ニュース
» 2007年07月18日 08時08分 公開

栄冠を“掴”んだのは果たしてどのタイトルか――「PLAYSTATION AWARDS 2007」

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは7月17日、六本木のグランドハイアット東京において2006年度のPS2およびPSPのヒットタイトルを表彰する「PLAYSTATION AWARDS 2007」を開催した。

[加藤亘,ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは7月17日、「PLAYSTATION AWARDS 2007」おいてゴールドプライズ5タイトル、プラチナプライズ1タイトル、スペシャルプライズ3タイトルを表彰した。

 東京・六本木のグランドハイアット東京で開催された「PLAYSTATION AWARDS 2007」は、2006年度のプレイステーション 2およびPSPのヒットタイトルを表彰するというもので、今年で13回目となる。先駆けて行われた「PLAYSTATION PREMIERE 2007」に参加していたメーカー関係者も多く出席しており、いわば「SCEからメーカーへの感謝」を表す場という意味合いが強い。事実、目的は「クリエイターに楽しんでもらいたい」、「我々と喜びを分かち合いたい」、「クリエイターの熱を感じたい」としている。

 今回、SCEの代表取締役社長兼グループCEOに平井一夫氏が就任してから、実質的初となる公式の場でのコメントということもあり、その発言に注目が集まっていた。平井氏はここで「原点回帰」を強調する。

 「コンピュータエンタテインメントと社名にも入っているとおり、プレイステーション 3やプレイステーション 2、およびPSPで様々なことができますが、まず最初に大事なのはユーザーの皆様にゲームのコンテンツを本当に楽しんでもらうことです。豊かなゲームのコンテンツのライブラリを提供させていただいて、その中で皆さんに合ったコンテンツをとことん楽しんでもらおうということが、プラットフォームフォルダとしての使命であると思っています。プレイステーションの歴史は、ここにいるソフトメーカーの皆さんや、コンテンツクリエイターの方々とともに歩んで来たビジネスでもありますし、プラットフォームでもあります。そういった意味では今後ますます『原点に戻る』という精神で、今まで以上にソフトクリエイターの皆様やメーカーの皆様と、いろんな形で対話を持たせてもらい、いま感じていることや問題点を率直にぶつけていただき、それを元に新たなプラットフォーム戦略を考えていきたい」(平井氏)

 その後、「PLAYSTATION AWARDS 2007」では、累計出荷本数100万本以上200万本未満のタイトルに対して贈られる「プラチナプライズ」に、PSP「モンスターハンターポータブル 2nd」が。累計出荷本数50万本以上100万本未満のタイトルに対して贈られる「ゴールドプライズ」には、PS2「龍が如く PlayStation 2 the Best」、PS2「龍が如く2」、PS2「みんなのテニス」、PS2「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs. Z.A.F.T. II PLUS」、そして「無双OROCHI」の5タイトルが受賞した。

プラチナプライズ(累計出荷本数100万本以上200万本未満のタイトル)

PSP「モンスターハンターポータブル 2nd」
2007年2月22日発売
カプコン

 プラチナプライズを受賞したカプコンの「MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd」には、盾や賞金のほかに、書道家の武田双雲氏から書のプレゼントが。「掴」という文字を贈った理由について武田氏は、「ゲームを漢字一文字で表わして欲しいと言われたときに、想いの詰まった作品というかアートを1文字でなんて難しい。悩んだ末、“掴む”にしました。手で国を掴んでいるという意味があるかどうかは分からないですが、自分から掴みに行く、人間より強そうなモンスターを掴みに行くというイメージ。この“掴む”というのは人間の本質なのではないか」とコメント。

 「掴」という1文字を贈られたプロデューサーの辻本良三氏は、「本作を1文字で表すなら『狩』だと思っていたが、我々の想像を超えた『掴』という文字でした。多くの人に支えられてミリオンを達成できうれしい」と語った。


ゴールドプライズ(累計出荷本数50万本以上100万本未満のタイトル)

PS2「龍が如く PlayStation 2 the Best」2006年10月26日発売
PS2「龍が如く2」2006年12月7日発売
セガ
PS2「みんなのテニス」2006年9月14日発売
SCE

PS2「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs. Z.A.F.T. II PLUS」2006年12月7日発売
バンダイナムコゲームス
PS2「無双OROCHI」2007年3月21日発売
コーエー

 プレイステーション 3に関しては、発売されてからまだ期間が短いということで、「スペシャルプライズ」を設置。販売本数30万本以上を記録した「ガンダム無双」と、PLAYSTATION Networkでもっともダウンロード販売数が多かった「鉄拳5 DARK RESURRECTION」、そしてもっともたくさんの販売アイテム数を記録した「まいにちいっしょ」が表彰された。

スペシャルプライズ

PS3「ガンダム無双」
2007年3月1日発売
バンダイナムコゲームス
PS3「鉄拳5 DARK RESURRECTION」
2006年12月27日発売
バンダイナムコゲームス
PS3「まいにちいっしょ」
2006年11月11日発売
SCE

クリエイターやメーカーの皆さんが楽しめるように、ということなのか、DJとしちりきのコラボレーションや、太鼓とバイオリンのライブなどが行われた
会場には書道家である武田双雲氏がゲームをイメージして書いた「龍」、「登」、「弾」、「戦」、「天」の文字が並ぶ

鏡割り
武田双雲氏がライブで「掴」と筆を走らせる
PS3のマーケットを拡大すべく会社あげて取り組んでいくと平井氏は、ビジネスパートナーへ協力を呼びかける。栄冠を“掴む”ことはできるのか? 今後の手腕が問われる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」