アンブレラ社崩壊の暗部を描く――「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」

迫り来るゾンビの群を撃って撃って撃ちまくる。カプコンのガンシューティングゲーム「バイオハザード」シリーズ最新作では、崩壊したアンブレラの秘められた暗部に迫る。

» 2007年04月09日 11時51分 公開
[ITmedia]

 アンブレラ崩壊までの物語――。カプコンがWii版バイオハザードとして開発を進めている「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」では、そのタイトルにあるとおり「バイオハザード」シリーズにおいて、常に闇で暗躍する巨大企業アンブレラ社に焦点が当てられる。

 最新作「バイオハザード4」では、組織の崩壊が語られていたのだが、その経緯は謎の部分も多かった。本作ではアンブレラが秘めている闇の深淵に迫る、恐怖が彷徨う発端の地へと再びプレーヤーを誘う。

  • 1998年6月:S.T.A.R.S.ブラヴォーチームがアンブレラの黄道特急及び幹部養成所跡地を調査
  • 1998年7月:洋館事件発生
  • 1998年7月:街全体がバイオハザードに見舞われラークンシティに戒厳令
  • 1998年10月:連邦議会の決定により「滅菌作戦」を実行。ラクーンシティ消滅
  • 2003年:アンブレラ社崩壊


 新規オリジナルストーリーも収録されている本作では、Wiiリモコンを使用した直感的な遊びを提案している。Wiiリモコンで迫り来るゾンビや生物兵器、クリーチャーをポインターで照準を合わせて攻撃する、主観画面での圧倒的迫力が堪能できる。

 攻撃されたゾンビやクリーチャーは、その状況に応じたリアクションをし、攻撃をした扉や装飾品などが破壊されていく。とにかく撃ちまくることの気持ちよさを追求したゲームコンセプトは、カメラワークにもこっている。

扉が破壊されていく

 ワンアクションで展開されるイベントあり、ゲーム中、画面に現れるコマンドを入力することでさまざまなアクションシーンが演出されるのだ。これらのコマンド入力は、いつ起こるか分からないという。

登場人物たち

クリス・レッドフィールド
S.T.A.R.S.アルファチーム所属。ポジションはPM(ポイントマン)。射撃技術はチームNo.1で、常に優れた観察力と洞察力でエースとして活躍する。実戦経験も豊富でハンドガンから重火器にいたるまであらゆる武器を使いこなし、持ち前の柔軟性で格闘戦も難なくこなす。突如消息を絶ったブラヴォーチームを捜索するためラクーン森林地帯を調査中に未曾有の敵に遭遇、襲撃を避けるため洋館へと逃げ込むが……

ジル・バレンタイン
洋館事件から無事に生還した後、彼女が取った行動はアンブレラ研究施設の単独調査だった。アンブレラの本拠地調査を目的にヨーロッパへ先発するクリスを見送り、彼女はラクーンシティに残留。市内にある主要施設の調査を開始した。しかし、調査中にt−ウィルスが街に流出したことから事態は急変する……

レベッカ・チェンバース
S.T.A.R.S.ブラヴォーチーム所属。ポジションはRS(リア・セキュリティ)。薬品の精製と調合に関するエキスパートで同チームでは主に衛生を担当している。科学関係の知識がずば抜けており、その才能が認められて精鋭が揃うS.T.A.R.S.に抜擢された。彼女に初の実戦を経験させたのは、ラクーンフォレストで発生した猟奇事件の実態調査である

ビリー・コーエン
「23人虐殺」の罪で死刑判決を受けた元海兵隊少尉。刑の執行のため基地に移送される途中、何者かに護送車が襲われ、その隙に乗じて逃亡する。列車内でクリーチャーに苦戦しているレベッカを援護した事をきっかけに行動をともにする。鋭い洞察力とどんな武器でも使いこなす技能を持つ。口数は少ないが正義感は人一倍強い

アルバート・ウェスカー
秘めた野望の元に動く男。S.T.A.R.S.の隊長でもあった。威厳と風格に満ちたその容姿は冷徹そのもので、トレードマークの真っ黒なサングラスが近寄りがたい印象を与えている

「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」
対応機種Wii
メーカーカプコン
ジャンルガンシューティング
発売予定日未定
価格未定
(C)CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※画面写真はすべて開発中のものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  7. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  10. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評