刃には刃を、屁には屁を「桃太郎伝説」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

» 2007年06月19日 00時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

桃太郎クンが各地を巡ってギャグに接する旅

 しかし「桃太郎伝説」には、それ以上に個性的な点がある。ゲーム全体にちりばめられているギャグだ。ユニークなセリフがいくつか出てくるRPGはほかにもあったが、「桃太郎伝説」では、徹頭徹尾ギャグの要素が前面に出てきている。

画像 仙術は、仙人のもとで修行して会得する。ボタンを連打するとか、すごく長い話を聞いてあげるとか、ヘンな修行も多い

 例えば、桃太郎の使う「仙術」(ファンタジーRPGの魔法にあたる)だ。ヘンな名前の術ばかり。体力を回復する術が「きんたん」で、もっと回復する術が「まんきんたん」。最も攻撃力の高い攻撃仙術の名前が、「だだぢぢ」。

 あと、名前というより術そのものがおかしい「ほうひ」の術。何と、好きなときにオナラができる術なのだ! これがシナリオクリアに必須な術なのだから驚く。

 ストーリーもかなりヘンだ。主人公が桃太郎だから、基本的には鬼ヶ島へ鬼退治に行く話なのだが……。

 この桃太郎クンは旅の途中に、相撲を取ってみたり、枯れ木に花を咲かせてみたり、助けた亀に連れられて龍宮城へ来てみたりするのだ。

 村や街の人々がしゃべる話にも、かなりのギャグが盛り込まれている。しかし時にはギャグの中に、ゲームの重要なヒントが隠されていることもある。


画像 龍宮城では、タイやヒラメの舞い踊りを見た後、玉手箱を手渡される。開けるとやっぱり……
画像 延々続くしょーもないダジャレが、実は宝物のありかを示すヒントになっている

 輪をかけてヘンテコなのが敵キャラだ。例えば、ギターを持った蛇「若大将」は、「キミに倒されるなんて僕は幸せだなあ」と言い残して消えていく。

 桃太郎の攻撃をバットで打ち返すのが、かつて某セ・リーグ球団で人気のあった外国人選手にそっくりな「赤鬼ホーマー」。ゲームの作られた年代がうかがえる。

 顔が某女優にそっくりな「ユキだるま」は、「朝のシャンプーしてる?」と聞いてくる(後に出たPCエンジン版では「さがしものはなんですか」に変更)。

 戦闘中の行動がユニークだったのが「はらだし」。桃太郎を眠らせたまではよかったが、自分も一緒に眠ってしまい、しかも桃太郎が起きた後も眠ったまま。

 こうしたギャグが、「桃太郎伝説」の個性となっている。

画像 桃太郎に、というよりプレーヤーに「勉強しろ!」と説教する「勉強の鬼」。ほほえみの大地に出てくる敵は、こんなんばっか
画像 現在、元ネタの方でこのプレゼント企画が復活しているから、若い人にも分かるネタになったかも
画像 「桃鉄」でもおなじみ貧乏神の初登場シーン。ちょっとずつお金を盗んで、すぐ逃げちゃう

 特に“ほほえみの大地”と呼ばれる場所は、ギャグで固められたエリア。若大将やホーマー、ユキだるまなど、ギャグ敵ばかりが出現する上、この地にある“ほほえみの村”では村人みんなが、来たる「天下一ダジャレ大会」に向けて、寒いダジャレを連発する。

画像 ほほえみの村にある道具屋はこんなことに……。すぐ近くにある武器屋もギャグ満載
画像 ほほえみの大地では、フィールド自体がでっかいギャグを仕込んでいた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」