ニュース
» 2007年02月09日 00時00分 公開

オリジナルモード判明――あの作品からも参戦決定「ガンダム無双」

登場作品は宇宙世紀3作品だけではなかった! バンダイナムコゲームスとコーエーが爽快すぎる融合を果たした本作では、夢の共演を実現する「ORIGINAL MODE」が明らかになった。

[ITmedia]

ドモンやヒイロやロランも参戦――「ORIGINAL MODE」

 バンダイナムコゲームスの「ガンダム」と、コーエーの「無双」シリーズが融合、プレイステーション 3で“かつてない爽快なガンダム”を世に送り出す――その名も「ガンダム無双」。従来の銃撃をメインとしたガンダムゲームとは異なり、無双シリーズにある得物による攻撃をメインとした、簡単操作による「一機当千」の爽快感を演出している。

 何度かに分けて紹介しているとおり、本作は「機動戦士ガンダム」、「機動戦士Zガンダム」、「機動戦士ガンダムZZ」の3作品をベースにした「OFFICIAL MODE」で楽しむことができる。これは、プレーヤーが各作品のキャラクターとなり、それぞれの視点から再現されたいくつかの戦いを体験することができるというもの。無双シリーズと同様にプレイしていくごとに増えていくキャラクターのそれぞれの所属や立場によって、同じ戦場でも違った見方ができる仕組みだ。

 本作には、前述した3作品以外の作品からもキャラクターやモビルスーツが登場する「ORIGINAL MODE」が存在する。原作の名場面を楽しむ「OFFICIAL MODE」とは異なり、「ORIGINAL MODE」は、各作品の登場キャラクターたちが総出演する本ゲームオリジナルのストーリーモードとなっている。

 各キャラクターごとに数ステージ用意され、ガンダム対ガンダムなど原作ではありえない展開も待ち受けているとか。本作では各作品のモビルスーツサイズがそのまま反映されて登場する。作品ごとのサイズ差を改めて実感することにもなるだろう。

左が後藤能孝氏、右が鯉沼久史氏

 ここで「ORIGINAL MODE」について、バンダイナムコゲームス コンテンツ制作本部 Bプロダクション 第一チーム プロデュサーの後藤能孝氏と、コーエー 執行役員ソフトウェア事業部 ソフトウェア2部長 鯉沼久史氏に話を聞いてみた。

―― いったいどの作品からどれくらいのキャラクターとモビルスーツが登場するのかが気になるのですが。

後藤氏 機体とキャラクターの選別には時間をかけています。「OFFICIAL MODE」のストーリーに関しては、宇宙世紀もの3作でいこうとあっさり決まったのですが、「ORIGINAL MODE」に関しては熟考を重ねています。今回発表したもの以外のことは、まだ言えないのですが、きっと皆さんの期待に添えるものになりますし、もしかしたら予想外なものも登場するかもしれません。

―― すでに予想外な機体が登場してます(笑)。

鯉沼氏 「OFFICIAL MODE」で登場する機体はプレーヤー機体を含めると50機くらいですね。すべてプレイアブルというわけではないのですが、担当者が好きなもので、1ステージにしか出ないのに作っちゃうんです。皆さんもどんな機体で遊べるのか気になるところだと思いますが、ガンダムをはじめお約束といえる機体はそろっていると思っています。まぁ、当然ですが、ザクタンクやボールなどが使えても勝てないのでプレイアブルではないとだけ言っておきます(笑)。

―― 「ORIGINAL MODE」はどういった内容になるのですか?

後藤氏 まだ言えないのですが、ガンダムオールスターがひとつの目標にむけて進んでいくという内容になります。

鯉沼氏 「無双」シリーズ同様に各キャラクターごとにストーリーが用意されていますので、ぜひともすべてを体験してみてほしいですね。


 今回判明したORIGINAL MODEで参戦するプレイアブルキャラクターとモビルスーツは以下のとおり。なお、本日から公式サイトでゴッドガンダムの動画も配信される。ちなみに、登場モビルスーツ動画配信の第2弾スケジュールも発表された。2月12日には「Zガンダム」、2月14日には「ジ・O」、2月16日には「ウイングガンダムゼロ」が配信される予定となっている。

「機動武闘伝Gガンダム」からはゴッドガンダムとドモン


「新機動戦記ガンダムW」からはウイングガンダムゼロとヒイロ


「∀ガンダム」からは∀ガンダムとロラン

「ガンダム無双」
対応機種プレイステーション 3
メーカー発売元:バンダイナムコゲームス、開発:コーエー(ω-force)
ジャンルタクティカルアクション
発売予定日2007年3月1日
価格7800円(税込)
(C)創通エージェンシー・サンライズ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた