ニュース
» 2007年07月18日 06時04分 公開

PLAYSTATION PREMIERE 2007(パート1):ソフト重視路線の原点回帰へ――「PLAYSTATION PREMIERE 2007」前編 (2/2)

[加藤亘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

SCE JAPANスタジオ――あなたの想像力が問われる?

与えられたものだけでなく、自分で作っていくクリエイティブゲームであると桐田氏

 ソニー・コンピュータエンタテインメント JAPAN スタジオ シニアバイスプレジデントの桐田富和氏による「Little Big Pranet」の紹介に移る。「Little Big Pranet」は今年の3月に北米で開催されたGame Developers Conference 2007において公開されたタイトルである。本作は、プレーヤーがデフォルトで与えられたキャラクターを自由にカスタマイズでき、キャンパスに自由に絵を描くように、用意されたアイテムやオブジェクトや空間に配置してステージを作ることができ、最大4人でオンラインででも遊ぶことができる。

 「キャラクターをつくる」、「ステージをつくる」、「友だちとあそぶ」、「世界中のLBPユーザー共有」というコンセプトを持っており、「PS3×User Generated Contents」を標榜している。

 イベントでは、実際に4人でプレイをして見せ、事前に作成されたステージを移動して見せてくれた。ステージにあるギミックは自らがクリエイトしたもので、想像力次第ではくだらないものから、思わず唸ってしまう仕掛けを施すことが可能。友人たちや世界中の人々に自分が作ったステージを遊ばせることができ、ランキングやコメントを楽しむこともできるようになるとのこと。

「これはまだ可能性の一端に過ぎません。東京ゲームショウ2007にはプレイアブルで出展を予定しています」(桐田氏)

バンダイナムコゲームス――「のびのびBOY」ってなんですか?

「タイムクライシス4」と同時発売される「GUNCON3」を手にする鵜之澤氏。本作のFPSモードで楽しむことができる

 バンダイナムコゲームスからは、代表取締役副社長 コンテンツ制作本部長の鵜之澤伸氏が登壇。すでに発表している「TEKKEN6」、「タイムクライシス4」、「ソウルキャリバーIV」を紹介した。

 すでに発表されている上記3タイトルのほかに、塊魂のクリエイターとして有名な高橋慶太氏が2年前からPS3向けに開発している「のびのびBOY」が発表されたが……。


「のびのびBOY」のイメージ……謎です

 イベントで公開されたのは、あくまでもコンセプトみたいなもの。鵜之澤氏が手にするじゃばら状の両頭の芋虫みたいな生き物が2匹、ウネウネとのた打ち回っている姿のみが公開された。これがどういうゲームになるのかは、まだ想像の域は出ない。塊の次は伸びるものになるとのこと。

「PS3じゃなきゃできないものをそろえております」(鵜之澤氏)


「鉄拳6」

「タイムクライシス4」

「ソウルキャリバーIV」

「のびのびBOY」

セガ――ヒントはこのコスプレ!

いきなりのコスプレで会場から笑いを得る名越氏。謎の新タイトルに関係するコスプレとのことだが……?

 セガのR&Dクリエイティブオフィサー CS開発統括部 副統括部長兼NEソフト研究開発部長 名越稔洋氏は、なぜか着流し姿で、花魁風の美女を両脇に従えて登場。これには会場から笑いが起きる。

 まず名越氏は「戦場のヴァルキュリア」を発表する。こちらの作品はサクラ大戦を手がけたスタッフの最新作で、戦火に巻き込まれた地を取り戻すべき、義勇軍が立ち上がり、敵と戦うというもの。時代背景的には第2次世界大戦前夜といったところ。水彩画のようなキャンバス風の優しいタッチで描かれているドラマコンテンツとなる。

 人と人との大切さをアクションやシミュレーションを取り入れたRPGだが、あくまでもドラマが中心になるとのこと。東京ゲームショウには用意できるようにしたいと名越氏。

 次にチュンソフト開発のサウンドノベル「忌火起草」が紹介される。元々丁寧なモノづくりに定評があり、PS3を得ることで、今までにない史上最凶の怖さを提供できるのではないかとのこと。今回、発売日が10月25日に決定したことも報告された。

 現在、セガではPS3タイトルがあと数本予定されており、そのうちの1タイトルが来年の春までには発売できると、本日のイベントで映像を上映する予定だったが、名越氏はクオリティ的に納得できず、公開を先送りにしたことを明かす。それだけだといかがなものかと思い、今回のコスプレになったと説明する。このコスプレから判断してほしいというわけだ。この謎のタイトルについては、9月14日に改めて発表会を開催する旨が報告された。

「そんなわけで時間とお金をかけたコスプレをお見せしました。コンシューマーゲームを作りはじめて、もっとも大作のゲームになっています。『龍が如く』を超える驚きを提供できることでしょう。新しい挑戦でもあります。このコスプレがなんだったのか想像してお待ちください」(名越氏)

「忌火起草」


 こうして丁寧に各社からの発表が終わると、その他のメーカーから発売される予定のPS3タイトルラインアップが映像で紹介される。ムービーで紹介されたタイトルは以下のとおり。

  • 「湾岸ミッドナイト」(元気)
  • 「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
  • 「トニー・ホーク プロジェクト 8」(スパイク)
  • 「山佐DigiワールドSP パチスロ戦国無双」(ヤマサエンタテインメント)
  • 「ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2」(ユービーアイソフト)
  • 「アガレスト戦記」(コンパイルハート/アイデアファクトリー)
  • 「メジャーリーグベースボール 2K7」(スパイク)
  • 「WARHAWK」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
  • 「メガゾーン23 青いガーランド」(コンパイルハート/アイデアファクトリー)
  • 「ARMY OF TWO(仮)」(エレクトロニック・アーツ)
  • 「The Elder Scrolls IV:オブリビオン」(スパイク)
  • 「RISE FROM LAIR」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「GRAN TURISMO 5 Prologue」
(C) Sony Computer Entertainment Inc. All manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials o ftheir respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.
Produced under license of Ferrari Spa. FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are trademarks of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari property under design, trademark and trade dress regulations.
「白騎士物語」
(C)Sony Computer Entertainment Inc.All Rights Reserved.
「リトルビッグプラネット」
(C)Sony Computer Entertainment Europe.Developd by Media Molecule.
LittleBigPlanet is a trademark of Sony Computer Entertainment Europe.
「鉄拳6(アーケード版)」
(C)1994-2006 NAMCO BANDAI Games Inc.
「タイムクライシス4」
(C)1995-2007 NBGI
「ソウルキャリバーIV」
(C)NBGI
「のびのびBOY」
(C)NBGI
「忌火起草」
(C)2007 CHUNSOFT
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.