レビュー
» 2007年05月10日 00時00分 公開

“次元ワザ”で謎を解決! 奥深いストーリーで展開されるアクションアドベンチャー「スーパーペーパーマリオ」レビュー(3/3 ページ)

[原田一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

クリア後も楽しめる要素が満載

画像 難関の100Fダンジョン。途中セーブ不可、ゲームオーバーになると最初からやり直しという厳しい条件だ。見たこともないような強敵も登場し、難易度はかなり高い

 ステージはどこもなかなか凝った作りになっていて、いったんクリアした後でも、さまざまな能力を使ってステージを探索していくことという楽しみがある。そのためのコレクション要素も満載だ。

 まずは、カード。特定のアイテムを使うことで敵のカードを入手することができるのだ。カードを入手するとその敵への攻撃力が倍になり、大きなダメージを与えることも可能になる。ただし、このカード、普通のザコ敵のものだけでなく、ボスや街の住民やフェアリンなども含む登場人物全てのものがあり、その数は250以上。ザコ敵以外のカードはあちこちの宝箱に隠されているので、コンプリートするのもひと苦労だ。


画像 料理に関しては「おりょうりデータ」というアイテムが用意されており、それを手がかりにすれば、ほとんどの組み合わせがわかる。ただし、データ自体があちこちに隠されているので、やっぱり探索しないとそろわない

 続いてペーパーマリオRPGにもあった料理。アイテムを1個、または2個組み合わせて行い、手に入れた料理はメニュー画面から見られるリストに登録されていく。料理は店で売られているアイテムよりも回復量が多かったり、素材のアイテムよりも高く売れるようになるなど、メリットが多い。ただし、できあがった料理をさらに組み合わせたり、素材となるアイテムがランダムでしか手に入らないなど、これもまた全ての組み合わせを見つけ出すのはかなり大変だ。

みんなで楽しめるミニゲームも

画像 マニュアルでも紹介されている“オバケバスター”。テレサに連れ去られそうなキノピオを助けると、回復してくれたり、テレサの動きを止めたりしてくれる

 街にあるゆうぎ場では、3つのミニゲーム(ゴールドカードというアイテムを入手するとさらに遊べるゲームが増える)が用意されており、こちらはWiiリモコンの機能を活用したものとなっている。ミニゲームはどれもルールが単純で、遊び方などを読まなくても、直感的に何をすればいいのかがわかり、すぐにプレイすることができるだろう。ひとりで遊んでも、もちろん楽しめるが、友人などと一緒に遊んだ方が盛り上がるだろう。1プレイ専用なので、コントローラを回しながら遊ぼう。

アクションが好きな人にも、パズルや謎解きが好きな人にオススメするマリオ

 ゲーム中にローディングなどをほとんど感じさせない作りや、適度なステージの長さなど、ゲームとしての完成度が高く、このあたりはさすがにマリオシリーズ。元々はゲームキューブ用に開発されていたというが、ボタンが少ないため、ゲーム中に操作が忙しくなる場面が見られるものの、逆にWiiならではの要素をふんだんに盛り込んで、しっかり遊べるソフトに仕上げられている。

 アクションゲームとして見た場合、とりあえず1度クリアするだけなら、難易度はそれほど高くない。ボス戦の前などに回復アイテムが用意されていたり、レベルを上げれば攻撃力や体力が増えるといったお助け要素もあるので、プレーヤーを選ばず、誰でも楽しめるはずだ。ミニゲームなども考え合わせると、友だちや家族でワイワイ遊ぶのがベストなのかもしれない。特にパズルや謎解きが凝っているので、そちらを求める人には、非常に楽しい時間を過ごせるだろう。

画像 ハザマタウンとウラハザマタウンの行き来など、移動に手間がかかるところには、ちゃんとショートカットが用意されている
画像 一部、強敵が登場する場所もあるが、全体としてみると、マリオを操作して敵を倒していくというアクションゲーム的な面よりも、さまざまな能力を利用して障害を突破していくというアドベンチャー的な面が強いように思える
(C)2007 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/07/news105.jpg 「金爆」樽美酒研二、すっぴんの妖艶和装にファン悲鳴 「気絶しそうです」「めまいと動悸してきました」
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/07/news027.jpg 猫ちゃんをお風呂に入れると……「リアクションが薄すぎてほんとに猫か疑うレベル」 お利口すぎるお風呂風景に驚きの声
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/06/news019.jpg 大好きなお兄ちゃんの“彼女”と初対面した柴犬、ライバル出現かとおもいきや…… 和やかな雰囲気に「人懐っこくてかわいい」
  6. /nl/articles/2207/07/news132.jpg 萬田久子、トイプードルの愛犬・カキが10歳で天国へ ファンから別れの言葉寄せられる「いつもかわいい姿に癒されてました」
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  9. /nl/articles/2207/07/news017.jpg おばあちゃんの畑仕事に寄り添うワンコ、落とした葉っぱを持ってきて…… 孫のようなお手伝い風景がほのぼの
  10. /nl/articles/2207/08/news032.jpg 首を切られた時に面白いくらい血が噴き出した少年を祭る神社!? 鹿児島にある「面白殿」の歴史が深かった

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」