグル族はこれら幻獣たちから身を守るため「聖石」の力を借り各地の「召喚ゲート」から自分たちの幻獣を呼び出し、自在に操る術を編み出した。この術が「召喚」と呼ばれるレムレースの魔法の力となったのだ。

浮遊大陸
幻獣界

 「召喚」の術には、レムレースの神ファルサノスが定めたとされるいくつかの掟がある。ひとつは幻獣に聖石を“絆”として与え主従の契約を交わすこと。2つ目は呼び出された幻獣は召喚者に従うこと。そして3つ目が、技量を超えた数の幻獣を操ることは死を招くこと。

 これらのルールにより、力が過剰に用いられることなくレムレースは平和の均衡を保っていたのだ。しかし、近年召喚の秘術を使いこなせるエグル族は減少し、野生の幻獣の脅威にさらされているというわけだ。そんな時、イヴァリースの空賊たちが石の力を求めて踏み込んできたのが話の導入部となる。

召喚獣を使えるのはヴァンたちだけではない

 戦闘では、幻獣を召喚し戦うことになる。敵と遭遇したら画面の切り替えなしにシームレスで戦闘に突入するのだが、本作では複数呼び出すことができ、さらにパーティーメンバーとして扱えるという。使用できる召喚獣の種類もシリーズ最多となっており、用途ごとに編成を変えることもできるだろう。


レムレースの各地には召喚ゲートと呼ばれる場所がいたるところにある。召喚ゲートを開くことで、召喚獣を呼び出すことができる。召喚獣は、従来のシリーズのようにMPを消費して呼び出すのではなく、あらかじめ決められたキャパシティによって、呼び出せる数が決まっている。キャパシティが足りていれば、ひとりのキャラクターが複数体の召喚獣を呼び出すことも可能となる

 召喚獣はタイプ別に「近接」、「間接」、「飛行」の3種類に当てはまる。その3種は「すくみ」の関係となっており、ユニット間で得意不得意の相手というものが存在する。まるでじゃんけんのように相性があるので、これらの関係性を考慮して戦略を立てることになる。

 例えば近接タイプのアルラウネは間接タイプのサボテンダーに強く、間接タイプのサボテンダーは飛行タイプのガルキマセラに強く、飛行タイプのガルキマセラは近接タイプに対して強いと、これら“すくみ”の関係が成立している。

アルラウネ(近接タイプ)

 密着に近い状態まで近づき攻撃を行う。攻撃には単体、範囲、貫通などのさまざまな種類が存在する。接近するまでが大変だが、接近してしまえば間接タイプに対して一方的に攻撃をすることができるのが特徴。


サボテンダー(間接タイプ)

 射程範囲が広く、遠距離から攻撃を行うことができる。弓矢による攻撃だけでなく、魔法なども間接攻撃扱いとなる。近接タイプや飛行タイプに対して、相手の射程範囲外から攻撃できるのが特徴。


ガルキマセラ(飛行タイプ)

 移動制限をほとんど受けることなく移動することができる。基本的には接近して攻撃を行うのだが、飛行ユニットなので、通常侵略ルートにできない場所もルートに加えられるのが特徴。



神獣

不浄王 キュクレイン
魔人 ベリアス
「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」
対応機種ニンテンドーDS
メーカースクウェア・エニックス
ジャンルRPG
発売日未定
価格未定
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news040.jpg Excel「1+1=4」 謎の計算結果になる原因を特定したツイートに「セルの結合は悪」「セルの結合を滅ぼせ」
  3. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  7. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  8. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  9. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  10. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」