レビュー
» 2007年05月22日 16時46分 公開

ドット絵で描かれるヴァンたちのその後は、召喚獣が活躍し戦略でしのぎを削る世界だった「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」レビュー(2/2 ページ)

[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2       

タッチペンでつんつんしながら、魅惑のアクティブフォースバトルを

 「FFXII」ではアクティブディメンションバトルという戦闘システムが採用されていたが、本作ではアクティブフォースバトルと名づけられたシステムでバトルをすることになる。

 タッチペンやボタンなどでユニット(個々のキャラや召喚獣をユニットと称する)をタッチし、移動させたい地点をタッチすると移動開始。味方ユニットが敵ユニットに接近することで、そのまま自動的に戦闘が始まる流れだ。各ユニットの攻撃力やタイプなどのステータス情報からダメージが割り出されて、お互いに攻撃しあい、HPゲージがゼロになれば戦闘不能になる。

ガンビットに登録できるまほう、わざは1つだけ。頻繁に使うであろうわざを登録しておき、そのほかのわざは適材適所で使っていこう

 各リーダー(ヴァン、パンネロなど召喚獣以外の味方キャラ)は、それぞれ“まほう”や“わざ”を持っており、それらを繰り出すこともできる。ガンビットに登録しておけば、自動で出すことも可能。そのほかにリーダーは冒険が進むことで“ミストナック”と呼ばれる必殺技を出すこともできるようになる。これは敵に攻撃したり敵から攻撃を受けることでたまる“ミストカート”がいっぱいになると発動できる大技だ。

 各ミッションでは最初に目的が提示され、それを成し遂げることができればミッションクリアだ。ある特定の敵(そのミッションにおけるボスキャラ的存在)を倒せばクリアできるミッションもあれば、敵陣のベースクリスタル(ユニットを復活させることができるクリスタル)を破壊することで勝利となるミッションもある。最初のうちはチュートリアル的な要素も含んでいるため比較的簡単で死ぬ確率も低いが、冒険の進行に伴い難易度はもちろんあがっていく。マップ上にさまざまな敵ユニットが密集している場合、誰で誰を攻撃するべきかというプレーヤーの采配が非常に重要になってくる。このあたりの思考はほどよく難しく、かなり楽しませてくれる要素だ。

 また、ミッション中は勝利へ向けて進むためにサバイバルスポット(HPを回復できるスポット)を利用したり、勝利とは別の目的としてマテリアルスポット(アイテムが採掘可能な場所)に立ち寄ったりと、マップ上を縦横無尽に移動する柔軟さも必要。急がば回れ、ということわざ通りに、中央突破ではなく、周囲から強敵を囲んでいくという戦略もありで、戦闘中の自由度は割と高い。

 プレイしていて最初に気になったのが各ユニットの移動速度が遅いということ。目的地を遠くに指定すると歩みが遅くてなかなかたどりつかない味方ユニットに「もっと早く走れよー」と思ってしまったりもした。しかし、プレイを進めるにつれて、この遅さは適正なんじゃないかという判断に至った。おそらくこれ以上早く敵も味方もしゃかしゃか移動するようになると、まほうなどの命令をする操作が追いつかなくなり、せわしなくなるのではないだろうか。初心者向けに優しくしているという部分もあるかとは思うが、この移動速度だからこそ、従えた多くのユニットにそれぞれ命令させられることができるのだな、と納得した。

力関係や属性をよく考えてユニットを進軍させていくべし
マテリアルハントは、何が出るかどきどきわくわくのお楽しみスポットだ
敵味方入り乱れての混戦だと油断しているうちに味方リーダーが死んでしまうことも。蘇生(味方の戦闘不能を回復)できるキャラが死んでしまうと途端にピンチになってしまう

魅惑のライセンスリングで、あいつもこいつも契約しちゃおう

 「ファイナルファンタジー」といえば数々の魅力的な召喚獣も印象深いシリーズだが、本作は特に召喚獣の存在が重要な作りになっている。味方リーダーは基本的に4人ないしは5人くらいしか戦闘に出られない。その人数で大勢の敵ユニットと戦うのは至難の技だ。というわけで大活躍するのが召喚獣。

 最初はミッションマップ中の召喚ゲートで召喚するところから召喚獣の扱いが始まるのだが、やがてプレイが進むと初期召喚獣といって、あらかじめ召喚デッキにセットした召喚獣をミッション開始時から従えることができるようになる。召喚デッキは、戦闘前に自由に編集できる。「このミッションではこの召喚獣を使います」とあらかじめ決めておけるうえに、そのバリエーションをデッキとしていくつか登録できるので便利だ。

 敵キャラや召喚獣には3すくみの力関係のほかに、それぞれ火、水、雷、土の中で攻撃属性や弱点属性を持っている者が存在する。ミッション開始前にそのミッションで戦う敵のタイプや属性を見ることができるので、間接タイプの水属性に弱い敵ばかりだと分かったら、こちらの召喚獣を近接タイプの水属性召喚獣だけで固める、などの戦略が立てられるわけだ。この開始前の情報戦でしっかり有利な布陣を用意しておけば戦闘はかなり楽になるだろう。敵を知り己を知れば百戦危うからず、である。

 味方として使える召喚獣は、序盤ではかなり少ない。召喚獣を増やすにはミッションで得られる聖石が必要になる。聖石はミッションクリア時に入手できるアイテムの1つで、召喚獣との契約に使われる。聖石がたまったらメニューからライセンスリングを開き、誰と契約するかを選んでみよう。リング内のある召喚獣と契約することで、そのとなりに表示されている召喚獣との契約が可能になるので、どんどん契約していけばいずれ強大な召喚獣を手に入れることができるわけだ。ただ、召喚獣が強ければ強いほど必要な聖石の数は多いので、そうそう簡単には契約できない。これらの召喚獣システムが、更に冒険を進めたくなるモチベーションアップにつながる面白い要素になっている。すべての召喚獣をコンプリートするために聖石をためたくなるはずだ。

デッキをいじるのもまた楽しい。召喚獣の特性を把握してデッキ調整をしよう
相手が手強い場合、バタバタと召喚獣が死んでしまうこともある。召喚獣が死んだら召喚ゲートで召喚しなおすといい
ライセンスリングは、タッチペンで回すことができる。属性ごとにリング内の分布が違うのだ。まんべんなくいろんな属性の召喚獣と契約していくか、1つの属性に特化して契約していくかはプレーヤーの自由

ドット絵のキャラとシミュレーション要素がOKならば、レムレースでヴァンと握手

 総じての印象としては、タッチペンによる操作もまずまず快適で、ライトに気軽に遊べる外伝的「ファイナルファンタジー」といったところ。マテリアルを集めて合成する楽しみや、聖石を手に入れてライセンスリングを開拓していく楽しみもあり、いろいろとやり込める。シミュレーション寄りな戦闘に関しては好き嫌いが別れるかもしれないが、シミュレーション的なシステムに抵抗がないのなら、おそらくすんなりと入り込めるはずだ。

 本作はヴァンを主人公に、パンネロ、カイツ、フィロ、バルフレア、フラン、バッガナモンなどの魅力的なキャラたちが登場する。レムレースに生息する翼を持った種族“エグル族”のリュド、謎多き存在である翼のジャッジなども物語に絡み合い、新たなる「FFXII」の世界、イヴァリースと地続き(実際は遥か上空なので“地続き”ではないけども……)の世界が楽しめる作品となっている。

 「FFXII」ファンにとっては「彼らにまた会える!」という点において、是が非でもやっておく価値はあるはず。そして「FFXII」をやったことがない人でも、プレイに関しては何ら問題ない、と言っておこう。もちろん「FFXII」をクリアしてからプレイした方が楽しみも多いとは思うが、ゲーム性はまったく一新されているし、単体のゲームとして見てもなかなか面白い。「2Dのファイナルファンタジーは好きでよくやってたんだよなあ」というオールドファンにも、本作のドット絵で描かれつつも新しいアプローチの「ファイナルファンタジー」は受け入れられるものだと思っている。

 今年は「ファイナルファンタジー」20周年ということで「ファイナルファンタジー」関連タイトルが目白押しだが、ニンテンドーDSを持っているのなら、本作を手にとり、ヴァンとともに大空の旅に出かけてみてはどうだろうか。

「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルロールプレイング
発売日2007年4月26日
価格(税込)5040円
CEROA区分(全年齢対象)
(C)2007 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい