ニュース
» 2007年06月21日 13時47分 公開

マイクロソフト、神宮で「Xbox Night」開催――ダレン・ヒューストン氏始球式

マイクロソフトは6月20日、神宮球場のプロ野球交流戦で「Xbox Night」を開催し、代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏が始球式に登場。神宮球場に“Xbox 360”のロゴ入りビニール傘が乱舞した。

[加藤亘,ITmedia]

 マイクロソフトは6月20日、神宮球場のプロ野球交流戦 東京ヤクルトスワローズ対西武ライオンズの試合において、「Xbox Night」を開催した。

 試合前には執行役 ホーム&エンターテイメント担当 Xbox事業本部長の泉水敬氏とパーソナルシステム事業部長 兼 Xbox事業本部 リテール営業本部長 五十嵐章氏がプレゼンターとして各チームへXbox 360本体を贈呈。そして代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏が始球式を務め、見事キャッチャーミットへと球を放りこんだ。

 今回の「Xbox Night」では、青やピンクのXbox 360とMicrosoftのロゴの入り傘が4000個配布されている。スワローズの応援に由来した粋な計らいで、7回にはスワローズファンが一斉にロゴ入り傘を上下に振る姿を見ることができた。また、試合直前と3回の裏終了時には、バンダイナムコゲームスの「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」のCMが大画面で放映されるなどして、Xbox Nightを盛り上げていた。

カナダ出身のヒューストン氏は、アイスホッケーは経験あっても野球はそこそことか。それでもしっかり球は放物線を描いてラミレス選手のミットにおさまった。ちなみに背番号は「360」

 ヒューストン氏は、日本市場でのXbox 360の現状に触れ、毎週調子が上がっていると言及。日本向けのコンテンツが次々と市場に投入され、それらのタイトルが北米向けにローカライズされており、さらにXbox 360だけでなくXbox LIVEを通してPCとのクラスプラットフォームでのプレイも可能としたタイトル(「SHADOWRUN」など)が登場する新たな段階に入ったと説明する。日本の市場から我々は“ゲーム”を学習しているのだとか。

 「Xbox 360はグローバルスタンダードなハードです。日本のゲーム市場は特異な部分もありますが、コンテンツも増え、マーケットの引き合いも出てきています。マイクロソフトはがんばり屋な企業です。一生懸命努力しており、日本市場だけに限らずさまざまな施策を考えています。現状、Xbox事業本部長の泉水氏も素晴らしい仕事をしていますし、彼の長期的なビジョンに満足している」と、日本市場も重要という認識であるとコメントした。

始球式に登板したダレン・ヒューストン氏は見事な投球を披露する
マスコットのつば九郎ともがっちり握手
始球式前には、両チームにXbox 360が贈呈。後ろ姿だが、プレゼンターは泉水氏と五十嵐氏

神宮球場の正面入口には「Xbox Night」の横断幕が
これが4000人に配布された“Xbox 360”と“Microsoft”のロゴ入りビニール傘。傘とともにXbox 360のカタログも配布されていた
大画面には「Xbox Night」の文字とともに、「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」のCMが上映された

7回のスワローズの攻撃時には「東京音頭」とともにロゴ入り傘を振る姿が……壮観です
ちなみに試合結果だが、8回スワローズの同点3ランで延長戦に突入するも10回、カブレラの13号2ランと栗山の2号で3点をライオンズが勝ち越し。その裏もしのぎ逃げ切っている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する