ニュース
2007年04月26日 18時52分 更新

EAが実用「お酒選びの新ツール」3部作を発表――酒だ酒、酒持ってこーい! (2/2)

前のページへ 1|2       

 監修にあたった3人も挨拶に立ち、それぞれのタイトルについて意気込みが語られた。

「ソムリエ DS」監修:シニアソムリエ 濱田知佐さん、

 「話をもらった時、ゲームが身近になかったので当初は想像できなかったが、企画の内容を知り、お役に立てるのではないかと引き受けさせていただきました。実際、製作に携わると大変で、1000種類に絞り込むことすら容易ではありませんでした。基本的には世界銘柄辞典から選んでいるのですが、日本に流通しているものであったり、いわゆる61シャトーは入れないといけないのではないかなど、実際選んでみたら、フランスの銘柄だけど1000種類を越えてしまい、減らす作業が大変でした。また、普段はレストランの料理との相性を考えていますが、本作では家庭料理との相性を考慮しなくてはならず、その選定が難しかったです。『ソムリエ DS』で、より手軽にワインのある生活を楽しめるよう願っています」

「酒匠 DS(仮)」監修:横浜君嶋屋 君嶋哲至氏、

 「私の家にもニンテンドーDSが2台あるんです。海外では評価されている日本酒でも、あまり国内では評価されていないのが現状だと思います。日本酒で知らないことも多いと思うので、もっと身近に日本の文化を伝えていきたい。そういう意味では、ニンテンドーDSのように広く分布しているゲーム機で『酒匠 DS』が発売できることは意義があると思います。ワインに比べて日本酒は料理に合わせるのも難しいと思います。和食だけでなく、洋食にも合わせられるものをオススメできるよう工夫しています」

「バーテンダーDS」監修:サントリースクール校長 花崎一夫氏

 「カクテルは19世紀に製氷器が生まれてから急速に発展してきましたが、歴史的にはローマ時代まで遡ることができるんです。カクテルのイメージは、バーなどで冷やされたカクテルグラスに入れられたものですが、最近では若い世代が引っ張ってくれ、気軽に生活の中でも飲めるようになっています。しかし、実際分からないことも多いと思います。だから、手助けになればと監修に携わることにしました。本作では評価されている500くらいのスタンダードと新しいスタイルのカクテルを3分の1ほどを収録していきたいと思っています。カクテルの流行は5年が限界です。新しいものを可能な限り収録し、できるだけ長くゲームが愛されるよう努めていきたい。ただ、できることならバーテンダーの見えないところでゲームを開いて確認してもらいたいです(笑)」


wk_070426sake17.jpg

 発表会の最後には、白と赤2種類ずつのテースティングも行われた。あまりワインに慣れ親しんでいない筆者でも、それぞれの香りと味は明らかに違うものだと判断できるもの。濱田さんは、ワインのテイスティングの仕方からその見分け方までレクチャーしてくれた。ちなみにテースティングに出されたワインは白が、焦げた匂いが特徴的でふくよかで重めな料理に合う「オー・ボン・クリマ シャルドネ 2005」と、軽い爽やかな料理に合う「クラウディー・ベイ ソーヴィニヨン・ブラン 2006」。そして赤が、タンニンの渋みの強弱がはっきりとしている「アルクール カベルネ・ソーヴィニヨン 2004」とそれほど重くない「J・フェブレ ブルゴーニュ・ルージュ 2004」。もちろん、筆者はどっちがどっちなのか、判断に苦慮してしまった……。

 本来ならばワインは経験でその味を知っていくものと聞く。だからこそ、ハードルが高く、リーズナブルには楽しめないという先入観が生まれたのも否めない。しかし本作では、安価に楽しめるワインも収録されており、知識がなくとも最適なものを提案してくれるという。

wk_070426sake16.jpg

 ワインに限らず、日本酒やカクテルなども種類は莫大で、果たしてどの料理にどの酒がいいのかなど、分からないことも多いだろう。「お酒選びの新ツール」3部作は、そんなお酒素人でもお酒のことを知り、そして楽しめるようになる足がかりとなることが期待されるシリーズとなるだろう。本シリーズに限らず、このような実用モノは増えつつある。この分野ににわかに注目が集まっていることが伺い知れる発表会だった。

(C) 2007 Electronic Arts Inc. All rights reserved. Electronic Arts, EA and the EA logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners. EA™ is an Electronic Arts™ brand.


前のページへ 1|2       

[加藤亘,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.