すでに発表されたタイトルの進捗状況が判明――「SEGA PC 新作タイトル発表会」(後半の部)(2/2 ページ)

» 2007年04月20日 22時53分 公開
[加藤亘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望」

伝説はまだ始まりに過ぎない……

セガ第三GE研究開発部ディレクター酒井智史氏

 新たに製作されたアレンジと歌詞が変更となったオープニング映像の紹介から始まった「PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望」のプレゼンでは、セガ第三GE研究開発部ディレクター酒井智史氏が紹介のため登壇した。

 本作は、「PHANTASY STAR UNIVERSE」の続編で、ストーリーモードとネットワークモードともに、新フィールド、新ロビー、新モンスター、新アイテムと、新規要素を追加されている。「PHANTASY STAR UNIVERSE」は、セガ・マークIII用本格RPG「ファンタシースター」として1987年に登場以来、19年にも及ぶ長い歴史を誇るセガオリジナル大作RPGの最新作となる。主人公のイーサン・ウェーバーの成長を描いた“ストーリーモード”とゲームストーリーと共通の世界設定を舞台にした“ネットワークモード”の2つの要素を持ち、それらの要素が密接に絡み合う作品として、プレイステーション 2版、Windows PC版、Xbox 360版の3つのプラットフォームでサービスされている。

新たに公開された新オープニング

 「PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望」は、PC版でネットワークトライアルが行われている。そこから意見を拾い上げ、さまざまな変更がなされることになっていると酒井氏。キャラクタークリエイトでは、新たな顔モデルの追加やアクセサリーや髪型、コスチュームなども大量に追加していくとのこと。また、戦闘では武器のカテゴリーで4種類追加し、既存カテゴリーの武器も追加し選択の幅を広げられるという。ゲームバランスの調整にも余念はなく、発売に向け鋭意改善していくとしている。

 本作では、巨大なルーレットやジャックポットにも似た「ガッポガッポ」で一攫千金を狙えるカジノでのギャンブルも用意されている。また、マイルームのグッズも増え、カスタマイズの幅も広がるとのこと。ルームグッズは飾るだけでなく、遊びの要素も含んだものもあり、冒険以外の時間の充実にも努めている。酒井氏は最後に、「PHANTASY STAR ONLINE」で登場した「ラゴール」に似たフィールドの存在もほのめかした。期待して待っていてほしいと締めくくった。

新武器ツインセイバー
もちろんベルは鳴らせるマイルーム
新ステージ「洞窟」

新ボスも登場
カジノ
新コスチュームも充実

  • 「PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望」
  • 対応機種:プレイステーション 2、Windows PC、Xbox 360
  • ジャンル:RPG(ネットワーク対応)
  • 発売日:2007年発売予定
  • 価格:未定
  • プレイ人数:1人
  • CERO:審査予定
(C)SEGA

「ゾンビ打 ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2」

究極のタイピング、再び――ショットガンをキーボードに持ち替えろ!

セガ ネットワーク事業推進部マネージャー木岡勝利氏

 シリーズ累計20万本を越えるタイピングゲームの金字塔が装いも新たに帰ってくる。昨今、あまり芳しくないパッケージ市場において、評価の高いガンシューティングゲーム「ザ ハウス オブ ザ デッド3」をベースにした、8年ぶりの完全新作としてリリースされる「ゾンビ打 ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2」。豊富な収録ワードは思わず脱力してしまうものも多数。しかし、ゾンビは容赦なく襲いかかってくる。プレーヤーは、正確にキーを打ち込み、ゾンビたちを排除していかなくてはならないのだ。

 舞台は、「キュリアン邸事件」から20年後。世界の崩壊を導いた「研究施設」でトーマス・ローガンの娘リサとパートナーだった“G”はその地へ向かう。果たしてローガンを救うことができるのか? そこで明かされる驚愕の真実とは! ゲーム中に進行ルートを選択することで、物語の流れが変化し、一連の事件の真相に迫っていく。何度でも楽しめる「コース分岐」と「マルチエンディング」で、遊びに飽きがこないよう工夫されている。

 ゲームモードは、上記のストーリーモードのほかに、タイピングを繰り返し、プレーヤーのタイピングテクニックを鍛えるドリルモード、達成条件をクリアしながら進むミッションモード、ワードを逆から入力したり、単純な計算の解答を打つなど、ちょっとアタマを使うブレインショックモードなど多彩。初心者のためにチュートリアルも充実しており、「コースレッスン」で上達を促してくれる。また、前作から引き続き、「あいまい入力」や「ローマ字/かな入力」にも対応。さらに長文問題が時間を経るごとに分割して表示するシステムなど、倍以上に増えた収録ワードに対応したバリエーション豊かな内容となっている。

 本作の紹介にあがったセガ ネットワーク事業推進部マネージャー木岡勝利氏は、パーソナルアバターにより、個人の上達をグラフィカルに表示。アドバイスなどもしてくれると説明。さらに、上級者向けの新たなモードも実装される予定であることを明らかにした。また、「ゾンビ打 タイピングラリアット for Mac」を2007年7月に発売する予定であると発表。こちらは、Mac OS X10.4以降(Intel、PowerPC)に対応する。さらに、Windows Vista対応の漢字の練習ができる「ゾンビ書 THE KANJI OF DEAD(仮)」を開発中であることも発表された。

長い文章は時間が来れば分割される

ミスタイプしているとバックリ噛まれてしまう。ライフは限られている

  • 「ゾンビ打 ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2」
  • 対応OS:Windows XP/Vista(対応予定)
  • ジャンル:タイピングマスターソフト
  • 発売日:2007年予定
  • 価格:未定
  • CERO:審査予定
(C) SEGA


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/20/news004.jpg 大好きなパパと10日ぶりに再会したブタさん、感情が爆発し…… 涙を誘うお出迎えに「こっちまでウルっと」「愛情表現が豊か」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  5. /nl/articles/2407/20/news001.jpg しつこい雑草“ドクダミ”対策に、あの土を使ったら…… 効果歴然のビフォーアフターが130万再生「そんな弱点があったとは」「感動する」
  6. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2407/20/news037.jpg これは思わず笑う! お母さんから返信が来たと思ったら…… まさかの“LINEスタンプの活用法”に「めっちゃいい!!」「これやりたい」
  8. /nl/articles/2407/20/news053.jpg 「ポストに新紙幣入ってた」 一部で目撃例続出→“まさかの正体”に「これかよ」「新札かと……」
  9. /nl/articles/2407/18/news149.jpg アンパンマンの食パンを切ったら…… まさかの中身に「怖い」「うわぁぁぁ!!」など恐怖の声 パンアーティストに制作意図を聞いた
  10. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」