ニュース
» 2007年05月22日 18時56分 公開

気分は松尾芭蕉――サクセス「えんぴつで奥の細道DS」

なぞり書き本ブームの火付け役がニンテンドーDSになった。松尾芭蕉が歩んだ奥の細道を追体験できる、サクセスの「えんぴつで奥の細道DS」が5月31日に発売される。

[ITmedia]

 サクセスは、5月31日にニンテンドーDS用ソフト「えんぴつで奥の細道DS」を発売する。本作は、2006年1月にポプラ社が発売した書籍「えんぴつで奥の細道」を元にニンテンドーDSならではの機能を盛り込んだもので、写真による視覚や朗読による聴覚といった書籍にはなかった楽しみ方を提案している。

 「えんぴつで奥の細道」は、松尾芭蕉の「奥の細道」を題材に書家・大迫閑歩氏の書による文字を、鉛筆でなぞり書きをしてゆくというもの。読むだけのものではなく、美しい文字を手本に読者が本へ直接記述してゆくという新しいコンセプトの書籍で、約100万部を発行しベストセラーとなった。

 基本は書籍同様、なぞり書きをしつつ奥の細道の道程を追体験してゆく内容で、タッチペンを使用して見本を見ながら画面に文章を記述し、進捗状況に合わせて地図上での道程を指し示していく。旅先の状況による風雨などの効果音や、到達した先々の風景写真などが表示され、芭蕉が感じた旅情を追体験することができる。朗読には俳優の仲村トオルさんが起用され、旅先で芭蕉がつづるしみじみとした思いが表現される。


「えんぴつで奥の細道DS」
対応機種ニンテンドーDS
メーカーサクセス
ジャンルなぞり書き紀行
発売予定日2007年5月31日
価格(税込み)3990円
プレイ人数1人
(C)Kanpo Osako, Hiroshi Ito 2006/
(C)POPLAR Publishing Co.,Ltd. 2006/(C)SUCCESS

関連キーワード

ニンテンドーDS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた