SDキャラが暴れまわる、ごちゃまぜガチンコバトル――「フェイト/タイガーころしあむ」

カプコンは、「Fate/stay night」に登場するキャラクターたちが暴れまくるPSP用格闘アクションを開発している。オリジナルスタッフが監修にあたる本作の魅力を紹介しよう。

» 2007年04月17日 17時05分 公開
[ITmedia]

 カプコンは、「Fate/stay night」に登場するキャラクターたちがSDキャラになって暴れ回る乱闘アクションがTYPE-MOON、カプコン、キャビアのコラボレーションで実現した。物語の舞台となる冬木市で、Fateキャラが所狭しとバトルを繰り広げる。PSPの通信機能を利用した多人数での対戦も可能になるとのことだが?


 「Fate/stay night」(フェイト/ステイナイト)は、2004年1月30日にTYPE-MOONより発売された伝奇活劇ビジュアルノベルゲーム。PCゲームとしては異例の初年度14万本超の売り上げを記録している。その独創的なストーリーとキャラクターは多くのファンの心をつかみ、今なお圧倒的な人気を誇っている。4月19日、角川書店からプレイステーション 2版「Fate/stay night[Realta Nua]」が発売予定となっている。

「フェイト/タイガーころしあむ」プロローグ

 衛宮士郎が目を覚ますと、冬木市はあたまの悪い結界に包まれていた――。

「毎度お馴染み、聖杯戦争、聖杯戦争でございます。ご不要になった夢希望、もう諦めた野望等がありましたら、お気軽にコロシアムにおいでください」

 響き渡る謎の声。街中に蔓延した対戦ムード。失われた令呪。マスターとサーヴァントの関係は崩壊し、ある者は凶暴化し、ある者は凶暴化し、またある者は凶暴化した。そして脈絡もなくバカ売れしだす虎グッズ。このままでは日本の国獣が虎になってしまう。

 世界崩壊の危機に立ち上がる良識人と、世界崩壊の不遇に沸き上がる遊び人たち。それぞれの目的のため、いまいちど武器をとる2つの勢力。そして彼らの誰もが思った。

 ――藤ねえの仕業だ、と……。


「虎聖杯」を巡る衝(笑)撃のストーリー

 Fateキャラクターたちが巻き起こす、さまざまなイベントが楽しめるストーリーも魅力な本作は、「Fate/stay night」のシナリオライターも務める奈須きのこ氏が監修、そして一部執筆を担当している。また、「Fate/stay night」のキャラクターデザインを担当した武内崇氏監修のもと、現在人気上昇中のイラストレーター・ヒライユキオ氏がFateキャラをSDキャラクターにデザインしている。


藤村大河
藤村先生。士郎にとっては姉貴分とも言える人なので、「藤ねえ」と呼ばれている。こんなんでも学校の教師。若くして剣道五段という相当な腕前で「冬木の虎」の異名を持ち、学校でのあだ名は「タイガー」。今回の「聖杯戦争」に何か深く関わりがあるようだが……
衛宮士郎
「Fate/stay night」の主人公。今は亡き養父によって「魔術」を教わるが、未だ半人前の域を出ない未熟な魔術師見習い。セイバーの食費に悩まされつつも平穏な日々を過ごしていたが、「虎聖杯」の出現により争いに巻き込まれていく
セイバー
七騎のサーヴァントの1人。衛宮士郎と契約する。小柄な体格だが、もっとも優れたサーヴァントと言われる「セイバー」の名にふさわしい能力を備えている。見かけに寄らず大食漢。「虎聖杯」出現により、士郎達の味覚がおかしくなってしまったため、おいしい料理を取り戻すべく奔走する

遠坂凛
魔術の名門、遠坂家の後継者。士郎と同じ穂群原学園に通っており、学園内では非の打ちどころのない優等生として名実ともに学園のアイドルとなっている。当初「虎聖杯」の事など、気にも止めていなかったが思わぬ災いが降りかかり、参戦するハメに
アーチャー
七騎のサーヴァントの1人。凛と契約する。アーチャーの名が示す通り、弓を主装とするのだが。本人曰く、面白味のない人格。皮肉屋で現実主義者。今回は「虎聖杯」存在による不穏な空気を察し、ふざけた悪巧みを暴くため行動を開始する

「フェイト/タイガーころしあむ」
対応機種PSP
メーカーカプコン
ジャンル対戦アクション
発売予定日未定
価格未定
(C)TYPE-MOON 2004-2007
(C)CAVIA 2007
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」