特集
» 2007年06月08日 16時00分 公開

人とドラゴンが共存する世界――「RISE FROM LAIR(ライズフロムレア)」の物語をひもとくFactor 5現地取材リポート その1(2/2 ページ)

[今藤弘一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

SIXAXISの機能をふんだんに使った初めてのゲーム体験

 「ライズフロムレア」にはいくつかのステージが用意されており、与えられたミッションを終えることでステージクリアとなる。ダメージ数は「トン」。つまり、“倒した敵の重量”で数えられるのがおもしろい。なお撃破数やクリアタイム、味方の被害、失ったライフなどもカウントされ、クリアした程度によってゴールドやシルバー、ブロンズといったメダルが与えられることになる。

 用意されているミッションは、最初は簡単であっても、徐々に複雑になっていく。1つのステージの中では空中戦だけを戦い抜くのではなく、地上に降りて次のミッションをこなさなくてはならないときもあるのだ。

画像画像 地上を潜る大きなヘビのような中ボスから、マンタのように空中を飛ぶ生き物までさまざま

 ドラゴンの動きは、「SIXAXIS」の6軸検出システムにより操作される。空中戦の場合は、左右の旋回はコントローラーを傾けるだけ。前に勢いよく振るとダッシュ、手前に引く感じで斜め上に操作すると180度ターンをする。相手を攻撃する場合は、R1もしくはL1ボタンでロックオンしたあと、□ボタンで砲撃が可能。□ボタン長押しだとファイアブレスでの攻撃ができる。空中戦での対ドラゴン戦などでは、近接戦闘に入ることもある。このときには、コントローラを敵ドラゴンがいる側に勢いよく振ると、体当たりで攻撃する。

 地上には、L2+R2の同時押しで着陸。ここからは左スティックでドラゴンは操作する。□ボタンでの攻撃パターンは変わらないが、○ボタンを押すと投げたり、×ボタンでダッシュして相手を倒すこともできる。そして地上戦でもモーションコントロールの操作は取り入れられているようだ。

 また、敵に与えられるダメージは、上記の操作を単純にするだけでは普通の効果しか与えられない。複数の操作コマンドを実行することで倍加していくようになっている。また「フィニッシュムーブ(必殺技)」のゲージも用意されており、ダメージを与えていくとカウントされ、ゲージがフルになった状態で発動できる。フィニッシュムーブ発動時には、映画のようなスローモーションで再現される。

画像画像画像 デモプレイを見せてくれたのは、Factor 5のデザインディレクターであるブレット・トスティ氏。「こうしたシューティングゲームにモーションコントロールは必要なのか? と言われたこともある。しかしプレーヤーにもっとリスクを負わせ、より大きなゲーム体験を感じさせたかったのだ」(トスティ氏)

 「SIXAXISでは、モーションコントロールと“伝統的なコントロール“方法を組み合わせることができる」とエッゲブレヒト氏。地上でドラゴンが動き回るときには、これまでにあったようなスティックでのコントロールで操作した方がやりやすい。セルフセンタリング機能があるので、手を放せば動作が止まるためだ。そして空中ではモーションコントロールで動かした方がプレイしやすい。不適切なところでモーションコントロールを使おうとしてるわけではなく、その場その場で適切な操作を選んで設定しているという。

 「『ライズフロムレア』の特徴は、地上戦と空中戦を組み合わせて戦うことができることだ。最初は空中を飛んで輪をくぐるといったようなチュートリアルから、2、3の目的に対してそれをクリアしていくことでステージは進行していくが、だんだんと地上と空中のステージが入り乱れて用意されるなど、自由度の高いゲームプレイを用意している。プレーヤー自身がいろいろな戦略を立案して、それを解決していく必要がある。“フライト アンド ファイト”という、新しい形のアクションゲームを作ることができたと思っている」(エッゲブレヒト氏)。

画像画像画像 ドラゴンたちが入り乱れて炎を撃ち合う空中戦

画像画像画像 そして地上戦へ。空中戦から地上戦への切替はシームレスに行われる。地上戦では2万人の兵士が参加する場面も用意されているとのこと。味方の兵士たちとともに戦うシーンでは、味方を援護していかないと士気が下がって負けてしまうことも

 なお、「ライズフロムレア」はもちろんオンライン対応。よい成績を残すと、オンラインで用意される「スコアランキング」に自分の名前を残すことができるそうだ。ここでは、ほかのプレーヤーの成績との比較も可能だ。そしてソニー・コンピュータエンタテインメントが提唱している「Home」への対応も検討中とのこと。

 では次回は、「ライズフロムレア」の世界について、当初考えられていたビジュアルスケッチなどを見ながら解説していくことにしよう。

「RISE FROM LAIR(ライズフロムレア)」
対応機種 プレイステーション 3
ジャンル フライング・ドラゴンアクション
価格(税込) 5980円
発売日 未定
CERO 審査予定
制作 Factor 5
Published by Sony Computer Entertainment Inc.
(C)Sony Computer Entertainment America. All Rights Reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響