狩猟の季節到来! PSPでのハンターライフはここまで快適になった「モンスターハンター ポータブル 2nd」レビュー(1/2 ページ)

カプコンの狩猟アクション「モンスターハンター」シリーズの最新作がPSPで登場した。新しいモンスター、武器、防具システム、クエスト――確実なボリュームアップとともに徹底してユーザーフレンドリーに作り直された本作は、狩人たちの心を熱くする快作に仕上がっている。さあ、貴方もポッケ村で、ハンター生活を始めませんか?

» 2007年03月20日 14時41分 公開
[仗桐安,ITmedia]

「モンスターハンター」最新作がPSPで登場!

 「モンスターハンター」シリーズ(以下、「MH」シリーズ)にいったいどれだけの時間を費やしただろうか。初代「MH」を発売日に手にしてからというもの、このシリーズにどっぷりと漬かってきた筆者は、以後「モンスターハンターG」(以下、「MHG」)、「モンスターハンター ポータブル」(以下、「MHP」)、「モンスターハンター2(dos)」(以下、「MH2」)ともれなくプレイしてきた。各タイトルごとに300〜400時間はプレイしているので、累計1000時間は越えているはずである。おそらくもっとディープなファンはそのさらに上を行っているだろう。

 未プレイの人からすれば「いったい何がそんなに面白いの?」と思うところもあるかもしれない。しかしやってみた人間、ハマってしまった人間が達するシリーズ独特の面白さがそこには確実にあるのだ。

 プレーヤーの主な目的は、片手剣、ランス、ライトボウガンなどのさまざまな武器を使って己の何倍もの大きさを有するモンスターを狩猟すること。依頼人からのクエストを受注して目的を達成する、という流れの繰り返しになる。ひたすらいろんなクエストを受注することになるのだが、クエストをクリアしていくことで新たなクエストが増えたり、倒したモンスターからはぎ取った素材を元に新しい武器、防具を生産、強化できるので、少しずつプレーヤーの選択肢が増えていく楽しみがある。

 非常に奥の深い操作性で武器ごとにまったく挙動が違う点も面白さの大きな要因だ。同じモンスターを相手にしても、たとえばハンマーとヘビィボウガンではまるで違うゲームをやっているかのような操作感覚が味わえる。必然的に得意な武器や苦手な武器が生まれ、各人のプレーヤースキルにばらつきが生まれるその自由度が、永く愛されている理由のひとつと言っていいだろう。

 プレーヤー側のプレイスタイルの自由度もさることながら、飛竜や古龍などと呼ばれる大型モンスターの生態や特徴もそれぞれ個性的で、実に多彩だ。大きな耳を持つイャンクックは音爆弾というアイテムを使うと一定時間動きが止まる、とか、トサカ部分から閃光を発するゲリョスには閃光玉というアイテムが効かない、死にまねをするのでぐったりしても安心できない、などなど。それらの生態情報を得れば得るほどプレイは快適かつ楽しいものになっていく。

 それらの要素を踏まえた上で「MH」シリーズのもっとも魅力的かつ特徴的な要素は「RPGのようなレベルが存在しない」という点だと筆者は考えている。より強い武器、よりよい防具を装備することで明らかに狩猟の難易度は下がるが、それでも対するモンスターの情報を知らなければあっけなく力尽きることもある。逆にプレーヤースキルの高い達人であれば、弱い武器と防具でも立ち回りのうまさでダメージをくらわずに狩猟することも可能だったりするわけだ。要するに目に見えないプレーヤーそのものの「レベル」が、勝敗を大きく左右する。これはもうひたすらにプレイして体で覚えて体に染み込ませなくてはならない要素だ。

 また、「MH」、「MHG」、「MH2」というプレイステーション 2で発売されたタイトルに関して言えば、プレイステーションBBに対応しておりブロードバンド回線を介してネットワークプレイができる点も大きい。最大4人でチームを組むことができるので、さまざまな戦局が生まれ、数々のドラマも生まれてきたことだろう。

 たとえば、1人がモンスターを麻痺状態にし、1人が毒状態にし、誰かが落とし穴を掘ってモンスターを穴に落とし、また別の誰かが麻酔玉を投げて捕獲するなど、分業をすることで狩猟の効率が飛躍的に高まる。誰かのピンチを誰かが助けたり、誰かの報酬にはレアアイテムがあったけど、誰かの報酬にはなかったり(「MH」シリーズでは低確率で得られるレアアイテムが存在し、それらを得るためにプレーヤーが何度もクエストに挑んだりする)、誰かが立て続けに3回力尽きて心が折れそうになったり、そういった協力プレイにおける一喜一憂がたまらなく面白いのだ。

 ちなみにPSPで発売された「MHP」および本作「モンスターハンター ポータブル 2nd」はアドホックモードにて4人での通信プレイが可能。こちらもプレイステーション 2版と同様に複数人でのプレイの面白さを味わうことができる。

 さて。長々と「MH」そのものについてお伝えしてきたが、次項からは本作が今までのシリーズ作品からどう変わったのか、PSPで提供される最新の狩猟環境はどんなものなのかをご報告していこう。

今回も狩って狩ってひたすら狩りまくりのアクションゲームです。狩猟解禁、万歳!

新たな村、新たなクエスト、さまざまな改良点

 「MHP」が「MHG」を携帯ゲーム機向けに再構築したタイトルだったのと同様に、本作は「MH2」の素材を使用して、さらに手軽さを追及した内容になっている。「MH2」をやり込んだ人なら「あれと同じなの? だったら別にいいや……」と思っている人もいるかもしれない。しかしここで声を大にして「あいや、待たれい!」と筆者は叫びたい。本作は「MH2」の移植作品ではない。あくまでも「MH2」の素材を使用しているというだけで、まったくの新作だと思ってもらっていい。

 まず一番の変更点はハンター(=プレーヤー)の拠点が新たに登場したポッケ村であること。「MHP」ではココット村だったが、本作では雪山の近くにある小さな村からプレイが始まる。必然的に最初に行けるフィールドが雪山になり、その後プレイの進行に伴い行けるようになるフィールドの出現順番が違うし、モンスターの登場順もかなり大胆に変更されているので、新鮮さを感じるはずだ。「MH2」と各フィールドのマップはほぼ同じだが、今まで一方通行だった場所が一方通行じゃなくなっていたり(高い段差のところにツタがあったりする)、採集で採れるアイテムのバリエーションもガラリと変わっている。


ポッケ村を拠点にハンター生活を楽しもう。狭いながらも何でも揃っている。行商ばあちゃんから買えるものはこまめに変わるので要チェックだ

 もちろん、ただやさしくなっただけでなく、集会所で受けられるクエストを進めていけば、強力な武器と防具を装備していても1人では手強いモンスターも出現する。そんな絶妙なバランスに、上級者の皆さんにも安心していただけるはずだ。とにかく至るところに間口を広く、プレイをしやすくしようという作り手側の意思が感じられる内容に仕上がっている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」