ニュース
» 2007年07月17日 06時20分 公開

紐育星組が再び舞台へ──「サクラ大戦・紐育レビュウショウ『歌う♪大紐育♪2』」(1/2 ページ)

「サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜」の紐育星組によるレビュウショウ「サクラ大戦 紐育レビュウショウ〜歌う♪大紐育♪2〜」が開催。大型キネマトロンを使った演出やコントなど、何倍もパワーアップしたショウの中身をお伝えする。

[ITmedia Games取材班,ITmedia]
photo

 7月15日、「サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜」に登場する紐育星組による舞台「サクラ大戦・紐育レビュウショウ『歌う♪大紐育♪2』」が初日を迎えた。紐育星組による舞台は、2006年3月に開催した「サクラ大戦・紐育レビュウショウ『〜歌う♪大紐育♪〜』」以来の2回目となっている。

 レビュウ形式の「歌う♪大紐育♪2」は、歌と踊りがテンポ良く繰り広げられるのが特徴。ただし、星組メンバーでショウの構成を考えるシーンやコントなどの芝居も用意されている。また、大型キネマトロンを使った演出では、帝都花組の真宮寺さくら、巴里花組のエリカ・フォンティーヌも特別出演しており、見どころは非常に多い。

 昨年と同様、前説は掃除人のオージー・シンプソン(広井王子氏)とジェミニ・サンライズが担当。いまだにキャラクターが立っていないというオージーと緊張の残るジェミニの掛け合いにハラハラさせられるが、帝都花組スーパー歌謡ショウでの広井氏と中嶋親方とはまた違った面白さがある。今後、名(迷?)コンビとなることを期待したい。


photophoto 適当に掃除をしようとするオージーをしかるジェミニ。スーパー歌謡ショウからのファンには、この前説を楽しみにしているという人も多いだろう。なお、ここではオージーから「ニンテンドーDSの『サクラ大戦』は、ぜひゲームショウでご覧ください」との告知も行われた

photophotophoto オープニングはマイケル・サニーサイド、プラム・スパニエル、吉野杏里による「Love is」。曲の途中でスター5の面々(ジェミニ、サジータ・ワインバーグ、ダイアナ・カプリス、リカリッタ・アリエス、九条昴)が紹介される

photophotophoto スター5に大河新次郎を加えた紐育星組メンバーによる「ここはパラダイス」。メンバーが観客席に降りてきて歌うというサプライズな演出もあった

photophotophoto 突如、紐育の地にやってきた新次郎の母・大河双葉。そのころ新次郎は、次の舞台でプチミント(女装)として出演することを求められていた。嫌がる新次郎をダイアナが「タブー」の曲に合わせて説得。押しに弱い新次郎はしぶしぶながら了承する

photophoto ジェミニとリカリッタによる「夜明け」(写真左)、九条昴の「舞台−−Playing」(写真右)と歌と踊りが続く

photophoto サジータは「ブラックペッパー」を力強く歌う(写真左)。この後、飲み過ぎたサジータの目の前に“ピンクの像”が出現。スーパー歌謡ショウの「カンナの妄想」をほうふつとさせた。ちなみにピンクの像に扮(ふん)したのはリカリッタ、曲は「ピンクエレファント」で、昨年に続き見事なタップダンスを披露した(写真右)

photophotophoto 新次郎と双葉が再会。そこにスター5の面々が現れ「あなたとならば」に続く

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声