「DQMJ」大会&「DQソード」開発秘話とドラクエづくしスクウェア・エニックス「SQUARE ENIX PARTY 2007」:(1/2 ページ)

イベント2日目のオープンメガシアターで行われたドラクエ関連の2つのイベントをリポート。笑いあり、感動ありと、来場者は大満足だったようだ。

» 2007年05月13日 19時10分 公開
[板橋舟人,ITmedia]

(初日のステージイベントの様子はこちらをご覧ください)

アフレコ秘話も飛び出した!? 「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」スペシャルトークステージ

司会を担当した本作のプロデューサー市村氏は、本作をプレイして木下さんのボイスを聞き、癒されているらしい。

 イベント2日目最初のステージは、7月12日に発売を予定している「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」のトークイベント。開発プロデューサーである市村龍太郎氏と、セティアのCVを担当した木下あゆ美さん、主人公の父親であるバウドのCVを担当した松田賢二さんがゲストとして登場した。王子であるディーンのCVを担当した小西遼生さんはスケジュールの都合がつかず出演できなかったが、代わりにビデオレターが届けられた。


残念ながら本日欠席となった小西遼生さんからはビデオレターが
セティアに似た服装で登場した木下さん。多くのファンが訪れていたようで、会場から熱い声援が終始送られていた
バウドを演じた松田さんは、独特の口調でトークを展開。ことあるごとに「イオナズン!」と叫び、会場の笑いを誘っていた。イオナズン!

 市村氏は、「今回のドラクエの目玉は、なんといってもボイスがついたことです!」と、音声があることをアピール。続いて登場した木下さんと松田さんは、どうやら今日に初めて顔を合わせたようで、「初めまして!」と挨拶を交わしていた。お互いの初印象を尋ねたところ、木下さんは「松田さんの声が、思った以上に年齢が高く聞こえてビックリ!」とコメント。松田さんは「(木下さん)顔ちっちぇー!!」ともの凄くふつうにコメントし、会場の笑いを誘っていた。

 2人が演じたキャラについて木下さんは「セティアは年齢が低いけど、気が強くて大人っぽいキャラクター。キャラクターを見て、そのままなりきって演じました」と語る。市村氏は「最初は口調がきっついけど、うち解けてくると口調が柔らかくなったり、兄について語るときはちょっとおとなしくなったり……と、そんなツンデレキャラです。木下さんがうまく演じてくれました」と補則解説。

 ちなみにセティアというキャラクター、外見はゴスロリ風味なのだが、その職業はなんと僧侶! このギャップについては、市村氏いわく「今回は型破りの僧侶」とのことで、木下さんも「僧侶というより、小悪魔っぽい印象を受けますよね。僧侶という設定は忘れて演じました」と語った。ちなみに本日の木下さんは、どことなくセティアを意識した衣装だった。

 バウドは、主人公の父親というキャラクター。かつては剣士だったが、片腕を失ってしまったため、今は魔法使いとして生きている。松田さんは「バウドは酒好き、女好き、そして息子を何よりも愛しているというキャラクターです。女好き、という設定に関してはそのまま演じてみました(笑)」と、渋いボイスで語る。ちなみに松田さんはお酒が飲めないそうで、市村氏に誘われて呑みに行ったときも、ジンジャーエールを飲みつつ朝まで語らったとか。「松田氏はジンジャーエールで酔える」とは市村氏。

 ディーンは、ある王国の王子。小西氏はビデオレターにて、「とてもマジメで優しいけれど、ちょっとマザコンかも……!? でも、そこが思い入れ深いです」と語ってくれた。市村氏は「世間知らずなところがあるけれど憎めない、そんなキャラです。物語を通じて成長していく様を、小西さんがうまく演じてくれました」と、収録が順調に進んだことを語ってくれた。

会場では単独で収録されたアフレコが見事に会話となっている場面が公開された

 アフレコ中の秘話も明らかにされた。実は、木下さんや松田さんに収録を依頼する際、何の作品かはずっと秘密にしていたのだという。収録数日前に渡された台本にすら、タイトルを記載しないという念の入りようである。当日に、収録を行う作品は「ドラゴンクエストソード」であることが判明し、木下さんは大変驚いたという。松田さんは「台本中に見慣れた呪文の名前が出てきたので、もしや……とは思いましたが、本当にドラクエだったとは!」と、興奮しながら当時の様子を語ってくれた。

 市川氏は「松田さんはドラクエが大好きで、『ホントにこの呪文のセリフを当てられるのか!』と興奮し、収録中もずっと呪文を叫んでいました(笑)」とアフレコ中の秘話を語る。ちなみに本イベント中も、松田さんはことあるごとにその渋いボイスで「イオナズン!」と叫び、その都度“ピロピロピロ、どかーん”という効果音が会場内に鳴り響いていた。


名前を間違い続けるツンデレ系ヒロイン・セティア

 トークの内容から、ゲームのシーンをうかがい知れる場面もあった。木下さんは「同じセリフがたくさんあるシーンが多く、大変でした」とアフレコ中の苦労話を語る。市川氏いわく、「セティアは、主人公が名前を名乗っても『じゃあこれからカルロスって呼ぶわ』なんて主人公の名前を勝手に付けるシーンがあるんです。そのシーンのことですね、この名前のバリエーションはかなり多かったので」とのこと。ちなみに木下さんは、この“カルロス”の収録に一番手間取ったようだ。「ラ行って言いにくいんですよ。何度もリテイクを出されて……」と苦労を語る。


 またアフレコ現場には、シナリオを手がけるあの堀井雄二氏が登場し、演技指導を行うこともあったとか。どんなキャラクターなのかを解説したり、収録しにくいセリフがあったら堀井氏自ら急遽シナリオを変更するなど、堀井氏はボイスに相当注力しているようだった。堀井氏の名前は知っていても、顔は知らなかったという松田さんは、「現場で普通に、堀井さんの隣に座って“お疲れ様です”とかしゃべっていました(笑)。堀井さんからは、さまざまな部分から、ドラクエを愛しているということを感じました」と堀井氏について語る。

 本作の見所は、木下さんは「さっき初めてプレイしましたけど、盾を構えたり、自分で斬ったりできるのが楽しいです! 縦に斬るか、横に斬るかを選べるだけでも興奮してしまいます。主人公以外のキャラクターがたくさんしゃべるので、ゲームを遊んでいたら、主人公のセリフをしゃべってしまいそう」と、すっかり熱中してしまったようだ。ちなみに木下さんは、今は「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」に大ハマリ中らしい。

 松田さんは「バウドとしては、親子の絆を見てほしい。僕たち3人以外にも、たくさんの方が声を当てています。この物語を自宅で楽しんでください。イオナズン!」とコメント、こうして楽しいトークセッションはその幕を下ろした。イベントを見られなかった人は、ぜひ2カ月後の発売日に、ウワサの“イオナズン!”をゲームで聞いてみてほしい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評