初心に帰ってIXの作曲も――すぎやま氏、金管五重奏「すぎやまこういちとブラスの響き」で2007年の抱負を語る

金管五重奏によるコンサート「すぎやまこういちとブラスの響き」が開催された。コンサートの案内役を務めるすぎやまこういち氏は今後の予定に加えて、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」について語ってくれた。

» 2007年02月27日 12時45分 公開
[塙恵子,ITmedia]
photo すぎやまこういち氏

 2月26日、東京・第一生命ホールにて、東京メトロポリタン・ブラス・クインテット(以下、ブラス・クインテット)演奏によるコンサート「すぎやまこういちとブラスの響き」が開催された。

 東京都交響楽団のメンバー5人(トランペット高橋敦氏、中山隆崇氏、ホルン西條貴人氏、トロンボーン小田桐寛之氏、テューバ佐藤潔氏)で結成されたブラス・クインテットは、これまでにもすぎやまこういち氏の作品CDへの参加や、金管五重奏によるドラゴンクエストコンサートといった活動を行っている。

photo 2006年12月に発売されたCD「すぎやまこういちとブラスの響き」をアピール

 今回は、2006年12月に発売されたCD「すぎやまこういちとブラスの響き」の中の作品に基づいた内容となっており、ブラス・クインテットに加え、パーカッションの安藤芳広氏が参加。公演直前に、コンサートの司会を務めるすぎやま氏にお話を聞くことができた。

 少人数による演奏のよさについては、「オーケストラ音楽とは違った楽しみがある。トラック数が少ない音楽だから、よりゲーム音楽のもとに近い作品なのではないかと思う」とすぎやま氏。自らをゲーム好きと公言するすぎやま氏の最近のお気に入りは、ニンテンドーDSソフト「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」だとか。すぎやま氏は、先日渋谷を歩いていた際、初めて「すれちがいバトル」の相手が見つかったが完敗を喫したそうで「すっかり極めたつもりだったけど、渋谷の連中はすごいね」と悔しさを見せる。もっと強いモンスターを作りたいと抱負(?)を述べた後、すぎやま氏は「ここまで自分がやりこむということは、ゲームとしてすばらしい証拠」と同ソフトを絶賛していた。

 すぎやま氏は「自分でも感心するくらいの忙しさだった」と2006年を振り返る。そして「3月いっぱいで(ブラス・クインテットの)レコーディングが終われば、ようやく落ち着く」と安堵の様子を見せた。しかし、近々「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作、ニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の打ち合わせも始まることを明かす。「今年のメインの仕事はIXの作曲になると思う」とすぎやま氏。そのほかコンサートや、ゲーム音楽のレコーディング、オーケストラの作曲なども予定されているという。2007年もやはりすぎやま氏は多忙のようだが、「初心に帰って曲作りをしたい」と抱負を力強く語った。


photo ブラス・クインテットとパーカッションの安藤芳広氏

 「今日は試験の学校が多いからと人が入らないかも」というすぎやま氏の心配をよそに、会場には老若男女たくさんの人が詰め掛けた。プログラムは2部構成になっており、第1部ですぎやま氏のヒット曲や競馬場でのファンファーレをピックアップしたものを演奏。第2部ではドラゴンクエストの曲7曲が披露された。編曲は高橋氏もしくは小田桐氏が担当。「編曲ができたばかりのため、今回は初演のようなもの」とすぎやま氏は言う。

 いつもならすぎやま氏がメンバーをひとりずつ紹介していくところだが、今回は仲間内で紹介していくことに。「よく食べる」、「泣き虫」、「面倒見がいい」といったメンバーでなければわからないエピソードも明かされ、会場は盛り上がった。

photo メンバーの人柄を紹介

 また金管楽器の豆知識を紹介。「(“エンサイクロペディア”や“ウィキペディア”を真似て)これは“ブラスぺディア”だね」とすぎやま氏。ホルンを担当する西條氏は「ホルンはもともとホーン(角)のこと。ほかの金管楽器と違って、ベルが後ろ向きになっているのは、狩りの合図として後ろからくる狩人に知らせるためなんです」とトリビアを披露した。さらにホルンの特徴である、やわらかい音と迫力のある音を吹き分け、観客を沸かせる。

 少人数とは思えなほどのすばらしい音に、ブラボーという声と大きな拍手が起こる。全プログラムが終了が終わり、アンコールでは「帰ってきたウルトラマン」の演奏が行われた。続いて「怪獣音頭」とともに、「岩石怪獣サドラー」が登場。円谷プロダクションの協力により特別出演が実現したもので、すぎやま氏はこのサプライズ企画を知らず、「ぼくがもっているモンスターより強そうだ」と驚きながらもコメント。サドラーは最後まで曲に合わせて踊りきり、会場の笑いを誘った。すばらしい演奏はもちろんだが、観客をよろこばせるための演出にも感服した。今後2007年に予定されているコンサートにも期待したい。

「すぎやまこういちとブラスの響き」プログラム

第1部 すぎやまこういち「ブラスの響き」東京・中山 GI競走ファンファーレ(すぎやまこういち作曲 高橋 敦編曲)
東京・中山 パドック・マーチ(すぎやまこういち作曲 高橋敦編曲)
東京・中山 特別競走ファンファーレ(すぎやまこういち作曲 高橋敦編曲)
東京・中山 クロマティック・マーチ(すぎやまこういち作曲 小田桐寛之編曲)
東京・中山 重賞競走ァンファーレ(すぎやまこういち作曲 高橋敦編曲)
子象の行進(H・マンシーニ作曲 すぎやまこういち・小田桐寛之編曲)
亜麻色の髪の乙女(すぎやまこういち作曲 小田桐寛之編曲)
花の首飾り(すぎやまこういち作曲 小田桐寛之編曲)
恋のフーガ(すぎやまこういち作曲 高橋敦編曲)
第2部 金管五重奏による「ドラゴンクエスト」序曲(DQI) 小田桐寛之編曲
王宮のメヌエット(DQIV) 高橋敦編曲
遥かなる旅路〜果てしなき世界(DQII) 高橋敦編曲
愛の旋律(DQV) 高橋 敦編曲
戦火を交えて〜不死身の敵に挑む(DQV) 高橋敦編曲
そうだあの時は(ヤンガスの大冒険) 小田桐寛之編曲
凱旋そしてエピローグ(DQVII) 小田桐寛之編曲
アンコール帰ってきたウルトラマン
怪獣音頭
シーサイドバウンド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評