ニュース
» 2007年07月20日 21時22分 公開

マザーシップタイトル「テイルズ オブ イノセンス」はニンテンドーDSで――PS2、PSP、Wiiでも新作を発表「『テイルズ オブ』シリーズ2007年度ラインナップ発表会」(2/4 ページ)

[今藤弘一,ITmedia]

そして発表されたマザーシップタイトル最新作――「テイルズ オブ イノセンス」

画像
画像 バンダイナムコゲームス クリエイティブ プロデューサー 大館隆司氏

 続いて登場したのは、大館隆司クリエイティブ プロデューサー。「テイルズ オブ イノセンス」(以下、イノセンス)のムービーからまずは紹介(来週から「テイルズ チャンネル」で公開されるそうだ)。発売は2007年冬を予定。

 「イノセンス」という言葉には「純真・無邪気・無垢」という意味があるそうで、このキーワードがゲームのテーマに織り込まれているとのこと。シナリオは、これまでシリーズにかかわってきたメンバーにより書き起こされているそうだ。なお「イノセンス」の開発はアルファ・システム。同社は「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー」を担当していたが、これとあわせて開発が進んでいたそうで「結構長い期間かけていたんじゃないかと思っている」(大館氏)。アルファ・システムといえばやり込み系が強い開発会社、と大館氏は前置きしながら、「2周目引き継ぎとか、やりこみ要素には期待してほしい。発売日は12月くらいになるんじゃないかと思っているが、そこから始めて春くらいまでは十分遊べるはず」(大館氏)。

 そしてキャラクターデザインはいのまたむつみ氏。ただしスケジュールの関係から担当が難しかった可能性もあったようだが、いのまたさんは本作の主役を務める声優の木村亜希子さんのファンで、木村さんの名前を聞いたとたんに二つ返事でOK、となったそうだ。なお今回は、これまでのシリーズと違う、身近に感じる世界観でのキャラクターをイメージしてほしいと依頼したとのこと。「イメージとしては19世紀後半くらい」(大館氏)。そのため、これまでのシリーズとはちょっと違った色使い、雰囲気になっている。

画像画像 「今回の主人公・ルカは正統派RPGとしては条件を満たしていないのだが、そのためよりプレーヤーに近い存在になった」と大館氏。「欠落している部分は、冒険する仲間たちに補ってもらうことで進んでいく。これにより、成長していることを実感できるはず」(大館氏)。ヒロインのイリアは仲間を振り回しつつどんどんと進んでいくタイプ、だそうだ

 フィールドは3Dフルポリゴンで表現されるそうだが、「社内でもニンテンドーDSでそこまでできるの? 言われたりするのだが、吉積ゼネラルマネージャーからもあったように“挑越”をテーマとして取り組んでいる」(大館氏)。

画像画像

 バトルシステムだが、「ディメンション ストライド リニアモーションバトルシステム(LMBS)」とのこと。これは「テイルズ オブ ジ アビス」の「フレックスレンジ-LMBS」と「テイルズ オブ デスティニー」の「エアーリアル-LMBS」を融合したものだそうだ。テーマソングを担当するのは、シンガーソングライターであるKOKIAさん。

画像画像 「『ストライド』とは時限をまたぐ、という意味。空中コンボが楽しいゲームになっているので期待してください」(大館氏)

 「今回はボイスに力を入れた」と大館氏。1GビットのROMを利用するそうだが、容量ぎりぎりまで使って作っている最中だとか。「フルボイスではないが、序盤を聞くとフルボイスかと錯覚するくらい」(大館氏)。

画像画像画像 ゲストとして、プロダクションI.Gのアニメーションプロデューサーである寺川英和氏(写真中)、アルファ・システムの佐々木哲也代表取締役社長(写真右)も登場。左から2人目は、昨年も司会を務めた声優の緑川光さん。寺川氏は「丸10年シリーズを担当してきたが、今回も期待してほしい。東京ゲームショウ2007では何らかのシーンを公開できると思う」と語り、佐々木氏は「『テイルズ オブ ザ ワールド なりきりダンジョン2』から担当しているので、スタッフもストーリーは熟知している。楽しくバトルができるのでいい感じになると思う」と語った

画像画像 主人公・ルカ役の木村亜希子さん、イリア役の笹本優子さんもゲストとして登場。収録はすべて終わったそうだ。いのまたさんも先ほど書いた理由で、収録現場をたずねたそうだ。木村さんは「ルカは主人公っぽくなくてどうなるんだろうかと思ったが、仲間と知り合って成長していく過程がよく分かって、共感できる部分もありました」とか。笹本さんは「最初はあまり女の子っぽくないなと思いましたが、やりやすかったですね。『そんなにるかをいじめなくていいよ』といわれたりして(笑)」と語る。実は「テイルズ オブ」シリーズで主人公を女性の声優が担当するのは初めて
画像 KOKIAさんはビデオレターで出演。テーマ曲のタイトルは「Follow The Nightingale」。「ストーリーのスケール感に負けないような壮大な曲になったと思います。
(C)いのまたむつみ (C)2007 NBGI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」