レビュー
» 2007年03月16日 00時00分 公開

“ガンダム”であり“無双”であるギャップを、心から楽しめる大人だけに許された愉悦「ガンダム無双」レビュー(1/3 ページ)

PS3で発売された初の無双は、「真・三國」でも「戦国」でもなく、なぜか「ガンダム」。これほど大規模プロジェクトを近年耳にしなかったため、注目度は確かに高かった。しかし、食い合わせという面ではどうなのか。ユーザーが気になるのもそのあたりと踏んで、レビューのテーマとしたい。

[小城由都,ITmedia]

押し黙ってパッケージを眺めること数分間

いつもの「無双」ロゴマークだが、カタカナが入っていると不思議な気分。右下にはビームライフルの跡らしきものが……

 ワタクシ、小城は、「機動戦士ガンダム」(以下、初代)ファンである。ZやZZになると、とんと疎くなるが、初代ガンダムには並々ならぬ思い入れがあり、名セリフを意味なく乱発したがる典型的な深度の浅いオタである。そして同時に、無双シリーズのファンでもある。特にストーリーとしての三国志が好きな筆者にとって、いち武将となって戦場を駆け抜ける「真・三國無双」シリーズは、三国志マニアの夢をかなえてくれた至福のゲーム。シリーズが出たら有無を言わずに買うことが義務になっている。そんな筆者が、本作のパッケージを目の前にして、腕組みをしながら数分間身動きがとれなかった。

「うーむ……。ガンダム、無双、か……」

 この見慣れた「無双」ロゴの上の段に、キチキチに詰まった半角カナのような「ガンダム」の文字。ギャグか? ギャグなのか? それならそうと、早めに言ってくれ。しかしパッケージのイラストは大真面目にガンダムである。ガンダムのくせに「機動戦士」の文字がなくても堂々としているのは、このタイトルくらいではないだろうか。こいつは手強いのかもしれない。

イメージはまさにこんな感じ。大量のザクに囲まれながらも、次々と敵をなぎ倒していくガンダム。笑うしかないところでもある

 パッケージを裏返してみた。そこには、「迫り来る1000機のザク! 君は生き延びることができるか!?」とある。アニメの次回予告のキメゼリフが使われているところ、やはり判断がつきかねない。普通に考えて1000機のザクに囲まれたら、かの赤い彗星ですら命を落とすであろうに、生き延びることができるか!? と挑戦的だ。しかも、去る資料によると1年戦争当時はザクIIは300機ほどしかロールアップしていないはず。黒船的な本作の唐突な襲来に、パッケージを睨みつけながら腕組みを解けずに「うーむ、うーむ」と唸り続ける筆者なのであった。

基本操作は無双シリーズの継承

 これを見て唸り続けるのは、年のせいで頭が固くなったからだろうかと、別次元の悩みまで発生してきたので、ひとまず不健康な凝固は中断。プレイもせずに評価は下せないので、遊んでみることにした。

 モードは、原作に沿ったストーリーが楽しめる「OFFICIAL MODE」、謎の惑星を舞台に複数の作品がクロスオーバーする「ORIGINAL MODE」、プレーヤー同士で対戦する「VERSUS MODE」、戦績やパイロットの解説などを見ることができる「GALLERY」、環境設定する「OPTION」、中断したプレイを再開する「RESTART」の6つ。

GALLERYで見ることができるキャラクター図鑑。一度でもゲーム内に登場した人物は、こうして原作の経歴を見ることができる
ガンダムといえば、やはり名セリフの数々が脳裏をよぎる。キャラクターが発する代表的なセリフは、こうして聞き返すことも可能

モビルスーツを拡大させたり回転させたりしながら、自由に眺められるモードも。グラフィックの描き込みはすばらしいのひとこと
モビルスーツだけではなく、ムサイやサラミス、そして当然“木馬”ことホワイトベースでさえ、このように図鑑として閲覧可能

 まずは初代ガンダムのストーリーを追ってくれるということなので、少しは安心感があるだろうと「OFFICIAL MODE」を選択してみた。最初から選べるのは、アムロ・レイとカミーユ・ビダン、ジュドー・アーシタの3名。筆者が選ぶパイロットはもちろん、アムロ・レイである。操縦するモビルスーツも自動的にガンダムになる。このモードの全ミッションをクリアしたあとは、登場したパイロットやモビルスーツを変えて、同じストーリーを楽しむことができるらしい。これは非常に楽しみだ。パイロットやモビルスーツを全部出して、それぞれを全部クリアするまでは、やめられないだろう。

 ストーリーがアニメーションで長々と解説されるのかと構えていたら、あっというまにブリーフィング画面に。そこで原作に沿ったストーリーの解説が端的に行なわれた。従来の無双シリーズと違うのは、ブリーフィング画面を使用して、キャラクターによる作戦の解説が行なわれることだ。最初のミッションであれば、レビル将軍がアムロたちに今回の作戦を説明してくれる、というわけ。

 操作は無双シリーズそのまま。□ボタンで通常攻撃を行い、数回コンボを加えたときに△ボタンを押すとチャージ攻撃を交えた連続攻撃が発動する。シリーズと違うのは、操作するのが人間ではなくモビルスーツであること。そのため若干操作に違いがあり、R1ボタンはジャンプに、×ボタンはダッシュやブーストに使用する。ジャンプやブーストは、スラスターの残量分のみ連続使用が可能。スラスターが切れてしまうと、一定時間ジャンプやブーストが使用できなくなる。

キャラクターを選択すると、物語は始まる。モビルスーツは最初は選択できず、キャラクターに自動的に割り当てられる
モビルスーツを操縦する、というゲームの特性上、スラスターという新しい考え方が入った。ジャンプはスラスターを利用する
同じくスラスターを利用するダッシュ。ダッシュ後に3連続までの攻撃が可能。短距離の移動も速くなるので上手に活用したい

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」