ニュース
» 2007年01月26日 15時26分 公開

アムロやシャアだけではない――さまざまな人々の思惑絡む「ガンダム無双」 (1/2)

「ガンダム meets 無双」という幸福な出逢いを経て、3月1日“かつてない爽快なガンダム”として発売される。使用できるキャラクターは果たして何人となるのか気になるところ。

[ITmedia]
名場面シーンも再現。因縁の対決ははたして原作どおりとなるのか……それとも!

 ガンダムでバッタバッタとザクを斬り結んでいく――。かつてない爽快さを追求した新しいガンダムがプレイステーション 3をプラットフォームとして3月1日に発売されることになった。本作は、開発をコーエーのω-forceが担当している。かつての無双シリーズのように何千と押し寄せる敵を得物を中心として連続して撃破していく“爽快さ”に特化した、「一機当千の爽快感」を現実のものとした。

 操作は単純で、ボタンの連打によって攻撃が連携していくようになっている。ここは従来の無双シリーズと同様だ。ガンダムゲームが射撃を中心から近接攻撃をメインとしたことで、スピード感を付加させるために×ボタンによるスラスターでのダッシュが可能としている。ダッシュで加速し近づき、さらに回避しながら、敵をかいくぐり攻撃していくというトリッキーな今までにないプレイ感が味わえるというわけだ。本作も無双シリーズに例をするまでもなく、モビルスーツとパイロットがともに成長していき、より強くなっていくことになる。

 現在、「OFFICIAL MODE」のみ公開されている。「OFFICIAL MODE」とは、各ガンダム作品のいくつかの戦いを再現し、体験することのできるというもの。本作では、「機動戦士ガンダム」、「機動戦士Zガンダム」、「機動戦士ガンダムZZ」の3作品が収録されており、プレーヤーは各作品の主人公やその他の登場人物となり戦っていく。今回、数人のキャラクターとモビルスーツが公開されたので紹介していこう。

シロッコが搭乗した「ジ・オ」がプレイアブルモビルスーツとして登場する

金色に輝く「百式」もプレイアブルMSだ。PS3の描写能力により虹色に光沢を放つ表面処理に注目したい

こちらは「シャア専用ゲルググ」。ビームナギナタを振るう攻撃では、レンジの長さを有利に生かした戦闘となるようだ

本作では同フィールドで展開している仲間たちがフォローしてくれる場面がある。イベントとして登場する場合もあるし、もちろん敵として立ちはだかることにもなる。左の写真はカイがガンキャノンで支援してくれるシーン。右2枚はイベントシーン。ザクとは違うのだよ、ザクとは……とか言っている
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ