ニュース
» 2007年07月20日 21時22分 公開

マザーシップタイトル「テイルズ オブ イノセンス」はニンテンドーDSで――PS2、PSP、Wiiでも新作を発表「『テイルズ オブ』シリーズ2007年度ラインナップ発表会」(1/4 ページ)

7月20日、バンダイナムコゲームスから発売されている「テイルズ オブ」シリーズの新作発表会が開催された。ニンテンドーDS「テイルズ オブ イノセンス」を含む新作4タイトルが発表された。

[今藤弘一,ITmedia]

2007年度は“挑越”の年――主戦場はニンテンドーDS

画像 バンダイナムコゲームス 第2プロダクション ゼネラルマネージャー 吉積信氏

 発表会にまず登場したのは、シリーズを統括するゼネラルマネージャーの吉積信氏。シリーズ12年のあゆみを振り返りながら、「昨年度は“飛翔”をテーマとして『テイルズ オブ ザ テンペスト』を初めとして4本のタイトルを発表してきた。6月に発売したファンディスク『テイルズ オブ ファンダムVol.2』も好調で、いろいろな角度から『テイルズ オブ』シリーズを楽しんでいただけた1年だったと思う」と語りつつ、2007年度のテーマは“挑越”であると発表。「ただ越えるだけでない、挑み、そして越えるという、新しいことに挑戦して目標をクリアしていきたい」と吉積氏。

画像画像

 このテーマをふまえた上で吉積氏は、「これまで主戦場としてきたのは、スーパーファミコンから始まってプレイステーション、プレイステーション 2が主であった。ゲームボーイやゲームボーイアドバンス、ゲームキューブ、PSPやPCなどでも多面的には展開してきたが、これからの1年、そしてその次を考えたときに、主戦場としていくのはニンテンドーDSである」と発表。「ニンテンドーDSの中で『テイルズ オブ』シリーズがどのように進化していくのかを一番考えながらやっていこうかなと」(吉積氏)

 昨年発売された「テイルズ オブ ザ テンペスト」については、「手探りでやっていく中で、いろいろな発見があり、いろいろな失敗があり、その中で培ってきたものを次に生かしていこうという気持ち」と語る。「『テイルズ オブ』シリーズで重要なのはドラマ性。それに加えてアニメーションやテーマソング、キャラクターボイスといったサウンドビジュアル、ここをバランスよく押し出していくのが『テイルズ オブ』シリーズの描き方。そして独自の戦闘システムである『リニアモーションバトル』。これを崩さないことで、シリーズが成立している」(吉積氏)

 ニンテンドーDSは、これまでのプラットフォームに引けを取らない表現力を持つ、と吉積氏。「ニンテンドーDSなら、我々が表現したいものが実現できるということが昨年分かった。“テイルズらしさ”を十分に表現できるハードである」(吉積氏)。そして「テイルズ オブ ファンタジア」から始まり、最新作では「テイルズ オブ ジ アビス」までの主要タイトルを「マザーシップタイトル」と吉積氏は名付ける。これ以外は「エスコートタイトル」と呼ぶそうだが、ニンテンドーDSで今後はマザーシップタイトルを展開していくことになる。

画像画像

 吉積氏は最後に、「1995年に『テイルズ オブ ファンタジア』が発売されてから全体の統括をしてきたが、これまでシリーズにさまざまな面でかかわってきたが、ちょっと立ち止まって考えると、自分の思いこみは『テイルズ オブ』シリーズの足かせになってきたこともあるかもしれないと思っていた。時を同じくして、次の世代のプロデューサーやディレクターが育ってきたので、彼らにまかせることで新しい展開もあるかもしれないと思い、彼らにバトンを少しずつ渡しながら、新世代のシリーズを展開して行ければと思う」と語った。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」