ニュース
» 2007年07月09日 16時20分 公開

ネットワークトライアルで始動――「モンスターファームオンライン」

テクモが開発し、ゲームポットが運営する育成コミュニティゲーム「モンスターファームオンライン」がいよいよ始動する。体験できるチャンスを逃すことなかれ。

[ITmedia]
モンスター誕生の瞬間。さて、何が生まれるのか?

 ゲームポットは、7月13日(金)より2日間、午後7時から午後11時まで、テクモ開発のWindows用オンライン本格育成コミュニティゲーム「モンスターファームオンライン」の「ネットワークトライアル」を行うことを決定した。それに伴い、トライアル参加者を7月9日(月)から500人募集する。

 1997年、プレイステーションのゲームソフトとして誕生した「モンスターファーム」は、CDからモンスターを誕生させるシステムや、育成、バトルといったゲーム性が受け入れられ、シリーズ作品として定着。さまざまなコンテンツへと発展している。「モンスターファームオンライン」は、従来のシステムを踏襲し、プレーヤーがブリーダーとなり、CDやDVDなどからモンスターを誕生させる。そのモンスターとともに、トレーニングや、クエストをこなし成長していきつつ、オンラインゲームならではの他のブリーダーとのコミュニケーションや対戦などを盛り込んでいる作品となっている。


 本作を体験できる最初の機会となる「ネットワークトライアル」では、多数のプレーヤーが正しくサーバーと接続できるかを調べる「ネットワーク接続処理の確認」、さまざまな環境下でゲームが正常に動作するかを調べる「クライアント処理の確認」を主眼として行われる。

 ネットワークトライアルに参加したい方は、7月9日(月)午後3時より7月10日(火)午後12時までの期間、モンスターファームオンライン公式サイトから応募のこと。参加者は500名を予定している。募集人数を超えた場合は、抽選となる。なお、トライアル期間中、今回のテストに参加した方に「モンスターファーム オンライン」をより面白くするためのアンケートを取る予定とのこと。


(C)Published by Gamepot Inc. (C)TECMO,LTD.2006

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.